自転車

2014年8月10日 (日)

新しいメッセンジャーバック

10年近く愛用してきたメッセンジャーバック「ティンバック2 クラッシックメッセンジャー」。

サイクリングのおともとしてはもちろんのこと、普段使いのバックとしても重宝していました。

ところが半年前にベルトのバックルが破損。

バックルだけ交換、というわけにもいかず、買い替えを考えることに。

同じシリーズの今のモデルを…と思っていましたが、半年前に出ていたモデルは気に入ったデザインがなく「様子見状態」でした。

今回、新モデルとなってようやく気に入ったデザインのバックを発見!

早速注文して入手したのが3日前。

この週末から使い初めといきたかったのですが、台風接近(通過)で見送っていました。

文字通り晴れた今日の午後の外出でようやく使い初めとなりました。

これまで使っていたバックと同じXSサイズですが、やや大きい感じがします。

ですが実際に肩からさげても全く気にならず、また、仕切りやポケット等使いやすさは良い意味で変わらずで、すっかり「お気に入りに」

このメッセンジャーバックとも長いおつきあいになりそうです…。

Cimg3629 ←「ティンバック2クラッシックメッセンジャー」左が今回買った新しいバックで右が今まで10年近く使ってきたバックです(画像がやや暗くてすみません…)。サイズはいずれもXS。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月31日 (金)

快走!グランツールせとうち

久しぶりにしまなみ海道を走りました。

「グランツールせとうち」というサイクリング大会が25日に行われ、60キロ走ってきました。

当日は良い天気でしたが、潮風に吹かれながらそこまで暑さを感じることもなく気持ちよく走ることができました。

詳しくは次回(かな?)で…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月31日 (金)

夏休みギリギリ納車

長男が長年(?)愛用してきた黄色いジャイアントのMTBがさすがに小さくなり、新しい自転車を買うことになりました。

長男のリクエストは

1.かごつき泥除けつきライトつき

2.色はシルバーか黒

3.ママチャリっぽいけどおばさんが乗ってるようなママチャリじゃない(フレームの)自転車

いわゆるMTBやロードバイクのようなスポーツバイクは卒業し、実用機能に重きを置いた自転車をリクエストしたのは、自転車好きオヤジの僕としては少し複雑な心境でしたが、

救いだったのは(?)3.の条件。

そこで、あれこれとカタログをあさり(?)チョイスしたのがこれ。

Cimg1086

ブリヂストンのマークローザという7段変速付きアルムフレームのクロスバイクのスタッガードタイプ。

これにカゴをつけてもらいました。

夏休みの間の納車を希望していた長男。

自転車は1週間前にはお店に届いていましたが、なかなかお店に寄れず

それでも夏休みが終わるギリギリとなったおととい、ついに納車。

早速、長男はその足で友達の家に乗って行きました。

マークローザ・スタッガードについては、またあらためてつぶやいてみたいと思いますが

長男の「新車購入」により、黄色いジャイアントのMTBは次男に「おさがり」。

秋のサイクリングシーズンに向けて、ジャイアントの「リフォーム」をすることになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月29日 (木)

プジョーのビフォーアフター

数か月前、嫁さんの自転車(プジョーCOM-STEP IN)のリアの泥除けに亀裂が入り使用不可となっていました。

加えて、いつぞや嫁さんがどこかにぶつけてへこんでしまっていたスチール製のチェーンカバーに錆が発生。

購入後、年数が経過していることもあり、純正の同じパーツを入手するのは困難であったため、なじみのショップの店長さんと相談して、この自転車に合いそうな泥除けとチェーンカバーの取り寄せを発注していました。

このたびそのパーツが届き、店長さんに取り付けてもらったところ、別の自転車に見えるほど…と言えば大げさですが、なかなか良い感じのリニューアルとなりました。

以下「ビフォーアフター」をご覧ください!!

Dsc05916←「ビフォー」のプジョー。リアの泥除けは健在(?)だった頃ですがチェーンカバーはへこみ&錆が…わかりますか?

そして…。

Dsc02310←「アフター」のプジョー。「ビフォー」とずいぶん印象が違うでしょう。

Dsc02311_2←これが社外品のチェーンカバー。ちょっと大き目ですが今度のは樹脂製なので、錆の心配はないでしょう…。

ちなみに、数か月前にヘタっていたサドルとハンドルグリップを交換。

これでまた当分の間、嫁さんの近所のおでかけの足として、活躍してくれることでしょう…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 3日 (土)

今年は「北九州」と「とびしま」ライド

1年に1回はサイクルイベントに参加する、が僕の目標。

ここ数年は、一人で単独参加することが少なくなり、家族(特に子どもたち)と参加することが多くなりました。

去年は長男、娘と3人で参加した「しまなみアイランドライド」と家族5人で参加した「似島ファミリーサイクリング大会」、おと年は長男、娘と3人で参加した「ツール・ドしものせき」、その前の年は長男と参加した「サイクルトレイン岡山」…と、内容も場所も様々。

今年は、今のところ2つのイベントにエントリーしています。

一つは10月の「サイクルツアー北九州」。いろんなコースがありますが、今回は長距離コースをどこまで走れるかが未知数な次男も参加したい、と言ったこともありひたすら走るコースではなく、「じてんしゃさんぽ」という、楽しく参加できるオリエンテーリングのようなコースに長男、娘と4人で参加予定。

そしてもう一つは「とびしま海道オレンジライド」。こちらも長男、娘、次男と4人で参加予定ですが、すでに去年の「しまなみ」で80キロを楽々と走った長男は90キロコースにエントリー。僕は娘と次男の伴走役も兼ねて、40キロコースにエントリー。次男にとっては長距離コースは初めて走ることになります。

去年の「似島サイクリング」がとても楽しかったという次男。最近「お父さん、自転車に乗ろう!」とよく言っています。

4歳から補助輪なしにのれるようになり、小学校1~2年頃には40~50キロを走るようになった長男。長男ほどではないのですが、持ち前のコツコツさ(?)でいつのまにか長距離を走る楽しさを知った娘。

2人と比べて、補助輪が取れたのも、取れてからスムーズに自転車に乗れるようになったのも遅かった次男は、なかなかうまく乗れない時に「どうせ乗れんもん…」と自転車に乗るのが嫌になっていた時期もありました。

それでも、おにいちゃんやおねえちゃんが楽しそうに乗っているのをみながら、自分もあんな風に乗れるようになりたい…と思ったのでしょう。「お父さん、自転車に乗りに行こう!」と言うようになり、練習だけでなく、近所への買物等も一緒に自転車に行くようになりました。

そして去年の「似島」での完走が大きな自信になったようです(完走しただけでなく、イベントでいろんなおみやげをもらったり抽選会に参加したり…と楽しいことがいっぱいあったことも良かったのかも)。

「北九州」で通常のコースではなく、楽しみながら参加できる「じてんしゃさんぽ」にエントリーしたのも、そういった理由からなのです。

娘は現在楽しさ絶好調!実は今年の「しまなみアイランドライド」にも参加したかったらしく、今年は参加しないことを娘に話した時、なぜ参加しないのか、今年も走りたかったのに…と言われてしまったほど。

北九州やとびしま海道は、初めて走るコース。新たな楽しさを実感してくれればなあ…と思っています。

一方、長男はもう「お楽しみ」というよりは「走りに徹する」の方向へ。「北九州」でじてんしゃさんぽにつきあわせるようになるのですが、その分「とびしま」では単独エントリーでパワーを発散(?)できれば…と思います。

とはいえ、次男は部活が忙しくなりつつあることや、自転車にさほど興味をもたなくなりつつあるので、いつまで一緒にイベント参加してくれるかな…と思ったりもしています(これも一つの「親離れ」でしょうか?)

いずれにせよ、楽しいイベント参加になればなあ…と今から楽しみなオヤジなのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月18日 (月)

梅雨明け週末自転車三昧

今年は全国的に梅雨明けが早かったですね。

中国地方(広島)も7月初旬に明けました。

以後、週末ともなると、娘と次男と3人で早朝や夕方、時には夜なども自転車で走っています。

子どもたちと走る時は、例えば「○○公園に寄って遊ぶ」とか「○○パン屋さんで朝ごはんを食べる」…等いわゆる「道中のお楽しみ」が大切なポイント。

さらに、小4の娘はともかく、小2の次男はそんなにスピードを上げて走る方ではないため、必然的にのんびりペースとなるわけです。

走る時間は1~2時間程度で、距離は10キロ~20キロ、といったところです。

Dsc01918_2 ←早朝、川土手をひた走る次男。

Dsc01924 ←この日のお楽しみはパン屋さんでの朝ごはん。真剣に品定めをしている次男。

Dsc01910 ←これは、とある夕方。日が沈むまで公園で遊んだ子どもたち。

Dsc01930 ←道中にサプライズで「ちょっとおもちゃ屋で涼んで行こうか?」と言うと、子どもたちは喜んで「当面の目的地」であるおもちゃ屋までがんばって走りました(もちろん、おもちゃを買い与えたりはしませんが…)。

こういうサプライズ的な「お楽しみ」も大切なんですよね~。

ペースを上げられない分は、とりあえず少しでも運動になれば…と軽いギアにして走っています。

子どもたちと走るのは、一人で走るのとは少々勝手は違いますが、これはこれで日々のストレス解消と心身のリフレッシュになっていて、結構楽しいものです。

何より、最近は「お父さん、自転車乗りに行こう!」と、小さい頃は自転車に乗るのに消極的だった次男が僕を誘うようになったことが、とてもうれしかったりするのです。

中学に入り、部活に友達とのつきあいにと多忙になった長男とあまり走れなくなったことは少々寂しかったりするのですが

「今年もしまなみに行きたい!」という娘も含めて、我が子どもたちの「自転車熱」はまだまだ続きそうで、

オヤジとしては、うれしいかぎりなのです…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月25日 (月)

お花見サイクリング

娘のルイガノが納車となった先々週末、広島市内の桜が見ごろだったので、おさがりのルイガノを譲り受けた(?)次男と3人で、平和公園まで走りに行きました。

我が家から平和公園まで片道10キロぐらい。

昨秋「しまなみアイランドライド」で60キロ走破した娘にとっては楽勝な距離でしたが、自転車は一回り大きくなりライディングポジションも前のルイガノとはハンドル形状は異なるため、より前傾姿勢となる様子。

一方、次男も去年参加した「似島ファミリーサイクリング大会」で20キロ走破してはいましたが、今まで乗っていた(これまた長男からのおさがりだった)BSクロスファイアーキッズよりも一回り大きい自転車となりました。

いわば、慣らしをかねてのサイクリング。

朝早く自宅を出発、一路、平和公園へ。以下サイクリングの様子を画像でどうぞ。

Dsc01410

Dsc01413_2

Dsc01422

Dsc01427

Dsc01429

このあと、コンビニに寄って朝ごはんを買い、平和公園で朝食。

Dsc01441 ←娘のルイガノ(オレンジ)と次男のルイガノ(赤)。ここには写っていませんが、子どもたちは画像右端のベンチに座っておむすびを食べております(しかもお花見ということでみたらしだんごも食べました)。

帰りはまた別のルートを走りました。

Dsc01451

Dsc01452 さすがに疲れた子どもたち。帰りは休憩を沢山取りました。画像は休憩中に撮ったもの。

こうして、休憩込みで往復2時間のサイクリングを楽しみました。

さてさて、2人の走りは…!?

Dsc01412 ←娘は初めての変速付き。走りながらシフトアップ、ダウンを教えましたが、だんだん慣れてきて使いこなすように。

Dsc01414 ←次男は「軽くて走りやす~い!!」と言いながらサイクルコンピューターにも大喜び。

実は、先週末も娘と次男と走りに行きました。今や休みの日は「お父さん、自転車乗りに行こう!!」と誘ってくる二人。

今から春本番。嫁さんや長男も合わせて5人で走りに行きたいものです…。

<おまけ>

Dsc01447_2

↑道中に撮ったお気に入りの1枚です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月24日 (日)

チャリネタ4つ(「納車」「ビフォーアフター」そして…「さようなら」)

<その1・娘のルイガノ(オレンジ)納車>

娘の誕生日プレゼントの前倒し(?)でショップに注文していたルイガノLGS-J22が2週間前に納車となりました。

Dsc01459 ←ルイガノLGS-J22。フレームのボトル&ボトルケージは標準装備で、カラー(オレンジ)とともに、早くも娘のお気に入り。

Dsc01444 ←フロントまわり。ベルは標準でついていた「コンパスベル」ではなく、前の自転車にもつけていた、コンパクト風ミラーつきベルに交換(女の子だなあ…)。ただしカラーはフレームに合わせてオレンジのものに。サイクルコンピューターは、前の自転車からの移植ですが、ハンドルではなく、フレームへ位置変更。

娘にとっては初めての変速付き(F3段、R6段)。最初は操作に戸惑いがあったようですがいじっているうちにだんだん使い慣れてきています。

<その2・赤いルイガノ 次男へ>

娘が新しい自転車となったため、それまで乗っていた赤いルイガノ(LGS-J20)は次男へ「おさがり」。

とはいえ、フロントまわりは、いわゆる「女の子仕様」なので、さすがにカスタマイズがいるかな~と思い、若干のパーツ交換を施しました。

~BEFORE~

Dsc08257 ←これが…

~AFTER~

Dsc01439 ←こうなりました。どこが変わったかわかりますか?

Dsc01454 ←ベルとボトルケージを次男の好みの色(ブルー)のものに交換。グリップを白に花柄だったものからブラック&レッドのものに交換。サイクルコンピューターを新しく取り付けました。

一新した自転車で、先日、娘と次男と3人で平和公園までサイクリングしました。

<その3・ニシキのクロス パパチャリを卒業>

次男がおさがりの自転車を乗りこなすようになったため、いままで子どもたちをのせるために後ろカゴをつける等「パパチャリ化」をしていたニシキのクロスバイクを約6年ぶりにもとの姿(?)に戻しました。

~BEFORE~

Dsc02316 ←これが…

~AFTER~

Dsc01468 ←そうそう、元々はこんな自転車だったな~…と記憶がよみがえり(?)ました。

後ろカゴをはずしたついでに古くなったパーツを交換。

Dsc01469

Dsc01470

↑ぼろぼろになっていたハンドルグリップを新品に、センタースタンドも子どもをのせる時の安定感確保から2本直立 タイプにしていたものを1本直立にそれぞれ交換。

これからの季節にワクワクするような自転車たちですが、一方でお別れをすることになった自転車も…。

<その4・さようなら ライトウイング>

さて、ここで問題です。この画像↓に何台の自転車があるでしょうか?

Dsc01457

正解は…何と10台。一体何人家族でしょう、といったありさま。

次男が(前述の)赤いルイガノに乗るようになったため、画像手前の赤いスペシャライズドのキッズバイクとその横のBSクロスファイアーキッズのドライバー(自転車だから「ライダー」かな)がいなくなってしまいました。

この2台はだれかいる方にゆずるか、もしくは処分か(もったいない…)ということになりそうですが、それでも8台。趣味とはいえ、多いなあ…。

…ところがつい最近、職場の同僚に1台ゆずることになりましたそれがこれ↓

Dsc03914 ←パナソニックライトウイング。

この自転車はいつも車に載せていて、車ででかけた時、そこからの移動用に、或いは出張で県外に行った時は輪行袋に入れて、現地での移動&サイクリングにと(1番東京の道路を走ったのはこの自転車ですね~)、大活躍でした。

が、去年、BSトランジットコンパクト(以下「トラコン」)を改造して以降はその役割がトラコンに移り…

ライトウイングは一時職場用にと自転車置き場に置いていて、休憩時間などの近所への買物用として使っていたのですが、仕事が忙しくなるにしたがい乗る機会も減り、ここ数か月は我が家の自転車置き場にて半ば放置状態になっていました。

そんな中、自転車好きだけど今は自転車を持っていないという職場の同僚との話で、この自転車をゆずることになりました。

先週末、その同僚がライトウイングを見に来て試乗し一発で気に入ったらしく、ゆずることになりました。

僕としては思い出の沢山つまった自転車で少しさびしかったのですが、このままあまり乗られることもなく放置状態でいるよりは、自転車好きなこの同僚に乗ってもらう方が(しかも大事にしながら乗りこなしてくれそうなので)幸せなのかも、とも思いました。

いっぱい楽しい思い出をつくってくれてありがとう。そしてさようなら、ライトウイング…なのです。

以上、最近のチャリネタ4つでした…。

長くなったので、平和公園サイクリングのことはまたあらためて…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月20日 (土)

トラコンで東京出張

11月4日~7日、出張で東京に行きました。

東京は7月下旬に家族でディズニーランドで行って以来、3ヶ月ぶり。出張としては3月以来8ヶ月ぶりです。

今回はBSトランジットコンパクト(トラコン)を持ち込んでの輪行。3月の出張時にもトラコンを持って行ったものの、この時は東京のとあるショップにこのトラコンの改造の依頼が目的だったため、あまり走ることができませんでした。

その分、今回は出張時のホテル~駅間の移動手段だけでなく、ホテル近隣のちょっとした買物や、もちろんオフ時のポタリングと、大活躍でした。

トラコンの特徴を知っている方はご存知かと思いますが、この自転車は折りたたんだ際に縦に自立するため、置くスペースを選ばないというメリットがあります。

例えば新幹線に持ち込み、車両うしろのちょっとした荷物置き場に置く時も

Dsc01212

Dsc01213

↑このように、立てても横にしても置けます。

あと、画像にはありませんが、この専用輪行袋に入れて自立させた際、袋の下と、丁度ハンドルが来る部分(袋の上部の左右)にファスナーがあり開閉できるようになっています。

これらの部分のファスナーを開けると、まるでカートを転がすように、自転車を袋から出さずに転がして移動させることができるのです。

これが、例えば駅構内や、改札口の移動、或いはホーム~電車内の移動といった場面でいちいち抱えずにすむというメリットがあります。

折りたたみ自転車は、普通の自転車と比べてコンパクトだとはいっても、輪行袋に入れると、それなりにかさばります。大きなカバンを肩から提げての移動となるため、人ごみの中ではかなり迷惑なこともあったりします。

実際、今までの東京での輪行の時におともにしていた、パナソニック・ライトウイングは、普通の折りたたみ方であるため、輪行袋に入れても肩から下げるため、例えば東京駅構内のものすごい人の往来を移動する時は、人の流れが退いてから移動する、等、ちょっとした工夫が必要でした。もちろん、慣れれば何ということはないのですが、例えば急いで移動せざるを得ない時などは少し困ったものです。

ところが、トラコンは、もともとサイズが小さく、しかも縦に折りたためて自立しその状態で転がすことができるため、今回の輪行ではとても助かる場面が多かったです。

Dsc01224 ←これは、今回泊まったホテルの客室。ホテルの方に「もし差し障りがないようでしたら、なるべく部屋の邪魔にならない場所に置きますので、持ち込んでも良いでしょうか?」と伝えたところ快くOKして下さいました(ちなみに、ホテルの方からは「もし良かったら、フロントでお預かりして、自転車を使う時におっしゃっていただければすぐお出しすることもできますし、どちらでもお客様の使い易い方で良いですよ。」ともおっしゃって下さいました)。

Dsc01223 ←ホテルの廊下。ビジネスホテルの廊下やエレベーターはあまり広くない所も多いため、ここでも折りたたんだままの移動の方が、他のお客さんに気を使うことなくできます。

そんな東京での滞在中、オフの時間にに走った際に撮った風景の中から気に入った画像を少しアップします。

Dsc01237 ←ホテル近くにある東京ドームをバックに。

Dsc01241 ←東京駅・丸の内口。社会の教科書でおなじみの(?)赤レンガの駅舎は、画像のとおり工事中でした。

Dsc01245 ←さっきの撮影ポイントを180度振り返ると…こんな風景。これは公園ではなく、両側には車道がある幅広い道路です。東京駅前というイメージがわきにくい画像ですが、この両側後方は超高層ビル街だったりします。人通りは閑散としていましたが、ラッシュから外れた時間帯で、なおかつこのあたりは東京駅と主なビルが地下通路で結ばれていることもあって、意外なほどに静かでした。

この公園のような巨大な歩道を置くの木々が生い茂るほうに走ると…。

Dsc01249 ←皇居(江戸城)。この画像ではわかりませんが、さすがに皇居だけあって、お堀周辺は至るところに警察官やパトカーが常駐。日常的に、こういった光景はあまり見慣れていないだけに、いつもここを走るたびにちょこっと緊迫感を感じたりするのですが、地元の人は、堀端で絵を描いてたり、ベンチでたたずんでいたり、ジョギングしたりと、それぞれのスタイルで親しむ場(?)となっているようです。

東京滞在中は、連日快晴で過ごし易く、走りやすかったです。

さて、最後にもう1枚。

Dsc01252 ←僕が東京に行った際にいつも泊まるホテルの近くにはこのような駐輪場があります。また、ここではありませんが、やはり近くの別の場所にも駐輪場があり、そこではレンタサイクルも完備。しかもママチャリだけでなく、ロード、クロスバイク、MTB、ミニベロ…と車種(?)も豊富。1日500円位(だったと思います)で利用できます。

だったら、わざわざ自転車を広島から持っていかなくても…と思われるかも知れませんが、やはり自分の自転車で走りたいんですね~、僕は。

さて、今回の東京滞在中に、展示型自転車イベントとしては国内最大規模といわれる「サイクルモード2010」が幕張メッセで行われていました。オフの時間で何とか行けそうだっので、見に行ってきました。

もちろん、東京~幕張間は輪行。

次回のつぶやきは、そんなサイクルモードの模様をアップしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月12日 (火)

絹代さん&スタッフの方に感謝…娘60キロ完走!(後編)

絹代さんは、同じグループ(Eグループ)だったのでした。

僕と、がんばってきつい坂を上る娘は、だんだんとグループのうしろになってきていましたが、絹代さんはそのうしろで、今回のイベントで様々なサポートしてくださる山鳥レーシングのスタッフの方と走られていました。

少しきつそうな表情の娘。

「行けるところまででいいぞ。無理はするな。」と僕。

結局、娘は上り坂途中で「もうだめ。」と言い、自転車から降りて押して行くことに…。

そんな娘にスタッフの方と絹代さんは

「よくここまでがんばって上ったね。すごいじゃん。」

と娘に声をかけて下さりました。

確かに、娘が自転車から降りたあたり前後は、ぱらぱらではありましたが、上りきれずに押して行く参加者の方もいらっしゃいました。

親バカを差し引いても、よくここまでがんばったな~、と僕も思ったほどでしたが

親以外の人からほめてもらったことが、娘にとってはかなり大きかったようで

上り坂が終るところからサドルに再びまたがり、元気いっぱいに走りはじめました。

このポイントから途中、1ヶ所休憩ポイントをはさんで最初のASである多々羅しまなみ公園までの区間、スタッフの方と絹代さんと一緒に走りました。

スタッフの方も絹代さんも、とても気さくに娘や僕に話しかけて下さりました。

加えて、130キロコースや90キロコースの方々も対向車線から、あるいは追い越しながら「おお~、がんばれよ~!!」と娘に声をかけて下さりました。

こういったこともあり、僕はもちろんのこと、娘も楽しみながら休憩ポイント以外で一度も途中で止まることはなく、快調に走ることができました。

AM11:00頃、多々羅しまなみ公園ASに到着。

Dsc00630 ←多々羅ASの様子。ASでは冷凍みかんやペットの天然水、キャンデーなどがふるまわれていました。バックの橋は、このあとアタックすることになる、多々羅大橋。

Dsc00633 ←僕らよりひと足早くASに着き、今後のルートをチェックしていた長男。グループの中位あたりを走っていたとか(本人・談)。

Dsc00626 ←キャンディー&冷凍みかんをほおばる子どもたち

しばらくして…。

「Eグループ、出発しま~す。」

張り切って集合ポイントに集まる長男と娘。僕は娘に

「もう出発できるか?走れるか?ここは橋のたもとじぇけえ、すぐに上り坂だよ。」

と言い、前グループが橋の上部に向かって走る姿を指差しながら尋ねると

「さっきの坂(大三島)よりきついかな~。」と娘。

「いや、さっきの坂よりはきつくないけど、あの橋の高さまで行くよ。」と僕が言うと

「行ける気がする。」と涼しい顔でニッコリの娘。

ほどなくして、Eグループ出発。すぐに上り坂に突入。

長男はあっという間にはるかかなたへ。

娘は…さっきの長い坂とは走りが一変、橋に向かってばりばりと上っていくではありませんか。

オヤジの心配はどこへやら、娘はあっという間に橋まで上りきりました。

多々羅大橋を渡ったあとは下り坂でしたが、娘はここでも軽快に走りました。

「普段も子どもさんたちと走りに行ったりするんですか?」

後方で走りながら声をかけて下さる絹代さん。

「そうですね。でも普段は近所をちょこちょこ走るぐらいで、せいぜい20キロぐらいですよ。」と僕。

山鳥レーシングの方は道中の見どころやエピソードを話して下さりました。

多々羅ASから次の万田発酵ASまでの23.1キロは「グルメライド」とでもいうべきコースでした。

ここでは、道中みんなで立ち寄ったお店や風景の画像で振り返ります。

Dsc00635 ←瀬戸田のいい感じの商店街。時間は12時半頃。スタッフの方がおいしい揚げたてのコロッケ店を紹介され、参加者の大半が並んで1個80円のコロッケを買いました。

Dsc00636 ←コロッケ店の前で。「おいしいね。」と長男と娘。

僕らももちろんコロッケを買い、近くの空き地で食べていると、ここでも絹代さんやスタッフの方が僕らに声をかけて下さりました。

Dsc00642 ←同じくスタッフの方おすすめの、瀬戸田のドルチェというジェラートで有名な店。ここも参加者こぞってアイスを買い、みんなで食べました。

Dsc00639 ←長男は瀬戸田の夏ミカン、娘はチョコチップ、僕は伯方の塩アイスを食べました。

広い駐車場は車ではなく自転車が占拠。アイス片手にみなさん談笑で盛り上がっていました。ちなみに、この道路の反対側は海。

このあと、生口島橋へ。上り坂にアタックする子どもたち。相変わらずロケットスタートで一気に駆け上がる長男。またもや、あっという間にはるかかなたへ。一方娘は、スピードはそこそこながら、必要に応じてハンドルのブレが少ないダンシングとシッティングを効率よく繰り返し、軽々と上っていきました。へばることもなく安定した走りで何かコツをつかんだ様子。大人たちと混じっての堂々とした走りに伴走のオヤジは感動(←親バカ)。

そして、PM2:00、昼食ポイントでもある万田発酵ASに到着。ようやく昼食。

Dsc00644 ←万田発酵AS。昼食(メニューは次の画像)、万田酵素入りキャンディー、ペット天然水がふるまわれました。

Dsc00645 ←お昼を食べながら休憩する子どもたち。

Dsc00646 ←これが昼食。瀬戸田名物のしょうゆめし(貝柱、お肉、しいたけなどが入った炊き込みご飯で、しいたけが苦手な長男も、にんじんなど野菜が苦手な娘も「おいしい!」と食べまくり)と万田酵素入りにゅうめん。すっかり満腹になりました。

2:30、AS出発。ここからゴールまでは約15キロ。この区間からゴール地点までの大半も、また、絹代さんやスタッフの方と話しながら走ることに。

途中、またもやスタッフの方おすすめのお店で「はっさく大福」を休憩がてらいただき(何とタダでふるまわれていました!)。お餅の甘さと中のはっさくのすっぱさ&冷たさが最高でした。「これ(=はっさく大福)を楽しみにしていたんですよ。」と絹代さん。

Dsc00648 ←はっさく大福を食べる娘。最初は「おいし~♪」と言ってましたが、はっさくのすっぱさに半分残して「あとはお父さん食べて。」娘には少し大人の味(?)だったかも!?

