« 絹代さん&スタッフの方に感謝…娘60キロ完走!(前編) | トップページ | ビデオ撮影ダブルヘッダー »

2010年10月12日 (火)

絹代さん&スタッフの方に感謝…娘60キロ完走!(後編)

絹代さんは、同じグループ(Eグループ)だったのでした。

僕と、がんばってきつい坂を上る娘は、だんだんとグループのうしろになってきていましたが、絹代さんはそのうしろで、今回のイベントで様々なサポートしてくださる山鳥レーシングのスタッフの方と走られていました。

少しきつそうな表情の娘。

「行けるところまででいいぞ。無理はするな。」と僕。

結局、娘は上り坂途中で「もうだめ。」と言い、自転車から降りて押して行くことに…。

そんな娘にスタッフの方と絹代さんは

「よくここまでがんばって上ったね。すごいじゃん。」

と娘に声をかけて下さりました。

確かに、娘が自転車から降りたあたり前後は、ぱらぱらではありましたが、上りきれずに押して行く参加者の方もいらっしゃいました。

親バカを差し引いても、よくここまでがんばったな~、と僕も思ったほどでしたが

親以外の人からほめてもらったことが、娘にとってはかなり大きかったようで

上り坂が終るところからサドルに再びまたがり、元気いっぱいに走りはじめました。

このポイントから途中、1ヶ所休憩ポイントをはさんで最初のASである多々羅しまなみ公園までの区間、スタッフの方と絹代さんと一緒に走りました。

スタッフの方も絹代さんも、とても気さくに娘や僕に話しかけて下さりました。

加えて、130キロコースや90キロコースの方々も対向車線から、あるいは追い越しながら「おお~、がんばれよ~!!」と娘に声をかけて下さりました。

こういったこともあり、僕はもちろんのこと、娘も楽しみながら休憩ポイント以外で一度も途中で止まることはなく、快調に走ることができました。

AM11:00頃、多々羅しまなみ公園ASに到着。

Dsc00630 ←多々羅ASの様子。ASでは冷凍みかんやペットの天然水、キャンデーなどがふるまわれていました。バックの橋は、このあとアタックすることになる、多々羅大橋。

Dsc00633 ←僕らよりひと足早くASに着き、今後のルートをチェックしていた長男。グループの中位あたりを走っていたとか(本人・談)。

Dsc00626 ←キャンディー&冷凍みかんをほおばる子どもたち

しばらくして…。

「Eグループ、出発しま~す。」

張り切って集合ポイントに集まる長男と娘。僕は娘に

「もう出発できるか?走れるか?ここは橋のたもとじぇけえ、すぐに上り坂だよ。」

と言い、前グループが橋の上部に向かって走る姿を指差しながら尋ねると

「さっきの坂(大三島)よりきついかな~。」と娘。

「いや、さっきの坂よりはきつくないけど、あの橋の高さまで行くよ。」と僕が言うと

「行ける気がする。」と涼しい顔でニッコリの娘。

ほどなくして、Eグループ出発。すぐに上り坂に突入。

長男はあっという間にはるかかなたへ。

娘は…さっきの長い坂とは走りが一変、橋に向かってばりばりと上っていくではありませんか。

オヤジの心配はどこへやら、娘はあっという間に橋まで上りきりました。

多々羅大橋を渡ったあとは下り坂でしたが、娘はここでも軽快に走りました。

「普段も子どもさんたちと走りに行ったりするんですか?」

後方で走りながら声をかけて下さる絹代さん。

「そうですね。でも普段は近所をちょこちょこ走るぐらいで、せいぜい20キロぐらいですよ。」と僕。

山鳥レーシングの方は道中の見どころやエピソードを話して下さりました。

多々羅ASから次の万田発酵ASまでの23.1キロは「グルメライド」とでもいうべきコースでした。

ここでは、道中みんなで立ち寄ったお店や風景の画像で振り返ります。

Dsc00635 ←瀬戸田のいい感じの商店街。時間は12時半頃。スタッフの方がおいしい揚げたてのコロッケ店を紹介され、参加者の大半が並んで1個80円のコロッケを買いました。

Dsc00636 ←コロッケ店の前で。「おいしいね。」と長男と娘。

僕らももちろんコロッケを買い、近くの空き地で食べていると、ここでも絹代さんやスタッフの方が僕らに声をかけて下さりました。

Dsc00642 ←同じくスタッフの方おすすめの、瀬戸田のドルチェというジェラートで有名な店。ここも参加者こぞってアイスを買い、みんなで食べました。

Dsc00639 ←長男は瀬戸田の夏ミカン、娘はチョコチップ、僕は伯方の塩アイスを食べました。

広い駐車場は車ではなく自転車が占拠。アイス片手にみなさん談笑で盛り上がっていました。ちなみに、この道路の反対側は海。

このあと、生口島橋へ。上り坂にアタックする子どもたち。相変わらずロケットスタートで一気に駆け上がる長男。またもや、あっという間にはるかかなたへ。一方娘は、スピードはそこそこながら、必要に応じてハンドルのブレが少ないダンシングとシッティングを効率よく繰り返し、軽々と上っていきました。へばることもなく安定した走りで何かコツをつかんだ様子。大人たちと混じっての堂々とした走りに伴走のオヤジは感動(←親バカ)。

