« 東京に行きましたが… | トップページ | いっしょうけんめいのプレゼント »

2011年3月19日 (土)

うれしい「おさがり不可」帽子

昨日、長男の小学校の卒業式がありました。

ビデオカメラを撮りながら、卒業証書授与の様子を見たり「呼びかけ」や子どもたちの歌声を聞きながら

時おり涙があふれて止まらないオヤジでした。

(以前もつぶやいたと思いますが、若いころはどんなに悲しいことや感動することがあっても涙を流すことは決してなかったのに、子どもができてから、すっかり涙腺がゆるくなってしまいました)。

さて、卒業式のあと、クラスでの記念撮影や親子、友達同志でので記念撮影がグランドのあちこちでありました。

もう一つ、今どきの子どもたちの友達同志での「記念」といえば…ランドセルの寄せ書き。

友達同志で(あるいは先生が生徒に)、いわゆるペイントマーカー(商品名)等で、ランドセルに寄せ書きをしあうのです。

どの子のランドセルも、友達のメッセージがびっしり。

わが長男のランドセルもそうでした。

担任の先生にも書いて欲しい、と言う長男の姿が見えました。

にこにこしながら先生は長男や他の子どもたちのランドセルにもメッセージを書いておられました。

どちらかというと、自分から積極的に声をかけて行動を起こすタイプではない長男。

友達も自分から声をかけてつくるタイプではなく、声をかけられて何となくうまがあう中でできる、といった感じでした。

それでも、保育園時代は仲良しの友達ができて楽しく通っただけに

小学校に入学した時は

「小学校でも友達ができるだろうか。無事6年間通い続けることができるだろうか。」

ものすごく深刻にそう思ったわけではないのですが、それでも何となく、そんな不安があったものです。

結果、そんな親の不安はとりこし苦労に終わりました。

そんなキャラの長男にも、保育園時代と同様にうまがあう友達がそれなりにできましたし、

担任の先生やクラスにも恵まれたようで楽しい小学校生活だったようです。

そんな雰囲気が、卒業式後のクラスメートや先生と長男とのやりとりを見て伝わってきましたし

何より長男のランドセルのたくさんの寄せ書きが、それを物語っていました。

ところで、もう一つ、寄せ書きが別のところにもありました。

それは、帽子。

長男や他の子どもたちの帽子にも、メッセージがびっしり。

ランドセルの寄せ書きは、事前に長男から聞いていたのですが、まさか帽子までも…。

「おさがりができなくなっちゃったね…。」

長男の帽子を娘へのおさがりにしよう、と思っていた嫁さんが、ニコニコしながら言いました。

おさがり計画(?)は断念せざるを得なくなりましたが

うれしい思い出がもう一つできました。

息子よ、卒業おめでとう!!

6年間、楽しく学校に行ってくれてありがとう!!

|

« 東京に行きましたが… | トップページ | いっしょうけんめいのプレゼント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100228/51164810

この記事へのトラックバック一覧です: うれしい「おさがり不可」帽子:

« 東京に行きましたが… | トップページ | いっしょうけんめいのプレゼント »