« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月26日 (月)

これからもよろしくです

とうとう、このつぶやきを始めて6年目に突入しました。

振り返れば、始めたのが36歳(4月生まれで誕生日直前でしたので…)の頃。

つい昨日ですが、42歳になりました。時の流れは早いものです(?)

この間、アクセス数は40000を超えて現在に至っています。

のぞいて下さっているみなさんに感謝!!です。

僕のブログは日々のちょこっとしたことをちょこっと書く…のではなく

ちょこっとしたことも長々と書くスタイルですね~。

つぶやいた出来事の状況が少しでもリアルに感じていただければ、との思いもあり

このようなスタイルで更新しております。

文章が長々と続いて読みづらいこともあるかとは思いますが

その点はご容赦いただきつつ、これからもよろしくです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月24日 (土)

小6長男・5年ぶりの告白

それは今日、長男と次男を車に乗せてのおでかけに出発した直後のことでした。

地元のくもん教室を通り過ぎる時、長男が言いました。

「僕ね、今思えばあの時、やっぱりくもんに行っておけばよかったなあ~、と思うんよ。…今からはもう行きたくないけどね。」

あの時とは、丁度今から5年前。長男が小学校に入学直後の時のこと。

保育園からの友達数人が通っているから行ってみたら…と嫁さんが長男に言い、そのくもん教室を見学。そして、次に教室に行った時には申し込み&初授業(?)のはずでした。ところが…。

長男は教室に入るなり「やっぱり行きたくないっ!」と態度が急変。引き止める嫁さんを振り払い、教室から飛び出したのでした(と、その日仕事から帰宅した僕は、困り顔の嫁さんからその顛末を聞いた覚えがあります)。

なぜ長男は突然行かない、と言い出したのか?それまで(保育園の頃)は嫌なことがあっても、あそこまでかたくなに激しくNOの態度を示すことはなかった長男のこと、逃げるようにして教室を出るほどとは…その前に教室に行った時は行く気まんまんだっただけに、何かしらの思いがあったのだと思うのですが、その日長男に理由をたずねても、彼は理由を話しませんでした。

嫁さんは理由も言わない長男に怒り心頭でしたが(まあ、嫁さんからすればいきなりの「脱走」でしたから、怒る気持ちもわからないでもないですが)、無理やり行かせても良いことにはならないだろうから…と、通わすのはやめることにしました。

後日、嫁さんがくもん教室の先生にお詫びと長男のことを伝えると「また来たくなったらで良いですよ。教室の雰囲気に戸惑われたのかも知れませんし。一応、プリントをお渡ししますので、ご自宅でやって持ってきてもらっても良いですし、されなかったらそれでも良いですから…。」とのことだったそうです(先生には申し訳なかったなあ…と、当時思ったものです)。

結局、長男はくもんの教室に通うことはその後全くありませんでした。

話は今日に戻って…。

「お父さん、あの時僕が何でくもんに行きたくなくなったか、教えてあげようか?」と長男。

「そうだな。…教えてくれるか?」と僕。

「実はね、1回目に行った時は、保育園(時代)からの友達がいっぱいおって楽しそうだったんよ。でもね、2回目に行った時、知っとる人(=友達)が全然おらんかったんよ。中学生みたいな人ばっかりだったけえ、行きたくなくなったんじゃ。」と長男。

「そうか…そうだったのか~。そりゃあ、行きたくなくなるのう。お父さんがお前(=の立場)だったら、やっぱり同じようにびっくりするし、友達がおらんかったら嫌だな~とか思う気がするな。」と僕。

5年が経ってわかった真実。当時小1の小さな心の、せいいっぱいの「抵抗」だったのでしょう。

忘れかけていたけれど、あの時の長男の気持ちがようやくわかって、胸のどこかにあったつかえが取れた、そんな長男との会話でした…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月10日 (土)

帰ってきたトラコンに感動!

3月に東京に出張に行った際に某ショップにパーツ交換を依頼して置いて帰ったトランジットコンパクトが発送されて、帰ってきました。

Dsc08934 ←これがパーツ交換されたトラコン。どこが変わったかというと…

その1:ホイール

Dsc08935 ←純正では樹脂製でしたがアルミリム&スチールスポークに交換

その2:しかもフロントハブは…

Dsc08936 ←シマノの小径車専用コンポ「カプレオ」

その3:リアメカはというと…

Dsc08937 ←純正ではシングルスピードでしたがシマノのコンフォート車用コンポ「NEXUSインター3」に換装。ついでにブレーキも「NEXUSインターM」に交換。

Dsc08940 ←NEXUSインター3ハブ

その4:ペダルを折りたたみ式に交換(純正は折りたためないタイプでした)。

以上の改造手術を施されて帰ってきた(?)トラコンに乗り早速走ってみましたが…もうこれが快適なこと!

特にショップのすすすめでインター3化したのですが、これが大正解!心配していた、内装変速機の重量もさほど感じることはなく、むしろシングルスピードの頃以上に軽快に走るようになりました。リアブレーキは、去年純正のバンドブレーキからローラーブレーキに交換していたのでそれなりに利きは改善していたのですが、今回さらに利きが良くなりました。

但し、一つ困ったことが発生!それは…

Dsc08944 ←このシフトレバー。ピアノタッチ式と呼ばれているこのレバーは人差し指でシフトアップ、親指でシフトダウンなのですが…

この指の操作がもう一つの愛車・シラスと間逆なのです。

今日、トラコンを走らせて入る時に、さてシフトアップだ!とばかりにシラスの感覚で親指でカチッとやると…いきなりクランクが軽くなってびっくり!!

…ということが、数回ありました。

と、いうことで、早速近所のショップに行って、シマノのレボシフターに交換するため、パーツのオーダーをいれました。

ついでに、東京のショップですすめられたパーツが高価だったためて断念したクランクの交換もすることにし、これも近所のショップにてシマノ「カプレオ」のオーダーを入れました。

さらなる改造が完了したら、またご報告いたします。

まあ、現時点では多少の難はあるものの、とりあえずはパーツ交換して大正解だったな~、と実感いるところなのです…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 6日 (火)

入学&新学期あれこれ

今日、次男の小学校で入学式がありました。

これで我が家の子どもたち全員が小学生となりました。

慣れないランドセルを背負い、制服を着て学校へ。

クラス発表のあと、教室に次男を連れて行き、僕と嫁さんは会場の体育館へ移動。

入口のドアを開けると…そこには6年生になった長男と数名のクラスメートがいました。

6年生は、入学式のいわば「サポート役」を担っていたらしく

長男とそこにいたクラスメートは、体育館の案内係をしていました。

ついこの間、それこそ右も左もわからない感じで入学式にのぞんだはずの長男(と僕ら親も)だったのに、もう6年生だもんな~。

…とあらためて長男の成長を何気に実感したのでした。

入学式が終わり、次男の教室へ行き、オリエンテーションに参加。

先生が、子どもたちに封筒に入った様々な配付物を渡したあと、保護者への説明に入りました。

この間、配付物を出して中身を見ていた次男。ところが見終わって封筒に入れようとしても配付物がかさばり、うまく入りません。

何度挑戦しても、うまく入らないまま、時間が過ぎていきました。

数分経ち保護者への説明が終った頃、次男はタイミングよく、まだ顔合わせして間がない先生にひと言。

「先生、お手紙入れて。」

6年生になった今でも、自分から(特になじみの薄い人に)声をかけることが苦手な長男。

長男ほどではないけれど、やはり少し人見知りする傾向がある(?)娘。

上の二人が次男の立場なら

長男だったら、最後まで一人で何とかがんばって封筒に入れようとするでしょうし

娘だったら、一旦はあきらめて、オリエンテーションが終ったあと僕か嫁さんに入れてもらう(もしくは手伝ってもらう)でしょう。

明らかに上の二人とは間逆なものおじしない次男の行動に、たのもしくも苦笑いの僕と嫁さんでした。

最後に、3年生になった娘ですが…。

お風呂につかりながら、ぽつりとひと言。

「あ~あ、明日から学校だよね。いやだな~。」

クラス替えがあり(ちなみに長男はいわゆる「持ち上がり」となったため、担任の先生もクラスメートもかわらず)、娘のこの度の担任の先生は厳しいことで知られているらしいのです。

さらに、2年生の頃遊んでいた仲の良い友達はほとんどが他のクラスになったこともあり少しブルーになっている様子。

「まあまあ、先生は叱られるようなことをしなければ大丈夫だろうし、新しい友達がすぐできるよ、きっと。」

僕と嫁さんが言うも

「そうかなぁ…。」

と娘。

6年生になったものの環境はさほど変わったわけでもなく余裕の笑み(?)でサポート役をこなしていた長男。

一方、小学校という初めての環境にも全くものおじしない次男。

ビミョーに環境が変わり、戸惑い気味な娘。

いつもながら、三者三様。

それぞれが思いを抱えて、今日から新しい学校生活がスタートしたのでした…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 4日 (日)

春とともに新しい生活スタート!

4月になり、大きく生活が変わりました。

僕自身のことでいえば、12年ぶりの転勤。この1日からこれまでの勤務地だった広島市西部郊外から市内中心部へ変わり、当然、通勤ルートも変わりました。

通勤距離は格段に短くなったものの、市内中心部への幹線道路はものすごいラッシュなので、自宅を出る時間は今までとほぼ同じです。が(詳しくは後述しますが)、次男を保育園に送っていく必要がなくなったため、朝から自分の支度をばたばたとしながら次男をせかせてあわてて家を飛び出す…等といったこともなくなったために、気持ちの面ではゆとりを持って出勤できるようになりました。

当然、仕事帰りの「おむかえ」もなくなりました。思えば、長男が保育園に通い始めてから10年に渡り嫁さんや時には母親とかわるがわる毎日してきた「おむかえ」も、この3月で終了。「そろそろ職場を出んと(保育園に)間に合わんかな…」と時計を気にしながら仕事をする…といったこともなくなったわけです。それはそれで寂しい面もあるのですが…。

勤務地の職場環境については、3月までの勤務地より、全体的組織が大きいは、業務も以前の勤務地とは違うは、そもそも業務が年度始めで本格稼動していないは…etc.で、正直いろんな戸惑いはあります。

が、さすがにもう立場的には「中堅どころ」なので「どうしよう~」などと不安がっているわけにはいきません。いろんなことを吸収して、少しでも早く新しい職場での仕事を「ものにしていこう」かと思っています。

家庭では、次男が保育園を卒園し、間もなく(来週)小学校の入学式があります。これに先行する形(?)で、1日から学童保育に通い初めました。

初日は、夕方仕事帰りに次男を迎えに行きましたが、一緒に通う小3の娘曰く「今日はいい子してたよ。」とのこと。まあ、まだいわゆる「ねこかぶり状態(?)」ですので、小学校のスタートと合わせて次男の本領発揮(?)はこれからなんでしょうね。

あと、小さいことですが、自転車がちょこっとリニューアルしました。シラスのグリップを新品に交換したのと、ケーブル類を新品に交換しました。

通勤は帰る時のこともあって基本的にマイカーですが、自宅から勤務地までの距離は前の勤務地よりはるかに近くなったので、たまにはツーキニストもいいかも…等とたくらんでいるところです。

僕なりにですが、大きく変わったこの春からの生活。まあ、あせらずぼちぼちといきましょうか…といったところが今の正直な思いなのです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »