« 本当にカウントダウン | トップページ | 春とともに新しい生活スタート! »

2010年3月27日 (土)

めんるいをたべにいくよ!(本当にカウントダウン・2)

次男の保育園の給食は、平日はおかずのみ準備して下さります。

なので、毎日お弁当箱にはごはんのみをつめていきます。

ですが、土曜日だけはいわゆる「完全給食」で

しかも、多くの子どもたちが大好きな(?)麺類なのです。

僕も嫁さんも、仕事は基本的には土日が休みなので

何かの事情がない限りは、土曜日に次男を保育園にあずけることはあまりありませんでした。

が、考えてみれば、今日が次男にとっては保育園生活最後の土曜日。

嫁さんも僕も午前中、外出の予定はあったものの

丁度、今日から春休みに入った長男や娘が家にいて留守番をしてくれるため

次男をわざわざ保育園にあずける必要もなかったのですが

昨日次男に

「明日、保育園に行ってみるか?土曜日の保育園はもう最後だぞ。もし行くなら、お天気だったらお父さんが自転車で連れて行ってやるし、給食を食べて、おひるむかえにしてもいいよ。」

と話したところ

「うん、保育園に行きたい!!」

と、二つ返事の次男。

次男にとっては

1=自転車で行けること(普段の送り迎えは車)

2=おひるむかえができること(普段は夕方しかも6時半頃のおむかえ)

3=麺類の給食(平日は前述のとおり)

…と3つの「うれしいこと」があったからでしょう。

あまりにうれしかったのか

寝る前に言った、次男のひと言が面白かったです。それは…

「よお~し、明日は保育園にめんるいをたべにいくよ~!」

結局、保育園におひるすぎまで行くことになりました。

平日はあわただしく車に乗り込んで保育園に行くわけですが

今日は、数年前に「パパチャリ化」したニシキのクロスバイクのうしろに次男を乗せて

ゆるゆると保育園へ。

Dsc08754 ←道中、次男とお花見をしながら保育園に向かいました。

保育園に着くと、やはりいつものあわただしさはなく、園庭ものどか。

「今日、おひる1時すぎにおむかえに来ますので、よろしくお願いします。」

と先生にお伝えして次男としばしお別れ。

ちなみに、今日の当番の先生は、次男が大好きな先生でした。

…さて、昼1時過ぎ。

次男をおむかえにいくと…何と次男はおひるね中。

保育園の年長組に子どもさんをあずけた経験のあるお母さん、お父さん方の中にはご存知の方もいらっしゃるかと思うのですが

年長組の後半になると、保育園での「おひるねタイム」は、小学校生活のリズム作りのためになくなります。

ですから、次男が保育園でおひるねするのは久しぶりのこと。

「おとうさんがきたよ、おきてよ~。」

先生にやさしく起こされる次男…ああ、こんな光景を眺めるのも最後だな~

…と思いつつ、寝ぼけ顔ながらようやく起きた次男の手を引いて先生にごあいさつ。

帰り際に、先生に

「実は、今日は(次男は)麺類の給食が食べたくって保育園に来たんですよ。昨日、保育園に行くか、って話したら、麺類を食べに行くよ~って、ノリノリでね。」

と伝えると、先生はクスクスッと笑いながら

「ああ、そうだったの。今日は肉うどんだったんよ。よく食べてたよ。それはよかった。」

帰る道中、桜並木を自転車で走りながら

「今日の保育園、どうだった?」

と尋ねると次男は

「うん、楽しかったよ。お給食は肉うどんだったし。」

満面の笑みの次男でした。

週明けの月、火、水の3日間で

いよいよ次男の保育園生活も

そして僕と嫁さんの10年間の保育園通いも

本当のクライマックス。

残り3日間、しっかりとかみしめながら

長男と保育園に行こうと思っています。

|

« 本当にカウントダウン | トップページ | 春とともに新しい生活スタート! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100228/47926631

この記事へのトラックバック一覧です: めんるいをたべにいくよ!(本当にカウントダウン・2):

« 本当にカウントダウン | トップページ | 春とともに新しい生活スタート! »