Dsc00649 ←はっさく大福の店の前で。画像右側の白いロードが絹代さんが乗られていたトレック。いかにも軽そう(&高価そう)な自転車でした。すぐ近くに停めようとした娘に「当たって倒したら大ごとじゃ。」と言い、少し離して停めました(画像左端の赤いルイガノが娘、その隣のブルーのスペシャが僕の自転車です)。

はっさく大福を食べて、いよいよ最終区間の残り8キロ弱。因島大橋へ。

橋に続く

Dsc00652 ←因島大橋へ続く上り坂にアタックする娘。

「この子の体力はすごいですね~。こんなに走ってるのに、まだスタートしたばかりみたい。一体あの細い足のどこからパワーがでるんだろう。シングルギアのキッズバイクですよ。」と絹代さん。

「自然につま先でペダリングしてますね~。教えないと普通はかかとでこぐのに…すごいな~。」と山鳥レーシングのスタッフの方。

お世辞だったとしても、自分のことのようにうれしかったです。

因島大橋もクリア。よし、この勢いで一気に残り数キロを走り抜けよう…と意気揚々の娘でしたが、ゴール地点直前に、大人でもへばる方がいらっしゃったほどの長い長い坂が…さすがに途中から自転車を降りて押して行った娘。ここで長く一緒に走ってくださった絹代さんは「先に行きますね。」と、あっという間にはるか彼方へ。

上り坂を抜けると、最後の下りを走り、PM4:00、ついにゴール地点の向島運動公園に到着!!

Dsc00660 ←一足早くゴールインしていた長男。

Dsc00655 ←娘も60キロ無事完走。

Dsc00659_2 ←ついでにオヤジも…。

ゴールした直後「やったね~!!がんばったね~!!」と絹代さんが娘に声をかけてくださりました。

「ありがとうございます!!絹代さんやスタッフのみなさんがすごく声かけてくださったので、娘もがんばれたと思います。」と僕。

絹代さんは、このあと、ルイガノの販売ブースの人やあの今中大介さんにも娘のことを紹介してくださりました。

「この子なんですよ~。60キロ走ったんですよ、シングルスピードで…。」と今中大介さんに娘を紹介して下さりました。「へえ~すごいな~。」と今中さん。恐れ多いお二方を前に内心緊張しながら、写真を撮らせていただきました。

Dsc00667 ←絹代さん、娘、今中大介さんの3ショット。

キャットアイの販売ブースでは、同じEグループで走った方がブースのスタッフとしていらっしゃり、長男と娘に「二人ともよくがんばられたから…」と、リフレクター付きキーホルダーを下さりました。

こうして、しまなみでの楽しい1日が無事終りました…。

と、しめくくりたいところですが、実はおまけの話が一つ。

前述のルイガノのブースで、ルイガノのキッズバイクでカタログを見た娘がいきなり

「お父さん、今度はこの自転車がいい!」

彼女が指差した先には、ルイガノのキッズMTB・LGS-J24(カラー:オレンジ)の写真が…。どうやら、今回のイベント参加で、娘の自転車熱がまた上がったようです。

購入資金をどうする?いつ買えるのか?…etc.買うとなると、課題は山積み(?)ですが、今回のイベント参加で、娘の自転車熱がまた上がったことは確かなようです。

天気にも恵まれ、娘や長男と楽しく(おいしく?)走れた今回のしまなみ。

山鳥レーシングのスタッフのみなさん、絹代さん、イベント関係者の方々、娘や長男に声をかけてくださった多くの方々に感謝…なのです。

]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