« かわいいカメラマン | トップページ | 長男ぐったり »

2011年5月 7日 (土)

習い事あれこれ

昨日、小4の娘が初めて英語教室に行きました。

娘の習いものはスイミングとこれで二つ目。

もともとはスイミングをやめたい、と娘が言い始め

嫁さんが、じゃあ、その代わりに何か他の習いものをしたら…とあれこれ考えて

平日、学校から帰ってすぐに行けるよう近所でやっている英語教室に行くことに。

習いものから帰った娘は

「楽しかったよ。こんなのしたよ。宿題も出たんだ。」

と、うれしそうに教材や自分が取り組んだプリントや宿題のプリントを見せてくれました。

仲の良い友達と一緒に通えることも娘にとっては良いらしく

まずまず、順調に通い始められそうかな、といった感じです。

結局、英語教室に入ると同時にやめることになっていたスイミングですが

こちらも当面続行することに。

親としては学費がかさむのですが、娘のやる気を削いではいけないので、何とか捻出(?)し続けなくては…。

さて、特に都市部や郊外の住宅密集地にお住いの、小学生の子を持つ親御さんの多くはご存じかとは思いますが

今どきの小学生の習いものは僕らが小学校だった頃(30年以上前)よりも忙しい状況です。

我が家の子どもたちの習いもの事情(?)ですが

長男は中学入学とともに部活(陸上部)に入ったことで通っていたスイミングをやめたためゼロ。娘は2つ、次男はスイミングの1つ…といった状況ですが、これは少ない方らしく

子どもたちの同級生のお母さんやお父さんの話を聞くと

週3~4日は当たり前、中には平日5日まるまる何かの習いもの…という子どもさんも珍しくないようです。

習いもののジャンルも、昔ながら(?)のスイミングや英語、ピアノ、書道から将棋、ダンス、パソコン教室…何てのもあります。

あと、くもんや学習塾も多いです。それも、中学受験対策に…といった明確な目的ではないけどとりあえず学習塾に通わせる、といったことも結構あるようです。

ではなぜこんなにも習いもの三昧なのかというと、どうやら放課後の子どもたちの過ごし方にも関係があるようです。

いわゆる「共稼ぎの親の子ども」は、僕らの頃も多かったと思います(実際、僕もそうでした)が

子どもをとりまく環境が「親が目を向けにくい環境」に

少なくとも僕らが子どもだった頃以上になっているような気がします。

子どもをめぐる痛ましい事件自体は昔からありますが(実は僕も小1の時、事件に巻き込まれそうになったことがあります)

そういった事件から子どもたちを守る、という地域のコミュニティーの脆弱化が昔と違うところかな…と思ったりします。

例えば、PTAや子ども会、地域町内会の高齢者の方々による毎日の町内の見回りパトロールや登下校の見守り活動等、今はどこでも取り組んでいるかとは思いますが

裏を返せば、今はこういった取り組みなしには子どもの安全を守れないということ。

僕らの頃は、共稼ぎの親が我が子の放課後への目が届かなくても

「他人の子どもを叱る近所のおばさん(あるいはおばあさん、おじいさん)」の存在や

そこまでではないにせよ、地域に住む人々が「何となし」に見守っていたり

子どもに何か変わったことがあったら、だれかれとなくその親に教えてくれたり…と

今のように「お膳立て」がなくてもそういったコミュニティーができていたような気がします。

それから、子どもたちの交友関係も昔とは違う気がします。

学校でよく遊ぶ友達が近所に住んでいても、放課後は別…といった子どもは多いようです。

これは、みんな習いものが忙しくて遊びたくても遊べない…といった

「卵が先か鶏が先か」の話のようになっていることもあるのですが…。

子どもたち自身にとっても放課後を自分が思うように過ごすことを選択する環境が得にくいのかも知れません。

いずれにせよ、沢山の習いものに通わせている親御さんとの話では

「放課後一人で(子どもを)家にいさせても、不安だしね…。」

といった動機だったりすののは事実。

ところで、我が家での子どもたちに習いものに通わせたい動機(?)は

何か一つでも頑張って打ち込めるものがあれば…といった思いがどちらかというと強いです(もちろん、安全面のこともないわけではないのですが…)。

実際、娘と次男が通っているスイミングは、僕も嫁さんも休日である土曜日なのです。

かくゆう僕も、保育園の年中~高校1年頃までの10年ほど、近所の書道教室に通っていました。

おかげで字は今でもそれなりに丁寧に書けるので、書道教室に長く通っていて良かったな~と、今は思うのですが

親のすすめで受け身的に通い始めたこともあり、通っている時(特に小学校時代)は少し辛かったこともあったような気がします。

…とここまでつぶやいて

先ほど、珍しく休日の部活があり朝から中学校に行っていた長男が帰ってきました。

前にもつぶやきましたが、年齢的にはある程度自己選択をすることができつつある中学でさえ(どの中学校でも、というわけではありませんが)強制的に部活に参加させられるような状況。

今の子どもたちはどう思いながら、習いものや部活をしているのでしょう…、とふと思ったオヤジなのです。

珍しく社会派な(?)書き込みでした…。

|

« かわいいカメラマン | トップページ | 長男ぐったり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100228/51603755

この記事へのトラックバック一覧です: 習い事あれこれ:

« かわいいカメラマン | トップページ | 長男ぐったり »