« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月20日 (月)

海でも山でもびしょぬれ&泥んこ!

この3連休は怒涛のように外出三昧でした。

もちろん、家族で、です。

特に昨日と今日は激しかった(?)

昨日は島根県・浜田にある水族館・アクアスに行きました。ここは子どもたちが小さい頃からよく連れて行っているスポットです。

水族館もですが、隣接の公園に遊具があったり、しばしばイベントをしていたり、また、少し歩くと砂浜の海岸(石見海浜公園)があったりと、丸1日楽しく過ごすことができます。

今回、浜田道が無料化実施中ということもあり、広島IC~(山陽道)~広島JCT~(広島道)~広島北JCT~(中国道)~千代田JCT~(浜田道)~浜田JCT~(山陰道)~浜田東IC(…こう書くとわけがかかりませんなあ)の料金が、片道550円と超激安(?)でした。

水族館をまわり、昼食がてら公園でやっているイベントを見たあと、砂浜の公園へ。昨日はとても暑い日でしたが、天気は良く、海の色も鮮やかなブルーでした。

Dsc00321 ←子どもたちは波を追いかけまわしたり逃げたりしておおはしゃぎ。そのうち…。

Dsc00326 ←服が濡れた次男(画像右端)はパンツ一丁に…。

このあと、娘もTシャツが濡れてしまい上着を脱いだり、長男は服を着たまま首から下を砂に埋めて遊んだり…。

3人ともびしょぬれ&泥んこになりながらダイナミックな遊びを繰り広げ(?)ました。

もちろん、こうなることは予想済み(?)でしたので、着替えは準備していました。

また、ラッキーなことにこの公園にはコイン式シャワーがあるので、帰る前に体をきれいに洗い、そのあときれいな服に着替えました。

そして今日は山に行きました。

広島県北にある深入山(1153m)の登山です。

ちなみに高速道路は、広島IC~広島北JCTは昨日と同じルートで、広島北JCTからは中国道に乗り戸河内IC下車。料金は片道650円でした(今日も安かった!)

自宅を出た時から高速を走っている時はずっと晴天でしたが、出発地点(いこいの村ひろしま)に着く直前から、ものすごい雨。

一時は登山をやめて帰ろうかと思ったものの、しばらくすると雨はあがり晴天に…結局、登山をすることにしました。

1153mとはいっても、出発地点で既に標高は700~800mはありますが、1.4キロの上り坂を1時間弱かけて歩きました。

山頂に着く直前でものすごい雨が降りみんなびしょびしょになったものの、山頂に着くと雨は止み、その後は霧が晴れて絶景を拝むことができました。

Dsc00345 ←山頂でもダイナミックに遊ぶ(?)3兄弟。

Dsc00349 ←僕は子どもたちをながめつつ、写真やビデオカメラでその様を撮ったり、無線を楽しんだりして(画像は持って行った無線機)過ごしました。

1時間近く山頂で遊んだあと、下山開始。

Dsc00358 ←下山も疲れを知らない3兄弟の図(?)。

子どもたちはここでもびしょぬれ&泥んこになりましたが、

いこいの村ひろしまにはありがたいことに日帰り温泉があります。

しかも入湯料は大人500円、小学生300円、と5人家族には嬉しいリーズナブルさ。

ゆっくりお風呂に入った後、きれいな服に着替えてすっきり。

この2日間、海に山にと大遊びした子どもたちでした。

ちなみに明日とあさって、子どもたちは当然学校ですが

あさっての夜は子育てナイターのチケットが当たったため、野球(カープ)観戦に行きます。

そして、その次の日は秋分の日でお休み。

さらに今週末は小学校の運動会。

子どもたちにとっても僕たち親にとっても、まだまだ忙しい日々が続きそうです…。

さすがに、野球場で「びしょぬれ&泥んこ」はないでしょうが…(汗)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月19日 (日)

長男・娘としまなみ走破だ!

10月9~10日に行われる「CYCLEMODEしまなみアイランドライド2010」に60キロのコースにエントリーしました。

しまなみ海道を走るのは、2006年以来4年ぶり。思えば、自転車から遠ざかっていた僕が再び自転車に目覚めて初めて参加したイベントが丁度10年前の2000年に行われた「2thツール・ド・しまなみ」。前年に、フレームに一目ぼれ(若い頃から好きだったミキストだったのです)して買った、6段変速のシティバイクで参加し、初めてしまなみ尾道~今治を走破。今中大介さんがスペシャルゲストとして参加され、サインをしていただいたTシャツは今でも宝物だったりします。

以後しばらくは「イベント参加」という形で年1回はしまなみを走っていたものです。

そんな思い出が数々詰まった「しまなみライド」ですが、今年は今までとは違うメンツで参加する予定です。

今年は僕一人だけではなく、小6の長男、小3の娘と3人で走ります。

ちなみにこのメンツでのサイクルイベント参加は去年10月の「ツール・ド・しものせき」以来1年ぶり2度目となります。

長男は小さい頃から一緒にツーリングやポタリング、イベント参加等、それなりに場数を踏んでいるので、彼の体力を考えても60キロは楽勝でしょう(実際、60キロコースにエントリーしたことを長男に話した時「え~、60キロ?130キロコースとか走ってみたかったのに…。」と長男はほざいておりました…)。

が、娘は長い距離を走ったことはありません。

去年の「ツール・ド・しものせき」は自転車さんぽ(THT24in下関)にエントリー。トータルでも20キロ程度の距離でした。

果たして、60キロ走れるのか…不安がないわけではありませんが、

それでも今回エントリーしたのは、ここ最近の娘の自転車熱が少なからず影響していたりします。

タイムを競うレースじゃないし、景色を楽しんだりしながらゆっくり完走できればいいかな、等と思っております。

娘にはサイクルイベントの楽しさをもっと知ってもらうことこそが、ひそかな目標なのです(長男には物足りないようですが…)。

ともあれ、しまなみまであと3週間。今から待ち遠しいオヤジなのです…。

<今回のしまなみはこれで走ります>

Dsc00537 ←長男の愛車「ジャイアントMTX220」。小3の頃から乗っていて、今やサドルは彼の成長とともに上がっております(この画像は新車時のもの)。日々の遊びのお供にも大活躍のこの自転車、荒く扱われていて、今やディレイラーハンガーやボトルケージはボッコボコに…でも決して日常使いでもカゴが欲しいとは言わない長男の姿をオヤジはひそかにうれしかったりします(実は、カゴなしは長男のこだわりじゃなくて単にどうでもいいだけなのかも知れませんが…)。

Dsc08257 ←娘の愛車「ルイガノLGS-J20」。小1の頃から乗っています。自転車自体は女の子仕様ではありませんが、購入時にピンクのコンパクトミラー付きベルとキティちゃんのワイヤー錠を買うと、大喜びでした(その後、赤いボトルケージを装着)。学年が上がるにつれて、友達はカワイイ系のパステルカラーやキラキラの入った自転車に乗る子が多い中「友達の自転車はカワイイけど重いんよ。次はお兄ちゃんみたいな軽くて1とか2とか切り替えるのがついていて(=変速機のこと)、色がカワイイのが良い。」とのこと。普段近所に遊びに行く時はカゴがあると便利なんだ、とのことで、つい最近、脱着式の大型バスケットを取り付けています。

ちなみにこの自転車、娘は大事に乗っているのですが、購入当初(画像)のような鮮やかな赤い塗装が今やかなり褪せており(一部のフレームは赤→ピンク→白に変化)、少し無残な姿になっております。

Dsc05647 ←そしてオヤジの僕は「(前述の)BSトラコン」…ではなく「スペシャライズド・シラス」

<おまけの話>

トラコンといえば…来週末(9月25~26日)、江田島でミニベロのイベントがあるんですね~。いろんなミニベロの試乗会もあるとか。ちょこっとのぞいてみようかな~(話がしまなみから外れてしまいました、スミマセン…汗)。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年9月18日 (土)

トランジットコンパクト改、ついに完成!

Dsc00270 この春から粛々と(?)すすめていた、トランジットコンパクトの改造が一応の完成をみました。

もともとちょい乗り用としてノーマルのまま使っていたこのトラコン、3月に出張で東京に行った際に「第一次改造」をミニベロの改造で有名な某ショップさんに依頼(この時の改造点の詳細は、以前(4月10日のつぶやき「帰ってきたトラコンに感動!」)にアップしてますので興味のある方はそちらもご参照下さいませ~)。

今回の「第二次改造」の大半は、いつも我が家の愛車の面倒を見て下さっている近所のショップにお願いしました。

今回の改造点

Dsc00261 ←その1…シートポスト、サドル、シートクイックの交換。

先述の東京の某ショップさんで販売されている、トラコン用のロングシートポストとトラコン用シートクイックを取り寄せ、元々ついていた純正パーツを交換。ついでに、ママチャリ然としていた厚くて重い純正サドルを薄くて軽いものに交換。

Dsc00268 ←その2…シフターをピアノタッチ式からグリップシフターに交換。

そして、今回最大の改造は…。

Dsc00257 ←その3…クランクを純正の重い鉄製のものから、シマノ・カプレオに交換。

実は「第一次改造」の時、東京でクランクの交換も検討したのですが、予算の都合とその時点での必要性を感じなかったことから、見送っていたのでした。

その後、交換の必要性を感じ、いつものショップの店長さんに相談し、予算的にも十分いけそうなカプレオに交換することになったわけです。

あと、ちょこっとした部分(?)で

Dsc00269 ←その4…これまで取り付けていなかったボトルケージと

Dsc00271

Dsc00260_4 ←その5…小径車必須アイテム(?)のL字型バルブアダプターを前後輪に装着。

…さすがにこれぐらいは自分でしましたが…(汗)。

昨日、ショップから持ち帰って来たばかりのトラコン改で、今日は近所の公園まで、娘を連れてプチポタリングをしました。

これが何と…軽いこと!!

「第一次改造」で多段化したため、どうしても変速機分の重量がかかっていたのですが、サドルとクランクの軽量化により、走りが劇的に軽快になったどころか、車からの積み降ろしや車への積み込み等、少し楽になった気がします。シフターもストレスフリーで、それなりにカチッカチッと決まり、なかなか良い感じ。

Dsc00274 ←走行テスト中(?)の僕(撮影=娘)。

本格的なスポーツバイクではないので、どちらかというと快適さを重視した今回のトラコンの改造でしたが、満足いく仕上がりとなりました。

シラスの700cでバリバリ走るのもいいけれど、ゆるゆるちょこちょこと(時にはプチ本気モードで)トラコンで走るのも楽しいかも。

明日の朝は、これでゆるポタでもしようかな~。

<おまけの話>このトラコン、小3の娘もシートを一番下まで下げると何とか乗れました。この時、シフターの使い方を教えたところ、すぐに覚えて「(カチッ)わ~、軽くなった!(カチッ、カチッ)わ~、スピードが出る!」と大喜び。彼女が今乗っている自転車(ルイガノLGS-J20)は軽いけどシングルスピードということもあり「次の自転車はお兄ちゃんのようなギアが変わる(=小6の長男、ジャイアントMTX220)軽い自転車にしてよ。」と言っている娘。今回のシフター操作の初体験で、内装式とはいえ変速機付きがいい、と実感したのではないかと思います。いつになるのかはわかりませんが、今から娘の自転車の次の買い替えがなぜか楽しみ(?)なオヤジなのです…(自分の自転車の買い替えでもなく、なおかつ出費をする立場なのに…ワクワクするのはなぜなんでしょうねぇ…)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »