« それぞれの帰省 | トップページ | キュウリのその後 »

2011年8月18日 (木)

がんばれキュウリ!

娘と次男は嫁さんの実家・熊本でおじいちゃん、おばあちゃんと楽しく過ごしているようです。

それは良いことなのですが、僕には一つ、気がかりなことが…。

それは、次男が夏休み前に小学校から持って帰ってきた鉢植えのキュウリのこと。

次男は夏休みに入り、毎日せっせと水やりをしていたのですが

花は咲いても実があまりならなかったのです。

これまでに実ったのは2回。

1回目は夏休みに入って間がない頃、小さな花をつけた小さな実を発見!

「これから大きくなるぞ!」と期待していたのもつかの間、

実は大きくなるどころか小さいままで黄色く変色し、

しわしわになり、すぐさま枯れてしまいました。

2回目は8月の上旬頃。小さな実がなっているのを発見!

次男は水やりを続けたところ

ぐんぐんとはいかないまでも、枯れることなく緑色に大きくなってきました。

あと数日で収穫できるかも…と期待をかけつつあったタイミングで熊本への帰省。

何とか次男に収穫の喜びを…と

オヤジは一足早く熊本に行った次男の代わりに水やりをし、

家族全員が熊本に行き、広島に帰るまでの間もなるべく水を絶やさぬよう…と、

水をためたバケツに鉢ごとつからせる、といった対策を施しました。

広島に帰ってきたこの間の日曜日。

キュウリは何とか実っていました。

が、大きさは少し小さくなっていました。おそらく、これ以上は成長しないのかも知れません。

とりあえず、あまり枯れていなかったことにほっとしたのですが、肝心の次男はまだ熊本。

広島に帰ってくるのは2日後の予定。

現時点ではまだ収穫できる状態ですので、

オヤジがここで収穫してしまうか、それとも次男の帰りを待って収穫させるか…

悩ましいところではあります。

が、ここまできたら、次男に何としても

仮にこのキュウリがこれ以上成長しないとしても

どうにかして収穫の喜びを味あわせてやりたい…と思っています。

しっかりと水やりをして

このキュウリが次男が帰ってくるまで

全力で枯れるのを阻止しようと決意したオヤジなのです。

そんなわけでキュウリよ、あと2日、なんとかもってくれ!!

Dsc02094←熊本へ出発した8月11日撮影。広島に帰るまでなるべく水が枯渇しないよう、鉢の下にそりを置いて、そこに水をためて根から吸い上げるようにしました。

Dsc02095_3←同じく8月11日撮影。この時点でのキュウリの様子。小さいながら、青々としていました。

 

|

« それぞれの帰省 | トップページ | キュウリのその後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100228/52509631

この記事へのトラックバック一覧です: がんばれキュウリ!:

« それぞれの帰省 | トップページ | キュウリのその後 »