« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月30日 (土)

記念樹のその後

ゴールデンウィークの初日だった昨日、家族5人で某ショッピングセンターに朝早くから出かけました。

目的は買物…ではなく、育樹祭への参加。

このショッピングセンターがオープンした2年前、開店記念イベントで敷地の緑地帯部分に植樹をする、というイベントがあり、家族で参加しました。

緑地帯はいくつかのブロックに分けられ、ブロックごとに植樹。植樹後にブロックごとにプレートを立てて、そのプレートに誰が植えたのか、名前を記入しました。

以後、年に1度、開店記念日ごとに「育樹祭」が行われ、植樹した人に招待状が届くようになっているわけです。

2回目の「育樹祭」となった今年は朝早くから少し汗ばむほどの暖かさ。

集合・受付場所は駐車場。いつもは買物客の車でごった返している広大な駐車場の半分ぐらいが「会場」となっていて、子どもたちはのびのびと走りまわったり、とおおはしゃぎ。

受付を済ませると、家族分のスコップと軍手を受け取り、育樹祭の式典へ参加。

それが終わると、植樹したブロックへ移動。スタッフの方の合図で作業開始。

まずは、植えた木々の周りに生い茂っている雑草を抜きます。

去年の「育樹祭」から1年。「こんなに草が生えていたっけ。」「去年、あんなに抜いたのにね~。」等、作業をしていた参加者から声が聞こえるほどでした。

確かに、植えた木と、あとから自然に生え、成長したのであろう野生の木々(?)とが混在し、どれが植えた木かそうでない木かがわかりにくい状態。それに子どもの背丈以上の雑草が生えていたりと、なかなか作業が進みません。

僕と嫁さんは木が植えてある前あたりを、子どもたちは奥の大人が入りにくいあたりをそれぞれ手分けして除草しました。

一通りの除草作業が終わると、今度は木を植えた回りに固形の肥料を蒔く作業に取かかかりましたが、この作業はあっという間に終わりました。

その後、再び受付に行き、招待状と引き換えにスーパーからの参加記念品(ラップや洗剤、飲み物等)を人数分いただいて終了。

これだけラップや洗剤があったらしばらく買わんでも済むね~…と、嫁さんと大喜び(何せ5人分なので…)でした。

いつもよく買物に行くお店ではありますが、我が家が植樹した場所が、普段はなかなか立ち寄れない所にあるので、年に1回でもこのような形で「確認」できることは、楽しみだったりします。

さて、植樹の「確認」といえば…丁度30年前、小学校を卒業する時に植えた記念樹がずっと気になっています。

記念樹は小学校の敷地外からも確認できる場所に植えられたので、植樹後何年かはその近くを通るたびに「だんだん成長してるな~」等と思いながら「確認」できていたのですが

それから数年後に、すぐ近くにあった体育館の建て替え工事があり

建て替えたあと学校の外の敷地から植樹をしたあたりを見ると、木の姿が見えなくなってしまいました。

記念樹なので、建て替え工事の際に伐採・処分…何てことはないだろうとは思うのですが

あの木はどうしたんだろう…と近くを通るたびに気になりつつも、学校の敷地内に入って「確認」をすることもなく(今は子どもたちの安全を守る、という点から昔みたいに気がるに敷地に入ることが難しいですしね…)20年以上経っているのです(何とかしなければ…)。

気になる、といえば、話は再びショッピングセンターの記念樹に戻りますが…

(前述の)植えた人の名前が書かれたプレートにも少し気になることがあります。

そのプレートは、一人ひとりがマジックを使い直筆で書いています。

2年前といえば、長男が11歳、娘は7歳、次男5歳でした。書きっぷりを見ると、確かに年相応の筆跡(?)でした。

が、日々太陽や風雨にさらされているせいか、今年の育樹祭でプレートを「確認」すると、かなりインクが色褪せて、薄くなっていました。

これはここ何年かで名前が見えなくなってしまうかも…と、嫁さんと、ちょっと心配になりました。

いつまでも植樹したことを忘れないためにも、お店に何とか対策してもらいたいなあ…と思いつつ参加した育樹祭なのでした…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月26日 (火)

放課後練習、帰宅後自主トレ

この4月、長男が中学校に入学しました。

この中学校は必ず何かのクラブに所属しなければならないらしく(つまり「帰宅部」はNGだそう)、長男も入学早々にあったクラブの見学会に参加し、決めたようでした。

僕は、文科系でも体育系でも良かったのですが、嫁さんは、中学は部活で忙しくなるからスイミングクラブをやめたんだからね、と、長男に体育会系のクラブに入るように、と言い、長男もこの「提案」を受け入れ、見学会では体育系の部活を吟味。

結局、長男が入ったのは陸上部。ほどなくして、放課後の練習が始まりました。

さぞかし、くたくたになって帰宅しているんだろうな、と思っていたのですが…

なぜか小学校の頃とあまり変わらない時間にいつも帰宅している様子。しかも、それほど疲れてもいない様子。

「陸上部は練習はないのか?」と長男に尋ねたところ

「毎日あるよ。練習して帰ってきてるよ。」と長男。

長男によると、練習時間は他の運動系クラブよりも短く、いつも早く終わるとか。

しかもこの練習量が長男にとっては物足りないらしく、ここ最近は

「ちょっと(近所を)走ってくるよ。」と、学校から帰宅すると「自主トレ」を始めました。

長男と小学校の頃から仲の良い近所の友達はバレー部に入り、朝練だの休日練習だの週末に先輩の遠征に同行しただの…とまさに多忙な部活三昧に突入しているらしいのですが、それに比べれば何とものんびりとした、長男の部活スタート。

まあ、自分のペースで練習ができるから、という理由で、野球やサッカーといったクラブを選ばずに陸上部を選択したのは、長男らしいのですが…。

3年間、このペースで部活が展開されるのか…興味津々な(?)オヤジなのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月25日 (月)

お花見サイクリング

娘のルイガノが納車となった先々週末、広島市内の桜が見ごろだったので、おさがりのルイガノを譲り受けた(?)次男と3人で、平和公園まで走りに行きました。

我が家から平和公園まで片道10キロぐらい。

昨秋「しまなみアイランドライド」で60キロ走破した娘にとっては楽勝な距離でしたが、自転車は一回り大きくなりライディングポジションも前のルイガノとはハンドル形状は異なるため、より前傾姿勢となる様子。

一方、次男も去年参加した「似島ファミリーサイクリング大会」で20キロ走破してはいましたが、今まで乗っていた(これまた長男からのおさがりだった)BSクロスファイアーキッズよりも一回り大きい自転車となりました。

いわば、慣らしをかねてのサイクリング。

朝早く自宅を出発、一路、平和公園へ。以下サイクリングの様子を画像でどうぞ。

Dsc01410

Dsc01413_2

Dsc01422

Dsc01427

Dsc01429

このあと、コンビニに寄って朝ごはんを買い、平和公園で朝食。

Dsc01441 ←娘のルイガノ(オレンジ)と次男のルイガノ(赤)。ここには写っていませんが、子どもたちは画像右端のベンチに座っておむすびを食べております(しかもお花見ということでみたらしだんごも食べました)。

帰りはまた別のルートを走りました。

Dsc01451

Dsc01452 さすがに疲れた子どもたち。帰りは休憩を沢山取りました。画像は休憩中に撮ったもの。

こうして、休憩込みで往復2時間のサイクリングを楽しみました。

さてさて、2人の走りは…!?

Dsc01412 ←娘は初めての変速付き。走りながらシフトアップ、ダウンを教えましたが、だんだん慣れてきて使いこなすように。

Dsc01414 ←次男は「軽くて走りやす~い!!」と言いながらサイクルコンピューターにも大喜び。

実は、先週末も娘と次男と走りに行きました。今や休みの日は「お父さん、自転車乗りに行こう!!」と誘ってくる二人。

今から春本番。嫁さんや長男も合わせて5人で走りに行きたいものです…。

<おまけ>

Dsc01447_2

↑道中に撮ったお気に入りの1枚です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月24日 (日)

チャリネタ4つ(「納車」「ビフォーアフター」そして…「さようなら」)

<その1・娘のルイガノ(オレンジ)納車>

娘の誕生日プレゼントの前倒し(?)でショップに注文していたルイガノLGS-J22が2週間前に納車となりました。

Dsc01459 ←ルイガノLGS-J22。フレームのボトル&ボトルケージは標準装備で、カラー(オレンジ)とともに、早くも娘のお気に入り。

Dsc01444 ←フロントまわり。ベルは標準でついていた「コンパスベル」ではなく、前の自転車にもつけていた、コンパクト風ミラーつきベルに交換(女の子だなあ…)。ただしカラーはフレームに合わせてオレンジのものに。サイクルコンピューターは、前の自転車からの移植ですが、ハンドルではなく、フレームへ位置変更。

娘にとっては初めての変速付き(F3段、R6段)。最初は操作に戸惑いがあったようですがいじっているうちにだんだん使い慣れてきています。

<その2・赤いルイガノ 次男へ>

娘が新しい自転車となったため、それまで乗っていた赤いルイガノ(LGS-J20)は次男へ「おさがり」。

とはいえ、フロントまわりは、いわゆる「女の子仕様」なので、さすがにカスタマイズがいるかな~と思い、若干のパーツ交換を施しました。

~BEFORE~

Dsc08257 ←これが…

~AFTER~

Dsc01439 ←こうなりました。どこが変わったかわかりますか?

Dsc01454 ←ベルとボトルケージを次男の好みの色(ブルー)のものに交換。グリップを白に花柄だったものからブラック&レッドのものに交換。サイクルコンピューターを新しく取り付けました。

一新した自転車で、先日、娘と次男と3人で平和公園までサイクリングしました。

<その3・ニシキのクロス パパチャリを卒業>

次男がおさがりの自転車を乗りこなすようになったため、いままで子どもたちをのせるために後ろカゴをつける等「パパチャリ化」をしていたニシキのクロスバイクを約6年ぶりにもとの姿(?)に戻しました。

~BEFORE~

Dsc02316 ←これが…

~AFTER~

Dsc01468 ←そうそう、元々はこんな自転車だったな~…と記憶がよみがえり(?)ました。

後ろカゴをはずしたついでに古くなったパーツを交換。

Dsc01469

Dsc01470

↑ぼろぼろになっていたハンドルグリップを新品に、センタースタンドも子どもをのせる時の安定感確保から2本直立 タイプにしていたものを1本直立にそれぞれ交換。

これからの季節にワクワクするような自転車たちですが、一方でお別れをすることになった自転車も…。

<その4・さようなら ライトウイング>

さて、ここで問題です。この画像↓に何台の自転車があるでしょうか?

Dsc01457

正解は…何と10台。一体何人家族でしょう、といったありさま。

次男が(前述の)赤いルイガノに乗るようになったため、画像手前の赤いスペシャライズドのキッズバイクとその横のBSクロスファイアーキッズのドライバー(自転車だから「ライダー」かな)がいなくなってしまいました。

この2台はだれかいる方にゆずるか、もしくは処分か(もったいない…)ということになりそうですが、それでも8台。趣味とはいえ、多いなあ…。

…ところがつい最近、職場の同僚に1台ゆずることになりましたそれがこれ↓

Dsc03914 ←パナソニックライトウイング。

この自転車はいつも車に載せていて、車ででかけた時、そこからの移動用に、或いは出張で県外に行った時は輪行袋に入れて、現地での移動&サイクリングにと(1番東京の道路を走ったのはこの自転車ですね~)、大活躍でした。

が、去年、BSトランジットコンパクト(以下「トラコン」)を改造して以降はその役割がトラコンに移り…

ライトウイングは一時職場用にと自転車置き場に置いていて、休憩時間などの近所への買物用として使っていたのですが、仕事が忙しくなるにしたがい乗る機会も減り、ここ数か月は我が家の自転車置き場にて半ば放置状態になっていました。

そんな中、自転車好きだけど今は自転車を持っていないという職場の同僚との話で、この自転車をゆずることになりました。

先週末、その同僚がライトウイングを見に来て試乗し一発で気に入ったらしく、ゆずることになりました。

僕としては思い出の沢山つまった自転車で少しさびしかったのですが、このままあまり乗られることもなく放置状態でいるよりは、自転車好きなこの同僚に乗ってもらう方が(しかも大事にしながら乗りこなしてくれそうなので)幸せなのかも、とも思いました。

いっぱい楽しい思い出をつくってくれてありがとう。そしてさようなら、ライトウイング…なのです。

以上、最近のチャリネタ4つでした…。

長くなったので、平和公園サイクリングのことはまたあらためて…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7年目のソーダ水

このつぶやきを始めて先週17日で丸6年。ついに7年目に突入しました。

のぞいて下さる皆様に感謝!です。

本当は17日にお礼のつぶやきをしたかったのですが

この3週間近く、まさかのVAIOのドック入り(キーボードのボタンが外れやすいというトホホ…なトラブルでしたが)で更新できませんでした。

この間、我が家はいろいろと新しい出来事があり、つぶやくネタが盛り沢山でした。

例えば

このつぶやきを始めた頃、小学校に入学した長男がこの春に中学校に入学したこと

注文していた娘の新しい自転車(ルイガノLGS-J22)が納車&お花見サイクリングをしたこと…他。

これら4月の出来事はまたおいおいつぶやく(?)とします。

ひとまず、これからもおひまな時あればのぞいてやって下さいませ~。

…あ、久々にプロフィールの画像を更新しました。

2週間前ポタっている時に撮った大きな桜の木&my自転車です。

もっとも、my自転車は木の下で茂みと同化して(?)見えにくいのですが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »