住まい・インテリア

2011年1月31日 (月)

土壇場で急展開(うまくいきました!編)

我が家に太陽光発電が取り付けられて、今日で3日経ちました。

思えば、太陽光発電のモニターとなりそうな家を探していたとある業者さん(仮に「A社」としましょう)が我が家の日当たりにほれ込んで(?)

「この家でモニターをさせてください!!その分割引しますから」

と飛び込みでやって来たのが去年の秋。

割り引くとはいっても、もともとが高額な「買物」。僕も嫁さんも話のタネにと遊び半分で、一体いくらかかるのか、見積もってもらいました。あまりの高額に

「いくらエコでもこんなにお金がかかるんじゃあ、借金を背負うだけだねえ。それでなくても住宅ローンでも大変なのに。」

その後、嫁さんが、これまた話のタネに…と、6年前に我が家を建てた時の施工業者にA社の見積書を見せて、これが本当に安いのか、と話したところ

「いやあ、これならモニター料分くらいは通常の割引でできるはずですし、もっと安くなるはずですよ。」とのこと。

さらに、屋根にのせるソーラーパネルも少々の曇りでも発電するタイプやら、いろいろとあることや我が家の日当たり具合と今の年間の電気の使用状況だと、今より電気代が安くなったりすることも判明。

そうは言っても、やはり購入、取り付け…となると、10年リフォームローンでも組まないとどうにもならないほど高額な買物。

単純に考えて、今組んでいる住宅ローンに10年間は毎月プラスの支払いとなるわけで、これから子どもたちもますます大きくなり物入りとなるであろう我が家の経済状態を鑑みれば、これ以上の毎月の出費(リフォームローンの支払い)は無謀だよね…と笑い話で終るはずでした。

ところが、これまた話のたねにと銀行にリフォームローンの相談に行ったところから、事態は急旋回。

その銀行曰く

「リフォームだけでローンを組むより、いっそ、今お支払いの住宅ローンの借り換えとぶっ込みにしてみたらどうでしょう。」

え、住宅ローンの借り換え?家を建ててまだ6年。今まで支払った額などびびたるもの。借り換えだけでもメリットはなさそうだし、それに加えてリフォームローンなんて…と思いつつも返済シュミレーションで毎月の支払いやボーナス払いをはじき出してもらったところ

「ええ!今払っている住宅ローンの支払い金額とほぼ同じ支払い額で借り換えもリフォーム(太陽光発電)もいけるんですか!!」

しかも、今組んでいる住宅ローンが半年ほど繰上げ返済となることも判明。

「そうか、じゃあ本気で検討するか。」

ということになり、その後、11月~12月にかけて、各メーカーが発売している太陽光発電のスペックや、我が家の電気代の現状で太陽光発電を導入して本当にメリットがあるのかを調査したり、ローンの借り換えに必要な書類集めや手続き方法などを経て、年末に発注。

工期は数日がかりなんだろうなと思いきや、天候が良ければ2日位あればできる、とのこと。

室内工事(簡単にいうとソーラーパネルで蓄えた電気を室内に引き込むためのユニット取り付け)で1日、屋根にソーラーパネルを取り付けたあと、室内ユニットとの接続および施工依頼主の立ち合いによる発電確認で1日…だそうでした。

が、室内工事は無事1日で終ったものの、翌日は雪が降り屋根に上ることができないため工事は中止。さらにその次の日は工事担当者の内1人が体調不良となりまた工事ができず。

さらにその翌日は、工事担当者の体調は回復し、なおかつ雪は降らなかったものの、天気・小雨・曇り…と天候が安定しないため、またまた工事ができず。

業者さんの話では、ある程度安定した天候でないと、取り付けた発電機が適性に機能して稼動しているかがわからないことがあるため、とのこと。

結局、すべての工事が完了したのは着工から5日目となりました。

茶色の我が家の屋根にびっしりと張り付いたソーラーパネルを見て嫁さんが

「わあ~、屋根が黒々としてるね~。」

でも、驚いたのはこれだけではありませんでした。

発電量、電気の使用量、この差し引きによって発生する買電量(発電量でまかなえない分の電気を電力会社から購入する量)や売電量(逆に発電量から我が家で使った電気をさし引いて余った場合、その分を電力会社に売る電気の量)がタイムリーに変わる状況を、専用のメーターで随時チェックできたり、それをテレビモニターでみることができるのです。

「あ、今電気が売れてる!」

「あ、今電気を買ってる!」

さらに、例えばコンセント(プラグ)を1個抜いただけでも…

「あ、今電気の使用量が少し減ったよ!!…よし、今度はあのコンセントも抜いてみよう…」

大喜びの子どもたち。確かにこれだと、電気の使用量がリアルタイムでわかるので、抵抗なく(遊び感覚で)エコを意識した生活ができるかも。

子どもたちが結構関心を持ってくれたという、思わぬ「副産物」もあり、ひとまず今回の太陽光発電生活(?)は無事スタートしたのでした…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月15日 (月)

買物半日、作業半日

昨日は我が家の障子を張替えました。

午前中、新しい障子紙と糊などを買いにホームセンターへ。

昼からは張替え作業に取り掛かりました。

まずは、小さい窓に取り付けてある障子(2枚)をはずし

庭先(ウッドデッキ)に置いて古い障子紙をビリビリ。

古い、とはいえ、この家を建てた4年前のもので、大半はそんなに傷んでいないので、今回はそのまま。

で、問題は下側の数枚。

この4年の間でそれぞれ大きくなった子供たちが部屋で走り回ったり、はしゃぎまわったり、と大遊び=大暴れするので

下側の障子は、破れては障子紙風のシールで補修するなど「応急処置」の繰り返しでした。

全面張替えは、もう少し子どもたちが大きくなり落ち着いてからにするとして

つぎはぎだらけでさすがに見栄えが悪くなった下半分のみ張り替えることとしたのです。

Dsc03911 ←これが、張替え後の障子。白い部分が今回張り替えたところ。

さて、さらに大変だったのが大窓に取り付けてある障子。

全部で4枚あります。

しかも、こちらは「応急処置状態」の数もハンパじゃありません。

1枚づつ作業をしていきました。

Dsc03910 ←これが張替え中の様子。作業は結構大変でしたが、ラジオを聴いたり時おりコーヒーを飲みながらのんびりすすめました。

Dsc03913 ←4枚の内、2枚張替え終えて(画像には張替え終えた障子は1枚し写っていませんが…)、残り2枚のスタンバイ(?)風景。2枚とも、下3段がくっきりぶち抜かれているでしょう。

夕方4時半頃、作業終了happy01

Dsc03921 ←こんな感じです。

もちろん、余った障子紙は

近々どこかの「応急処置」用に保存です。

どうせまた、ほどなくして「応急処置のオンパレード状態(?)」となるでしょうから…sad

まあ、それだけ子どもたちが元気いっぱい遊んでくれてる、ということで

納得しますか、親としては…coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 8日 (日)

植樹

昨夏、排水対策にあわせてあこがれのウッドデッキや一部コンクリート化した我が家の庭。砂地100%の殺風景な雰囲気からは脱出したものの、まだ庭らしい感じがイマイチ。

そこで、かねてから嫁さんと相談していた「植樹」に着手(といっても植えたのは園芸屋さんでしたが…)。

先週末、園芸屋さんにて物色し「シマトネリコ」と「イロハモミジ」をチョイス。翌日、植えてもらいました。

Dsc08100 「シマトネリコ」は年中緑の葉が茂り、落葉もあまりなく虫もつきにくいらしく、手入れがあまりいらないそうで、日々忙しい僕らにはうってつけの樹木。まだそんなに大きくはないのですが、いずれシンボルツリー的存在になるのだろう、と思いつつ、植えた記念に3兄弟と一緒に写真に収めました。

Dsc08101 「イロハモミジ」は葉の色が、春は緑と赤のツートーン、夏は緑色、秋は紅葉…と季節を通じて楽しめるらしく、これは将来成長した時、和室の窓越しからながめられる位置に植えました。

Dsc08099 ついでに嫁さんのリクエストで「ちんちょうげ」も1本、庭のすみにひっそり植えたり、

Dsc08097 3兄弟はそれぞれ種類の違うクローバーを植えました。

緑が増えてなんだかにぎやかになって、ようやく楽しい庭になりつつあります…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月13日 (水)

テラス屋根設置の効果大!<その2>

この夏、念願の2階ベランダに設置したテラス屋根。前述のとおり、僕の洗濯ライフ(?)はとても楽になりました。

加えて、この屋根をつけたことで、さらに夢が広がりました。と、いうのも当初の予想では屋根をつけることによりベランダはかなりの圧迫感を感じる空間となるだろう、と思っていたのです。何せ、出幅91センチのベランダ。その上に屋根がかかるわけですから、こりゃけっこう(視覚的に)窮屈になるかな、と。

ところが実際に屋根がついてみると、そんな不安は吹っ飛んでしまいました。かえって適度な心地よいつつまれ感、といった程度だったのです。と、いうのも屋根の形状がカーブを描きながらかなり下がってくる「アール型」ではなく、まっすぐにゆるやかな傾斜となる「平型」と呼ばれるタイプにしたため、ベランダの手すりから屋根の先端の間の空間が思いのほか広かったのです。加えて、屋根の突き出しをベランダの出幅より30センチ先に延ばしたため、ベランダが部屋の延長のような格好になったのです(あくまで視覚的にですが…)。

これなら、単に洗濯物を干すだけの空間ではなく、他にも使いみちがありそうです。

たとえば、休日の早朝(もちろん、子どもたちがまだ起きる前)、ベランダに小さなテーブルと椅子を出してコーヒーでも飲みながらつかの間くつろぐ、なんてのも人目を気にせずできそうです。実は、今までも一度やってみたいとは思っていたのですが、屋根がないと高い位置から丸見えじゃないか、と思ってしまったり、2階とはいえ意外と目立ちそうなので「狭いベランダであそこの家の住人は何をしてるんだろうか」とか思われないかな~など、実際にはそこまで他人は見やしないのである意味「取り越し苦労」なのでしょうが、やっぱり気になるので、まだやったことがないのです。でも比較的大きな屋根のおかげでそういった周囲の目を気にせずくつろげるかも…。

ささやかなことなのですが、ちょこっと夢が広がって(?)きています。今週末あたりベランダでくつろいでみようかな…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月12日 (火)

テラス屋根設置の効果大!<その1>

我が家は2階建て(+はしごでのぼれる中3階的な?屋根裏収納あり)で、2年前に新築したのですが、建てたあとで「あ、しまったな…」と気づいたことがあります。

それは2階のベランダ。出幅91センチで2階の端から端約11メートルのベランダは幅こそやや狭いもののそこそこに開放感があり、物干しに使うには問題ないレベル。ところがベランダにかかる家の屋根は45センチだけかかるかっこうなので、洗濯物を干して雨でも降ろうものなら、バッターアウト。45センチ分しか雨よけになりませんでした。ましてや風をともなう雨など、もうどうしようもありません。

家を建ててからこれまで、このベランダにテラス屋根をつけよう、と嫁さんと再三話してきたのですが、屋根の形状や取り付け状態がどうなるのか、とか取り付けるとしたらベランダ全面(つまり11メートル分)にするか、洗濯物を干している3分の1のみの長さだけにするか、とか最も肝心な予算面など、クリアすべき課題が多く(一番の課題は予算でしたが…汗)結局2年間現状維持で、手付かずの状態でした。

我が家は前日の夜に洗濯機のタイマーを翌朝仕上がるようセットして、早朝ベランダに干して出勤、という流れになっています(ちなみに、特に役割分担しているわけではありませんが、この洗濯機セットと翌朝の物干しは僕がすることがほとんどなのです)。で、明らかにその日の日中が晴天か雨であることが間違いないようならよいのですが(雨ならあきらめがつくので、はなっから室内干しにしますので)、厄介なのは「夕立の可能性あり」の場合。朝干して夕立にあい帰宅時にはびしょびしょ、となってしまいます。また、いくら朝から雨ならあきらめがつくといっても、梅雨時などの連日の雨は室内干しが続くため、乾燥が大変。我が家には乾燥機や浴室乾燥なるものもありますが、何せ共稼ぎの5人家族。毎日の洗濯物の量はハンパではなく一度に乾燥機へ、とはいかないのです。電気代もバカになりません。今年の梅雨そして梅雨明けの連日のような夕立…今年の6月~8月中旬は洗濯泣かせでした。

しかし、そんな洗濯泣かせ状態におさらばの日がやってきました。この夏(8月下旬)ついに、2階のベランダにテラス屋根を設置したのです。しかも、ベランダ全面(11メートル)&出幅も約1.2メートルと、ベランダをすっぽり覆う大きさ。屋根のポリカーボネート色も部屋が暗くならないようにと、白いすりガラス調のものにしたため、太陽の明るさが入ってきて昼間はとても明るく意外と開放感があります。

当然、屋根を設置してからは、洗濯干しが楽になりました。何せ天気を気にせずとも、朝からどしゃぶりでも干せるのですから。しかも少々の横なぐりの雨なら全くベランダ内に降込んでこないため、洗濯物はもちろんのこと、ベランダがびしょびしょになることもなくなりました。と、いうことは取り込みも楽(ちなみに以前は横なぐりの雨は、ベランダを越えて部屋の窓までびしょびしょになっていました)。たとえ雨でも外に干していると室内干しよりも乾き具合は良いので、乾燥機にかけても短時間ですむのです。いや~本当に楽になったなぁ~と実感する今日この頃。

さらに、屋根を思い切ってベランダ全面につけたことで、僕にとっては他にも思わぬうれしいことが…これについてはまたあらためてつぶやきたいと思います。

広島は明日も雨予報。さて、これからまた洗濯機のタイマーをセットして、明日の朝思いっきり干すぞ~っ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月10日 (土)

住宅点検無事終了!

持ち家を所有している人はご存知かとは思いますが、家を建てて2年経過時に住宅点検というのがあります。我が家はこの夏に2年となり(ちなみに引越しは8月でしたが、家屋が完成したのは7月なのです)、今日その点検がありました。

実は、点検しますよ~とのおしらせハガキは1ヶ月前位に届いていました。ハガキによると「引渡し後2年経過直前で3ヶ月以内(22ヶ月目~24ヶ月)の期間にハガキに記載の業者に連絡を取り点検を受ける」とありました。要は、24ヶ月つまり2年を超えて不具合があった場合はクレームはNGですよ、ということなのでしょう。

ハガキは業者から直接くるのではなく、そのテの事務処理を行うセンターから届くようになっているらしく、当然我が家に届いたハガキもそこから届いていたので、ほどなくして早速ハガキ記載の指定業者に電話をかけたのですが…何度かけてもつながらない。2~3日かけたのですが、着信はあるもののつながりませんでした。

「業者との連絡がつかない場合は当センターまで連絡ください」ハガキにそう記載されていたので、センターに連絡すると「ではこちらから業者に連絡してみます。」とセンター。ところが、そのセンターも連絡がつかなかったらしく「ではこちらから何度か(業者に)かけてみます。明日、どうなったかお伝えします。」とのこと。とりあえず、翌日の連絡待ちとなったのが3週間前の木曜日でした。

翌日どころか、週が明けてもセンターからは連絡なし。一体どうなっているのか、としびれをきらしての水曜日(ここまでよく待ったな~、と自分でも感心?)、再度センターに連絡すると、僕が名乗らずとも業者名を伝えただけで「ああ、ちょっとお待ちください…」とセンター職員。さすがに(何はさておき、すみませんでしたとまずあやまれよ!)と頭にきた僕でしたが…まあ、そこで怒りをぶちまけてもいやな気分になるだけなので心の中にとどめつつ待っていると「もう1度(業者と)連絡をとってみます」とセンター。おいおい、あんたらこの1週間何やっとったの?百歩ゆずってこの1週間業者に連絡し続けたとしてそれでも連絡がとれなかったんだったとしたら「まだ連絡がつかないんです、もう少しお待ちください」とか経過報告ぐらいしろよ!…さらに僕の頭の中は(めずらしく)爆発寸前でした。まあ、もう1度と言うんなら次は性根入れて努力するだろう…と信じてもう1日待ったところ、翌日業者から「すみませんでした~」と連絡が。あとはとんとん拍子で打ち合わせが進み、今日の点検、となったわけです。

点検はスムーズ。点検をする業者は基本的に家を建てた時の施工業者なので(連絡を取った業者は保証業者といい、保証業者が施工業者を派遣するようになっています)、我が家の建物のことはよくわかっています。クレームか所の修理はもちろんのこと、住み始めて以降についた傷などもサービスで補修してくれることに…ちょっと得しちゃいました。

補修は後日ということになりましたが、点検はひとまず無事終了。当日まではいろいろありましたが、終わり良ければ全て良し、といったところでしょうか…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)