2008年12月 6日 (土)

残念なニュース

ホンダが2008年いっぱいでF1から撤退!

最近、テレビのF1レース中継はほとんど見ない僕ですが

小さい頃からホンダファンで、ホンダの車に乗っている僕は

昨日の夕方、帰宅途中の愛車・ホンダストリームのステアリングを握りつつ

カーラジオから流れるこのニュースを耳にして、ショックでした。

巨額の経費を支出してもF1等レース活動にこだわり続けるホンダ。

世界市場に挑戦するなら、ただ「うちの車はいい」と言ってもだめで、レースに出て勝つことなんだ

レースは技術改善と宣伝の一番手っ取り早い方法なんだ

創業者の本田宗一郎さんが何かの本に書かれていました。

そういえばかつて

「テクノロジーは頂点でみがく」というキャッチコピーで

当時発売していた、僕の憧れの車プレリュードとF1が写真で並べられていた新聞広告がありました。

確かにホンダの場合

単なる企業イメージ目的で中途半端なレース活動をするのではなく

レースで培った技術を市販車にも注ぎ込むところがあります。

市販車に注ぎ込む、といっても

「TYPE R」のような

レースに特化したモデル(グレード)だけでなく

普通の車種(グレード)にもフィードバックするのがホンダらしいところ。

他メーカーより1クラス小さい排気量でも同ランク並みまたは以上のパワーを出すエンジンとか

車のデザインを重視するためにエンジンの配置や専用のサスを取り入れるとか

良くも悪くもレース技術を、低グレードな市販車にまで投入します。

そこがオーナーに伝わるのもホンダならでは。

だから、僕のように

「ホンダ大好き!」な人は

たとえファミリーカーに乗っていても

目に見えないものも含めた満足感で「ホンダ」に乗り続けていますし

逆に

「ホンダはくせがあるんだよな~」「なんとなくあたりはずれがあるような気がするんだよな~」

と離れていく人がいるのも確か。

とにかく

そんな「ホンダ」のF1撤退は

ファンの僕にとってさびしい限りなのです。

まあ、レースが大好きでレースに関わる仕事がしたい社員度の割合が高い(?)ホンダのこと

またいつかF1再復帰(再々々復帰くらいかな?)してくれるでしょう。

その日を待つとしますか…。

Dsc03863 ←画像左のキーは僕の愛車・ストリーム、右のキーは嫁さんの愛車・フィット。で、真ん中のキーホルダーは、今年の春、東京に行った時青山にあるホンダ本社(ウェルカムプラザ)で買いました。もちろん、お気に入りhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 2日 (日)

ホンダ車つぶやきあれこれ

今回のつぶやきは超ロングバージョンですので、ご容赦くださいね。

N360とかホンダZ(初代)ハードトップで普通車をぶっちぎっていた父親の影響で「大人になったらホンダの2ドア(クーペ)の車に乗るんだ!」と心に決めていた小学校3~4年の頃。

当時世はスーパーカーブームで僕もその流れにもれず「スーパーカー展示会」なんてのに行ったりして、ランボルギーニだのフェラーリだのを見ては「スーパーカーはすごいな~。こんな形(=デザイン)の車、日本車にないよな~」とため息をついていたものです。

ところが、そんな頃「トヨタ2000GT以来のリトラクタブルライト」を引っさげて(?)マツダから初代RX-7(SA)が登場。一瞬「マツダはかっこいい車を出したな~!」と子ども心に街中で走っていたRX-7を見るにつけ思ったこともありました。

が、そんな僕の心を引き止めてくれたホンダ車が同じ頃にあらわれました。

それが、初代プレリュード。

プレリュードといえば、それこそリトラクタブルライトでワイド&ロースタイルがバカ売れしたモデルを思い浮かべる人が多いのですが、それは2代目&3代目のプレリュード。

初代プレリュードは固定角目2灯式ライトの2ドアクーペでした。

Pld_img1

←これが1978年デビューの初代プレリュード。国産車初のサンルーフ標準装備とか、後期モデルには当時珍しかったエレクトリックナビを設定したグレードなどありました。あこがれのホンダ車でした。

RX-7のようなスーパーカーチックな(?)形ではないけれど、当時のホンダ車で数少ない2ドア車だった初代シビックや初代アコード等のハッチバック(正確には3ドアでしたが)以上に、少なくとも僕の心に「かっこいいホンダ車だ!」と思わせた車が、この初代プレリュ^ドだったのでした。

