« 2017年11月 | トップページ

2018年1月

2018年1月 5日 (金)

19年の子育て「だて」じゃなかった!

長男が、大学で一人暮らしをしている愛媛に帰って行きました。嫁さんと港まで長男を車で

送り、出航を見届けました。

年末に広島に帰って来て数日間、間に嫁さんの実家・熊本への帰省をはさみつつの、久し

ぶりの5人家族。

当たり前ですが、今普段は娘と次男と4人家族です。この4人での生活にすっかり慣れたと

思っていたのですが、実はそうじゃなかったことにこの数日間で気づかされました。

もちろん、今は当たり前となった、4人での生活に強い違和感を感じているわけではないの

ですが、家族5人で過ごしたこの時間の何気ない空気感がすごく自然な気がして…ああ、

こっちが普通なんだよね…って感じていました。

「まあ、すぐにまた(広島に)帰るけどね・・・」出航前の長男の何気ない一言。

2週間後、母の一周忌の法要があり、長男は帰ってきます。その数日後、長男は19歳に。

5人での「普通の生活」を心待ちに、この2週間を過ごそうと思っています。

年末、長男を港まで迎えに行き車に乗せた時の心の高揚、この数日の、5人で過ごす「普

通の」感覚、そして港で長男を見送りながらうっすらとですが感じた寂寥感…。

19年の子育てはだてに時間だけを重ねたわけじゃないんだなあ…とあらためて気

づかされた、この数日間でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 3日 (水)

初・お年玉をあげた長男

この年末年始も嫁さんの実家・熊本で過ごしました。

年末、昨春から愛媛の大学に進学して一人暮らししている長男が広島に帰ってきて、家族5人で熊本へ。

その長男が僕に「お父さん、ぽち袋ある?」と尋ねてきました。どうやら、娘や次男、熊本で会う姪っ子2人にお年玉をあげようと思っていました。

僕は4人分のぽち袋を長男に渡しましたが「(ぽち袋が)足りんのよね…」と長男。広島にいる甥っ子の分も早々と準備しておくつもりなのかな…などと思いつつ多めにぽち袋を渡しました。

元日の昼過ぎ、嫁さん方の親戚が集まりました。みんなでお昼を食べたあと、義父、義兄、義母、僕…といつもの流れで(?)集まった子どもたちにお年玉を渡すと、真打登場…と長男が。

照れくさそうに、コンビニでアルバイトしてるから、と言いつつ、娘、次男、二人の姪っ子に渡す長男を見て僕や嫁さんはもちろんのこと、親族みんなが大喜び。

長男はさらに

「じいちゃんとばあちゃんにもお年玉、あるよ。ちょっとだけなんだけどね…」

ぽち袋が足りない、というのはこういうことだったのか、と僕は気づきました。

さらに大喜びの義父と義母。義父は「これは使わずに額にでも入れておこうかね」と言うほど感激していたようでした。

長男が広島を離れてもうすぐ1年。普段は何をやっているのかわからないほど音信不通の長男ですが(独り暮らしなんでそんなものでしょう…)、こんなちょっとしたことで長男なりにしっかりしてきたんだなあ…と新年早々あらためて感じたオヤジなのでした。

この「つぶやき」も14年目です。年があらたまったから…というわけでもないのですが、これまで通りの日常生活でのちょっとした出来事(子育てや家族、趣味のこと等)に加えて、何気なくふうっと思いついた(わいた?)ことなども時に詩のような感じでつぶやいてみようかと思っています。

あいかわらず「気ままに・マイペース」でつぶやきますので、おひまな時、ふと思い出した時にでかまいませんのでのぞいてやって下さいませ…あらためてよろしくお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年11月 | トップページ