« 積雪の新年 | トップページ | 土壇場で急展開(うまくいきました!編) »

2011年1月30日 (日)

じゃがりことニコダマとショートケーキ

毎年1月恒例(?)の、記念日週間。

21日の母の誕生日に始まり、23日の(僕らの)結婚記念日、26日の長男の誕生日…と続きます。

21日の母の誕生日は、「最近靴がくたびれてきたんよ。」とちょっと前に母が言っていたのを思い出し、革靴をプレゼントしました。

23日の結婚記念日(ちなみに今年で結婚14年)は、嫁さんにバラの花束をプレゼント。

Dsc01365 ←今年は本数よりカラフルさ重視(?)。ちなみに画像右上に白く見えるのはメッセージカード(恥ずかしいので裏返しにしていますが、ちょこっとメッセージの内容を紹介しますと「今年で出会って丁度20年…」のようなことを書きました…汗)。

そして、26日の長男の12歳の誕生日。

「プレゼントは何がいい?」と長男に尋ねたところ

「う~ん、そんなに欲しいものはないんよ。」と欲の無い長男。

以前(1~2年前)、お金を貯めてDSを買いたい、等、一時はものすごくゲームを欲しがっていたのに、そんなことは一言も言わない長男。

ひょっとしてプレゼントとして親にねだっても買ってもらえないから敢えて言わないのかも…と思いつつ、僕は

「欲しい物を買ってやるかどうかはわからないけど、とりあえず遠慮せずに欲しいものがあったら、言ってもいいんだぞ。」と尋ねるも

「うん、本当にものすごく欲しいものはないんよ。DSとかゲームはもうどうでもいいって感じだし。」

なんとも物欲のない長男。そんな長男が強いて言えば…とようやく言った物は僕と嫁さんの予想外の物でした。

「あ、そうだ。じゃがりこが欲しいなあ。」

「えっ?じゃがりこって…あのスナック菓子のじゃがりこ?カルビーのじゃがりこ?」

「うん。あのサラダ味がいっぱい食べたいんよ。3個買ってよ。」

長男のこのリクエストに拍子抜けの僕と嫁さん。

「いやあ、お前がそれでいいならじゃがりこにするけど、本当に他にないのか?」

しばらく考えた末、長男が欲しい、と言ったのは

「あ、そうだ、あれ、ニコダマ。あれが欲しいなあ。」

ニコダマ、というのは、その名のとおり形状(?)は二個の目玉で、乾電池で時おりまばたきをする、という極めて単純なギミックのおもちゃ。

このまばたきに癒されるとかで、サラリーマン等、大人の癒し系のグッズとして発売直後にちょっとしたブームになり、入手困難となっている…と、いつだったか、TVのニュースで取り上げられていたのを見た覚えがありました。

12歳の小学生にしては、なんとも渋い(?)リクエスト。

結局、長男にはじゃがりことニコダマをプレゼントしたのでした。

Dsc01370

Dsc01369

さらに、バースデーケーキはというと…。

Dsc01366 ←これまた長男の希望で、ショートケーキをいろいろ。

家族それぞれが好きなケーキを2個づつ選びましたが

長男だけでなく、娘も次男も、嫁さんも

「食べたいケーキが食べられて、こんなのもいいね~。」

と大好評でした。

ちなみに、誕生日だからとろうそくを立ててみたのですが…。

Dsc01368_2 ←なんとも不思議な光景(?)。こちらも子どもたちには大ウケでした…。

|

« 積雪の新年 | トップページ | 土壇場で急展開(うまくいきました!編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100228/50733475

この記事へのトラックバック一覧です: じゃがりことニコダマとショートケーキ:

« 積雪の新年 | トップページ | 土壇場で急展開(うまくいきました!編) »