そして、PM2:00、昼食ポイントでもある万田発酵ASに到着。ようやく昼食。

Dsc00644 ←万田発酵AS。昼食(メニューは次の画像)、万田酵素入りキャンディー、ペット天然水がふるまわれました。

Dsc00645 ←お昼を食べながら休憩する子どもたち。

Dsc00646 ←これが昼食。瀬戸田名物のしょうゆめし(貝柱、お肉、しいたけなどが入った炊き込みご飯で、しいたけが苦手な長男も、にんじんなど野菜が苦手な娘も「おいしい!」と食べまくり)と万田酵素入りにゅうめん。すっかり満腹になりました。

2:30、AS出発。ここからゴールまでは約15キロ。この区間からゴール地点までの大半も、また、絹代さんやスタッフの方と話しながら走ることに。

途中、またもやスタッフの方おすすめのお店で「はっさく大福」を休憩がてらいただき(何とタダでふるまわれていました!)。お餅の甘さと中のはっさくのすっぱさ&冷たさが最高でした。「これ(=はっさく大福)を楽しみにしていたんですよ。」と絹代さん。

Dsc00648 ←はっさく大福を食べる娘。最初は「おいし~♪」と言ってましたが、はっさくのすっぱさに半分残して「あとはお父さん食べて。」娘には少し大人の味(?)だったかも!?

Dsc00649 ←はっさく大福の店の前で。画像右側の白いロードが絹代さんが乗られていたトレック。いかにも軽そう(&高価そう)な自転車でした。すぐ近くに停めようとした娘に「当たって倒したら大ごとじゃ。」と言い、少し離して停めました(画像左端の赤いルイガノが娘、その隣のブルーのスペシャが僕の自転車です)。

はっさく大福を食べて、いよいよ最終区間の残り8キロ弱。因島大橋へ。

橋に続く

Dsc00652 ←因島大橋へ続く上り坂にアタックする娘。

「この子の体力はすごいですね~。こんなに走ってるのに、まだスタートしたばかりみたい。一体あの細い足のどこからパワーがでるんだろう。シングルギアのキッズバイクですよ。」と絹代さん。

「自然につま先でペダリングしてますね~。教えないと普通はかかとでこぐのに…すごいな~。」と山鳥レーシングのスタッフの方。

お世辞だったとしても、自分のことのようにうれしかったです。

因島大橋もクリア。よし、この勢いで一気に残り数キロを走り抜けよう…と意気揚々の娘でしたが、ゴール地点直前に、大人でもへばる方がいらっしゃったほどの長い長い坂が…さすがに途中から自転車を降りて押して行った娘。ここで長く一緒に走ってくださった絹代さんは「先に行きますね。」と、あっという間にはるか彼方へ。

上り坂を抜けると、最後の下りを走り、PM4:00、ついにゴール地点の向島運動公園に到着!!

Dsc00660 ←一足早くゴールインしていた長男。

Dsc00655 ←娘も60キロ無事完走。

Dsc00659_2 ←ついでにオヤジも…。

ゴールした直後「やったね~!!がんばったね~!!」と絹代さんが娘に声をかけてくださりました。

「ありがとうございます!!絹代さんやスタッフのみなさんがすごく声かけてくださったので、娘もがんばれたと思います。」と僕。

絹代さんは、このあと、ルイガノの販売ブースの人やあの今中大介さんにも娘のことを紹介してくださりました。

「この子なんですよ~。60キロ走ったんですよ、シングルスピードで…。」と今中大介さんに娘を紹介して下さりました。「へえ~すごいな~。」と今中さん。恐れ多いお二方を前に内心緊張しながら、写真を撮らせていただきました。

Dsc00667 ←絹代さん、娘、今中大介さんの3ショット。

キャットアイの販売ブースでは、同じEグループで走った方がブースのスタッフとしていらっしゃり、長男と娘に「二人ともよくがんばられたから…」と、リフレクター付きキーホルダーを下さりました。

こうして、しまなみでの楽しい1日が無事終りました…。

と、しめくくりたいところですが、実はおまけの話が一つ。

前述のルイガノのブースで、ルイガノのキッズバイクでカタログを見た娘がいきなり

「お父さん、今度はこの自転車がいい!」

彼女が指差した先には、ルイガノのキッズMTB・LGS-J24(カラー:オレンジ)の写真が…。どうやら、今回のイベント参加で、娘の自転車熱がまた上がったようです。

購入資金をどうする?いつ買えるのか?…etc.買うとなると、課題は山積み(?)ですが、今回のイベント参加で、娘の自転車熱がまた上がったことは確かなようです。

天気にも恵まれ、娘や長男と楽しく(おいしく?)走れた今回のしまなみ。

山鳥レーシングのスタッフのみなさん、絹代さん、イベント関係者の方々、娘や長男に声をかけてくださった多くの方々に感謝…なのです。

]

|

« 絹代さん&スタッフの方に感謝…娘60キロ完走!(前編) | トップページ | ビデオ撮影ダブルヘッダー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100228/49725419

この記事へのトラックバック一覧です: 絹代さん&スタッフの方に感謝…娘60キロ完走!(後編):

« 絹代さん&スタッフの方に感謝…娘60キロ完走!(前編) | トップページ | ビデオ撮影ダブルヘッダー »