「よし!大人になって車の免許を取ったら、その頃にはプレリュードの中古車もあるだろうから、中古のプレリュードに乗るぞ!」

と極めて現実的な夢(?)を抱きつつ、いつしか街行くRX-7に目を向けることもなくなり、プレリュードに熱い視線を送っていました(でも残念ながら初代セブンほど初代プレリュードは見かけなかったなあ…)。

次に気になったホンダ車は中3の頃に出た「バラードスポーツCR-X」。レッドとシルバーの2トーン(だったっけ?)のCR-Xが登場するCMを見て

「ホンダがスポーツカーを出したぞ!プレリュードもいいけど、あれもいいなあ…」

と思ったものです。

大学1年の夏休み、免許を取得。しかし、自分で車を買うお金などあるはずもなく、既に「ホンダ党」ではなくなっていた父親のスズキ初代セルボ(軽自動車にしてはローフォルムのクーペスタイルで結構かっこよかったですが…)を借りて乗っていました。

その後、セルボを買い替えることに。さすがにプレリュードやインテグラやCR-Xじゃダメ出しされそうだったので

「お父さん、今度の車はワンダーシビックのハッチバックにしたら?中古でタマ多いじゃん」とすすめた僕でしたが

「ホンダの車は中古でも高いけえ、買えんわいや~。」と父親は初代FFファミリア3ドアを購入。

結局、憧れのホンダ車のステアリングを握ることができたのが、社会人1年生の時。

就職が決まっていたので、大学4年の3月あたりから物色開始。とはいえ、新車は買えないため中古のホンダ車をさがすことに。

となると、当時ほぼ現行車種だった、3代目&4代目プレリュードやサイバーCR-X、二代目インテグラクーペは中古でもまだ高額だったのであきらめ

2代目プレリュード、バラードCR-X、初代インテグラ(リトラクタブルライトの「クイント・インテグラ」と呼ばれたモデル)3ドアクーペ…とあくまでもスポーツ系ホンダ車の中古に絞って中古車屋まわりをしました。

2代目プレリュードやバラードCR-Xもいくつかあったのですが、どれもこれも程度がひどくて購入を決めるまでにはいかず

結局3ヶ月近く探して購入に踏み切ったのがホワイトの初代インテグラクーペの中古車でした。

かっこよさはプレリュードやCR-Xには少し劣るけど、そこそこスポーティーで荷物もたっぷり積めて、しかもリアシートはクーペの割には結構広く…と結果的にいろんな意味で買って正解、の車でした。この車で当時の彼女(=現・嫁さん)とドライブしまくったものです。

この初代インテグラクーペに4年乗り、次の買い替えは迷うことなくワインレッドの二代目インテグラ(もちろん中古)クーペをチョイス

VTEC搭載グレードではありませんでしたが、ノーマルでもよく回るホンダのエンジンに不満はありませんでした。

この2代目インテグラは独身~結婚~第一子(長男)誕生という、人生の大きな流れをともに経験した車でもありましたが、高額になるかるかも知れないという要修理箇所が見つかり、3年で買い替えることに。

で、次にチョイスしたのが、つい2ヶ月前まで乗っていた三代目インテグラクーペだったのです。

これを買う時、長男は生まれて2ヶ月でした。

ここで普通なら「もう子どももいるんだし…」とファミリーカーを買うのでしょうが、嫁さんも「どうせ、2ドアにするんでしょ。いいよ。」と反対することもなく、もちろん僕もファミリーカーをチョイスする気も全くなく、迷うことなくクーペモデルを購入。

しかも嫁さんは「長く乗ってもらわんと困るから、もう中古車はやめてね。」と新車購入をすすめてくれました。僕は中古をさがすつもりだったので、この嫁さんの提案に拍子抜けするやら、うれしいやら。かくして、さすがに「タイプR」とはいきませんでしたが、同じエアロを装着したノーマルエンジンモデル「スタイルS」を新車で購入。これが、人生初の新車購入、となりました。

以後、この3代目インテグラとともに8年。この間我が家は娘、次男と生まれて5人家族になり、通勤に、家族での外出に…と13万キロ走りました。

保育園の朝の送りでは、圧倒的多数を占めるセダンやミニバンの中、「あのおとうさんの車、スポーツカーでかっこいいな~」と子どもたちのおともだちに時たま言われてちょこっとうれしかったものです。

そして、2ヶ月前に人生初のファミリーカーとなる「ストリーム」を購入…今に至る、というわけです(本当はホンダで5人乗りの2ドアクーペが現行車であれば、本気で買うつもりだったのですが…)。

しばらくは、この車とつきあうことになるでしょう。これから、子どもたちもますます大きくなることでしょうし、いろんなところにも連れて行きたいです。いわゆる「箱タイプ」のミニバンほど広いわけではないけれど、少なくとも今まで乗ってきたインテグラとは比べるべくもないほどの広さと積載量。走りを楽しむ車ではないけれど、僕にとっては今までにない快適さがストリ-ムにはあることも事実。この車ともいっぱい思い出ができればいいなあ…、等と思いつつステアリングを握っています。

しかし一方で、ストリームを買った時、僕は嫁さんや子どもたちにこう言いました。

「いいか、お父さんはお前ら(=子どもたち)が大きくなったら、またホンダのスポーツカーに乗るつもりじゃけえの。」

そういえば、今年の東京モーターショーでホンダがCR-X(もしくはハイブリッドスポーツのインサイト)の後継モデルとなるハイブリッド・ライトスポーツ「CR-Z」を展示したそうです。Tms07003031

←これがCR-Z。

しかも、数年後、市販化される可能性があるとか。

さすがに今出たところで、僕は金銭的にも状況的にもきっと買えないでしょう。が、

「よし!子どもたちが大きくなって子育ての手を離れたら、その頃にはCR-Zの中古車もあるだろうから、中古のCR-Zに乗るぞ!」

と密かに思ったりしている、今日この頃なのです。

僕のホンダ(しかも2ドア)好きは、しばし内に秘めつつも、まだまだ続きそうです…。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年10月20日 (土)

さよなら&よろしくっ!

ついに、この日がきました。

8年半、13万キロ走った愛車・インテグラと、とうとうお別れです。

朝から「おつかれさま、ときれいにしてあげよう」と子どもたちと近所のコイン洗車場に行きました。

Dsc09886 ←一生懸命「仕上げ拭き」をする3兄弟。

昼過ぎ、ディーラーまで「ラスト・ドライブ」。40分くらいのドライブでしたが、さすがにこみあげてくるものが、ありました。

Dsc09922 ←138405キロで、僕の「走り」は終了。よく走ってくれたね…。

新しく「愛車」となるホンダ・ストリームの納車の最終手続きや、操作説明等を受けて、いよいよインテグラとお別れの時が…。

最後にインテグラを斜め前から、斜めうしろから、それに、家族と並んで…沢山、写真を撮りまくりました。

思えば、このインテグラの納車となった8年半前も、同じように家族で写真を撮りましたが、我が家は長男が生まれて直後で、赤ちゃんだった長男を抱っこして撮ったことなど、思い出しました。

そこで、今回撮った数枚の中1枚は小3になった長男を抱っこして撮りました。

こうして、インテグラとの思い出は幕をおろしました。本当に、お疲れ様!

さて、ストリームを納車し、自宅に向かっていると「お父さん、途中で公園に寄ってキャッチボールしようよ!」と長男。

そこで、帰る道中にある大きな河川敷公園に寄り、子どもたちとしばし遊びました。これが、ストリーム納車後初の外出(?)となりました。

長男や娘とキャッチボールしながら、また、芝生で嫁さんと次男が追いかけっこしながらその彼方にたたずんでいるストリームのバックビューをながめていると

ついに、脱・スポーツカー。そして、ファミリーカーライフが始まるんだな~。

そんなことをふと思いました。

Dsc09931 ←ストリームRSZ。パドルシフト+専用サス、エアロ、アルミ装着の一応、走りのモデルです(でももうインテグラほどいわゆる「その気」にならないだろうなぁ)。ともあれ、これからこの車とともに家族の思い出をいっぱいつくっていきたいものです。ストリーム、よろしくね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月22日 (土)

狭いシートで兄弟げんかも…

Dsc09469_2 ←3連休初日の今日は、家族で呉市にある「グリーンヒル郷原」なる公園に、遊びに行きました。

ここには初めて行ったのですが、研修室や宿泊施設(料金が格安!)があったり、また、バーベキューが楽しめたり子ども用の遊具や池などもあり…と、日帰りかつ子どもを連れてのレジャースポットでもそこそこに楽しめる公園でした(広島市内からのアクセスもまずまず、でした)。

道中、インテグラの後部座席では長男と次男が小競り合い。

「おと~さん、おにいちゃんがひっついてくる!」と次男が言うと

「なおくんだって、頭を(長男の方に)わざと僕の足にのせてくるんよ!」と長男が反論。

狭い後部座席、手があたっただの、眠たいのにじゃまをするだの、道中の3兄弟のもめごとはよくあります。

しかし、考えてみれば、こんな小競り合いも、車の買い替えにより少なくなるのかも知れません。

次の車は7人乗りなので、もめたら3列目に「避難」というワザ(?)が使えるでしょうから。

帰りの道中でも、眠くなった長男が体をやや斜めにして寝ようとすると、次男の体にかかり、次男が

「もう!おにいちゃん、こっちにこんでや!(=こないでよ)」と猛抗議。

「だって、まっすぐだと寝れんのんじゃけぇ、しょうがないじゃんかあっ!」と長男も反撃。

こういうもめごとも、少なくなるんでしょうね~。今度の車は、少なくともインテグラよりはゆったりしているのでしょうから…。

ところで、帰路の途中に通る町で「熊野町」という町があります。ここは筆の生産量で国内ダントツの、いわゆる筆の名産地なのです。

「せっかく通るんだから、化粧用の筆、買って帰ってもいい?」と嫁さん。

「いいよ。」と僕は、とある筆屋さんの駐車場に車を停めました。

嫁さんと娘は店の中に入り、僕は車でお留守番。

というのも、さっきまであれほどもめていた長男も次男も、すっかり眠っていたからです。

二人とも、狭い後部座席で寄り添って眠っていました。

今日の広島はなかなかの暑さで、車のエンジンを切り窓を全開にしてもたちまち熱い空気が入り込んできました。

そこで、リアハッチをオープン。クーペのテールゲートは開口面積がかなり広いので、開けると涼しい風が一気に入り込んできました。

こういう光景も、あと少しか…。

狭々とした空間で肩を寄せてすやすや眠っている長男と次男を見て、ちょこっと寂しさを感じちゃいました。

明日もインテグラで、家族みんなで外出の予定です。

子どもたちよ、もう少し狭いシートにつきあってね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月19日 (水)

3週間ぶりのクーペ

Dscf0456 8月末、嫁さんの実家である熊本に帰省中、止まってしまった我が愛車(ホンダインテグラクーペTiスタイルS)。

その後、いわゆる陸送で広島に帰ってきました。

(そのてんまつは8月29日のつぶやき「先週末のできごとあれこれ<その1><その2>」を参照されたし)

僕はこの間、東京出張があったり、広島に帰ってからも電車でないと移動できない会場での、広島市内研修など続きました。

一方、愛車はというと、この間ディーラーで原因究明のためドック入り&テスト走行の繰り返し。

ですが、なかなか症状が出ないばかりか

「ぜっこ~ちょ~なんですよ!」と担当サービスマン。

それからさらに、いわゆる「経過観察」状態となり、とりあえず代車(ホンダのロゴというコンパクトカー)を借りること一週間。

で、昨日、代車を返却して、愛車が我が家に帰ってきました。

ステアリングを握り、エンジンに火を入れる瞬間

ヒュ~ン、とふけのよいなじみのサウンドが…。

「おお、これじゃ~!!」

仕事帰りのつかの間、インテグラのステアリングを握りながら、自宅まで、感無量で気持ちよく走りました。

思えば、熊本で別れて3週間(←まるで恋人みたいな表現ですな)。

昨日も特に問題なく、無事、帰宅。

しかし、原因は結局わからぬまま。

僕自身、熊本でのてんまつで疑心暗鬼になっている部分もあります。

昨日、今日と通勤で使ったのですが、例えば信号待ちなんかでふいに

(今ここで車が止まったらどうしよう…)

とか考えてしまうのです。

当然、青信号に変わってからは、そんな思いを振り切るかのごとく、アクセルに力が入っています。

しかし、こんな思いで愛車に乗るのも、もうわずか。

と、いうのも、今回の一件が僕にとってある決意をさせるきっかけとなりました。

ついに、長年乗り続けてきたこの愛車を手放すことに決めたのです。

この車を買ったのが今から8年前。長男が生まれて直後でした。

子供ができると、普通はその時点でファミリーカーに買い替える人が多いのでしょうが、

僕が選んだのは2ドアクーペ。

というか、社会人になってず~っとクーペに乗り続けてきました。

本当は、今でも買い替えたいという気持ちは少なく、できればインテグラを乗り続けたい、という気持ちはあります。

けれども、走行距離は13万キロを越え、今まで大きなトラブルがなかった愛車が、今年に入り各部で悲鳴を上げ始めたのです。

2ヶ月前にはマフラーが折れて真っ二つになりました。

年明けあたりから、電動格納ドアミラーの不調…などなどいろいろと「症状」がでてきました。

で、今回の原因不明の電気系統のトラブル。この出来事が

「もう、年貢の納め時なのかも…」

と僕に考えさせる、きっかけとなったのでした。

いつの間にか家族も増えたし、そろそろクーペは一時やめるかな…。

そこで、買い替えを決意したわけです。

ディーラーの話だと、納車まで1ヶ月だとか。

と、いうことは、インテグラのステアリングを握るのも、残り1ヶ月、ということ。

8年間の思い出をかみしめつつ、最後の1ヶ月を楽しもうと思います。

インテグラよ、あと1ヶ月、ともに突っ走ろうぜ!

でも止まらないでくれよなっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月11日 (土)

セルボ復活!で思い出あれこれ…

珍しく、車についてのつぶやきです(とはいえ、車は小さい頃から興味があって大好きでした。このことはまたいずれつぶやくとします)。

数日前スズキのディーラーに「新型セルボ…」の看板発見!えっ「セルボ」って…なつかしい車名を久々に目にしました。

その後車の雑誌に「5代目セルボ」「8年ぶりに伝統の車名復活」などの見出しが。どうやら、セルボは本当に復活したんですね~。

小さい頃からホンダの車が好きで「大人になったらホンダの2ドア(クーペ)に乗るんだ!」と心に決めていました。が、免許を取ったのはまだ大学生で、車など自力で買うほどの財力は持ち合わせていませんでしたので(?)、もっぱら、日中我が家の駐車場に停めっぱなしだった父の車を借りていました。

その車が型式SS20こと、初代スズキセルボCX-Gだったのです。1981年式で、初代の末期モデルでした。色はシルバー。僕がこの車に乗り始めた当時(1988年)、軽自動車はそのほとんどが全高が高い2ボックスタイプのスタイルが全盛な時代。そんな中初代セルボは全高がいわゆるスポーツカー並に低い2ドアクーペスタイルで、異彩を放っていてかっこいい!と自己満足しながら乗っていました。また、外観だけじゃなく6連メーターのインパネなど、内装も軽とは思えないほどの本気度(?)で、まさにその気にさせてくれるスポーティなものでした。エンジンも当時のスズキお得意の2ストロークエンジンをリアにマウント。したがって、駆動方式はRR。たまに大学の駐車場でオイル補給(2ストだからねぇ、オイル交換じゃないのさ…)のためエンジンルームを開けようものなら「あの車、エンジンが後ろにある!」と注目の的(←当然、ものめずらしさから)だったものです。初代セルボは僕にドライブすることの楽しさを初めて教えてくれた思い出深い車なのです。

1977年にデビューした初代からセルボは普通の軽より「ちょっとスポーティでちょっと上質」が売りだった気がします。しっかりした実用車であるアルトとは一線を画すというのがコンセプトだったんですかね~。

1982年デビューの二代目セルボは背の高い軽が増えつつある中、初代同様背の低いクーペボディで、ターボ付きモデルなんてのもありました。高校の担任の先生がブラックのセルボターボに乗っていて、小さいけどなかなかかっこいいじゃん、と思いつつながめていたものです。

1988年にデビューした三代目セルボは2ボックススタイルになったものの、思い切って小さくしたリアクオーターウインドなど、スタイル重視の独得な外装は(かっこよかったかどうかは別として)実用車・アルトやとんがったアルトワークスとはちがう路線でした。世界初だったか、電動パワステを装備したのは、確かこのモデルだったと思います。

1990年にデビューした四代目はセルボモードと呼ばれ、デビュー当初はターボ付きなど走りのモデルのみ。それでもワークスのようなとんがった性格ではなく、マイルドな走り。内装も当時の軽の中では上質かつスポーティで初代からのコンセプトは貫かれていました。その後このセルボモードはノーマルエンジンや5ドアなど少し「アルト寄り」のタイプも追加されましたが、内装の上質さや装備の良さは変わらずでした。この四代目はちょこっと思い出があって、スズキがデビュー記念で出した「La MODE」というタイトルのスペシャルCD(心地よい洋楽数曲が入っていました)のプレゼントに応募、当選したのでした。

その後、後継車が登場。本来はこれが5代目セルボになるはずが、「Kei」という車名としてデビュー。これは軽いショックでした。しかし、KeiはSUVスタイルなど、アルトとは明らかに違う方向性であるという意味ではやはり初代からの血を引いていたわけで「今どきのセルボの在り方はこうなんだろうな~」と妙な感心をしたものです。

そして、今年。本当に「5代目セルボ」が復活(ちなみにKeiはしばらく継続販売とのこと)。今回は5ドアのみのようですが「ちょっと上質」という初代からのコンセプトは引き継いでいる様子。

思い出のある車名復活でとりとめなくつぶやいちゃいましたが、何はともあれ早く実車が街中を走る姿を見たいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)