« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月31日 (火)

いろいろなこと、一区切り

あっという間に1月も今日で終わり。

今月は、いろいろなことに区切りのつく1か月でした。

仕事では10月からこの3か月続いていた5つの研修発表とそれに向けての資料作成、2つの新規事業の企画立案と実施…と立て続けにパソコンとにらめっこの日々が、今月でようやくひと段落。

そのため、休日も自宅で資料だの企画だのとパソコンとにらめっこしながら…という日々が続いていましたが、それもようやくひと段落。心からゆったり過ごせる休日が復活しました。

あと、これも10月(中旬)の出来事でしたが、実母が実家の階段から転倒し、腰を打って骨折してしまいました。

骨折自体は腰の小さな骨の粉砕骨折で、安静とコルセット着用を心がければ3か月で治る、との診断でしたが、この間、移動もままならない時期には母の身の回りのことをしに実家に帰ったり、定期的な通院の付添等で明け暮れました。

その通院も、昨日の付添でお医者さんより「もう完治したので大丈夫でしょう!」との診断で終了。その説明を受けた母の安堵感は大きかったです。

さて、明日から2月です。

どんな1か月になるかわかりませんが、少しゆとりのある1か月になればいいなあ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月23日 (月)

あっと言う間の15年

今日は結婚記念日でした。

僕は毎年、結婚記念日には嫁さんに赤いバラの花束をプレゼントします。

が、今年は15周年記念…というわけで

Dsc02753

↑黄色いガーベラ&オレンジのバラの花束にしてみました。

もちろんメッセージ付き、ですが

嫁さんにメッセージを手渡すと、子どもたちが

「お父さん、何?これ」

僕がこたえる前に嫁さんが

「ラブレターよ。」とひとこと。

嫁さんがメッセージを読み終えるやいなや、娘が

「ちょっと見せて。」と言いながら、ニヤニヤしながら目で読んでいました。

そのあと次男も娘と同じようにニヤニヤ。

そんなに大したことを書いたわけではないのですが

子どもたちに見られるのは少々恥ずかしかったオヤジなのでした(…汗)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月22日 (日)

娘と緑茶でほっこり

若い頃からいわゆる「茶飲み」な僕。

昔はちょっとした時間でもあれば、自分でお湯を沸かして急須にささっとお茶の葉を入れてよく飲んでいたものです。

結婚してからもしばらくは急須を使いお湯を沸かしてよくお茶を飲んでいたものですが

子どもが生まれ、大きくなり、家庭に仕事にと忙しい中で

いつしか急須を使ってゆっくりお茶を入れて飲む習慣もなくなっていました。

もちろん、今でもお茶は好きなのでもっぱらペットボトルの緑茶をよく飲むのですが…

そんな中、年末年始に熊本のおばあちゃんから急須でのお茶の入れ方を教わった娘が

最近、急須を使ってお茶を入れてくれます。

「ともちゃん、お茶を入れてくれる?」

僕がたのむと娘は

「いいよ。」とお湯を沸かして急須を出しささっとお茶の葉を入れ、湯呑についでくれます。

Dsc02750_3

これがまたおいしいこと!もちろん、娘も一緒にお茶を飲みます。

「今日はお父さんが入れるよ。」

逆に僕が娘にお茶を入れて、一緒に飲むことも…。

最近は、毎日ではありませんが、マイ水筒に家で沸かして作った緑茶を持っていくこともあります。

久々に大活躍(?)の急須と、笑顔でお茶を入れてくれる娘と

おいしいお茶にほっこり、のこの冬の我が家なのです…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 7日 (土)

少し静かな新年

年が明けてずいぶん日にちが経ちましたが、あらためて、明けましておめでとうございます。

今年もマイペースを保ちつつ(?)このつぶやきを更新していきたいと思いますので、おひまな時に立ち寄ってやって下さいませ~。

さて、我が家の年末年始は、ここ数年恒例となった嫁さんの実家・熊本にてのんびりと過ごしていました。

12月29日に広島を出て高速道路で熊本へ。

「空気がおいしいね~。」と言う次男は娘と田舎の風景の中、のびのびと遊んでいました。

中学生の長男は、さすがに次男や娘ほどきゃぴきゃぴはしなくなったものの、それでも兄弟やそれより小さいいとこ達の遊び相手になってやったりと、それなりにのんびり楽しく過ごしていたようです。

そして、1月2日の深夜(正確には3日の午前1時半)に高速道路のUターンラッシュの大渋滞の中、広島に帰ってきました。

広島に帰ってからは1月3日に自分の実家へ帰り、実母と地元の「広島護国神社」に初詣。

こうしてあっという間にお休みは終わり

僕と嫁さんは1月4日から仕事へ。長男は部活再開…。

いつもの生活が始まったわけですが、一つだけいつもの年明けと違うことが…。

それは、広島に帰ってきたのは僕と嫁さんと長男の3人だけ、ということ。

娘と次男はまだ熊本にいるのです。

この間、娘から毎日メールが届いてて、どんなことをして過ごしているのか教えてくれています。例えば…

近くの畑に続くあぜ道で荷台に次男を乗せた手押し車を押して遊んだことや

娘が急須でお茶を入れて、和菓子を食べておいしかったこと

だだっ広い畑で凧揚げをしたこと(当然、近くに電線はなし)…等

次男とおじいちゃんやおばあちゃんと楽しく過ごしている様子が画像とともに送られてきます。

一方、広島に帰って4日間、久しぶりに「父・母・長男」の3人での生活。

長男は部活が始まったとはいえ、毎日練習があるわけではないので何もない日は家の中でごろごろ。テレビを見たり、気まぐれに宿題をしたり(?)

仕事から帰って「今日は何してた?」と尋ねると決まって

「10時まで寝とったよ~。」と長男。

彼は彼で久々の「一人っ子生活」を堪能して(?)いる様子。

そんな長男は部活と同じくして、夕方から夜に行われる塾の冬期講習が始まりました。

おとといは、長男がいない時間に嫁さんと二人でパスタの店に行き

久しぶりにゆったりとディナーを楽しみました。

3人いれば絶えない兄弟げんかもなく、当然、僕も嫁さんも叱る場面もなく

ゆったりと流れる時間の中、全てがもの静かな我が家。

でも、こんな風景も今日の午後からリセットされます。

娘と次男がいよいよ今日の昼、新幹線で広島に帰って来ます。

またあの賑やかな5人での生活、今の「本当の日常」が戻ってくるのです。

3人でゆったりと時間が流れる静かな家も

二人だけのディナーもたまには良いのだけれど

やっぱり5人そろっていないと寂しいんですね~。

娘と次男に早く会いたいな~。

帰って来るのが待ち遠しいオヤジなのです。

たった数日、いなかっただけなのにね…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »