« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月27日 (土)

めんるいをたべにいくよ!(本当にカウントダウン・2)

次男の保育園の給食は、平日はおかずのみ準備して下さります。

なので、毎日お弁当箱にはごはんのみをつめていきます。

ですが、土曜日だけはいわゆる「完全給食」で

しかも、多くの子どもたちが大好きな(?)麺類なのです。

僕も嫁さんも、仕事は基本的には土日が休みなので

何かの事情がない限りは、土曜日に次男を保育園にあずけることはあまりありませんでした。

が、考えてみれば、今日が次男にとっては保育園生活最後の土曜日。

嫁さんも僕も午前中、外出の予定はあったものの

丁度、今日から春休みに入った長男や娘が家にいて留守番をしてくれるため

次男をわざわざ保育園にあずける必要もなかったのですが

昨日次男に

「明日、保育園に行ってみるか?土曜日の保育園はもう最後だぞ。もし行くなら、お天気だったらお父さんが自転車で連れて行ってやるし、給食を食べて、おひるむかえにしてもいいよ。」

と話したところ

「うん、保育園に行きたい!!」

と、二つ返事の次男。

次男にとっては

1=自転車で行けること(普段の送り迎えは車)

2=おひるむかえができること(普段は夕方しかも6時半頃のおむかえ)

3=麺類の給食(平日は前述のとおり)

…と3つの「うれしいこと」があったからでしょう。

あまりにうれしかったのか

寝る前に言った、次男のひと言が面白かったです。それは…

「よお~し、明日は保育園にめんるいをたべにいくよ~!」

結局、保育園におひるすぎまで行くことになりました。

平日はあわただしく車に乗り込んで保育園に行くわけですが

今日は、数年前に「パパチャリ化」したニシキのクロスバイクのうしろに次男を乗せて

ゆるゆると保育園へ。

Dsc08754 ←道中、次男とお花見をしながら保育園に向かいました。

保育園に着くと、やはりいつものあわただしさはなく、園庭ものどか。

「今日、おひる1時すぎにおむかえに来ますので、よろしくお願いします。」

と先生にお伝えして次男としばしお別れ。

ちなみに、今日の当番の先生は、次男が大好きな先生でした。

…さて、昼1時過ぎ。

次男をおむかえにいくと…何と次男はおひるね中。

保育園の年長組に子どもさんをあずけた経験のあるお母さん、お父さん方の中にはご存知の方もいらっしゃるかと思うのですが

年長組の後半になると、保育園での「おひるねタイム」は、小学校生活のリズム作りのためになくなります。

ですから、次男が保育園でおひるねするのは久しぶりのこと。

「おとうさんがきたよ、おきてよ~。」

先生にやさしく起こされる次男…ああ、こんな光景を眺めるのも最後だな~

…と思いつつ、寝ぼけ顔ながらようやく起きた次男の手を引いて先生にごあいさつ。

帰り際に、先生に

「実は、今日は(次男は)麺類の給食が食べたくって保育園に来たんですよ。昨日、保育園に行くか、って話したら、麺類を食べに行くよ~って、ノリノリでね。」

と伝えると、先生はクスクスッと笑いながら

「ああ、そうだったの。今日は肉うどんだったんよ。よく食べてたよ。それはよかった。」

帰る道中、桜並木を自転車で走りながら

「今日の保育園、どうだった?」

と尋ねると次男は

「うん、楽しかったよ。お給食は肉うどんだったし。」

満面の笑みの次男でした。

週明けの月、火、水の3日間で

いよいよ次男の保育園生活も

そして僕と嫁さんの10年間の保育園通いも

本当のクライマックス。

残り3日間、しっかりとかみしめながら

長男と保育園に行こうと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月23日 (火)

本当にカウントダウン

今日、次男が通う保育園で卒園式がありました。

僕は保護者会長として、卒園児への贈る言葉を述べたりしました。

卒園式が始まって早々、僕の目はうるうる。

さすがに号泣は食い止めましたが(?)

思えば、まだ1歳とちょっとだった長男を不安いっぱいでこの保育園に通わせ始めたのが、丁度10年前の春のこと。

この間、娘の入園、次男の入園と長男の卒園(そうそう、この年は朝は3人の子どもたちを車に乗せて、毎朝にぎやかに送って行きました)、娘の卒園そして、次男の卒園。

ついでに言うと、これはたまたまなのですが

僕は3人の子どもたちが年長組の年に(つまり3回)保護者会長をしてきました。

ついでのついでに言うと、保護者会長をしない年は副会長をしてきましたが…。

そのため、3人の子どもたちの卒園式はいつも「贈る言葉」を述べてきました。

様々な思い出とともに、次男とともに僕も嫁さんも

もうすぐ10年の保育園生活を「卒園」します。

卒園式は今日ありましたが

3月31日までは保育園に通う予定です。

…と、いうことは

次男の保育園への送り迎えもあと6回(土曜日を入れてもあと7回ですが)。

本当にカウントダウンとなってきました。

明日から、朝夕の車中での次男との楽しいやりとりを心の中でちょこっとかみしめながら

送り迎えをするつもりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月20日 (土)

輪行はしたけれど…(1年ぶりの東京)

先週末、仕事で東京に行ってきました。

金曜日に広島を出発して、日曜日に広島に帰ってきました。

今回の滞在期間は2泊3日。短期間でしたが、1年ぶりの東京をそれなりに堪能(?)してきました。

滞在期間中はずっと晴天で、コートを着て歩くと汗ばむほどの暖かさでした。

仕事の合間やオフのわずかな時間を使って、

東京に行ったら必ず立ち寄る

神田神保町の古本屋街

行くたびに面白いものが見つかる中野ブロードウェイ

青山のホンダウェルカムプラザ(ハイブリッドスポーツカーのCR-Zのステアリングを握って来ました!)

加えて

子どもたちのお土産をさがしに

秋葉原、浜松町、新宿、などをまわってきました。

また

中学校時代の同級生が錦糸町でやっている焼肉店にも立ち寄りました。

そして

いつも東京に行く時はそうしているように、今回も輪行しました。

しかし、今回のおともの自転車は、定番のライトウイング…ではなく、トランジットコンパクト(通称「トラコン」)。

東京にトラコンを持って行ったのは、初めてです。

理由は

ライトウイングより持ち運びが便利だから…

今回は短期滞在なので、いわゆる「サイクリング」はできないので「ちょい乗り」用として…

といった理由ではなく…。

実は、ホイール交換という目的があったからなのです。

東京の某所に小径車のカスタマイズではとても有名なショップがあり

そこで純正のプラホイールをアルミに交換してもらうことにしたのです。

ホイール交換の際、ハブも交換する必要があるらしく、これに合わせて内装3段化もすることになりました。

東京に着いて早々、トラコンが入った輪行バッグを肩にかけて、中央線に乗り換えて西荻窪で下車(この最寄駅でショップにピンとくる方もいらっしゃるのではないでしょうか?)。

Dsc08409 ←東京駅新幹線ホームにて。

Dsc08412 ←西荻窪駅前にて。

ここからは自走。荻窪近辺は今まで立ち寄ったことはなかった場所でしたが、迷うこともなくショップに到着。

その後、ショップの方と交換する部品を確認したり、追加の注文したりと打ち合わせして、トラコンを置いて帰りました。

交換に2週間程度かかるらしく、広島へは郵送で戻ってくる予定です。

…と、いうわけで、今回の東京では、ほんの少ししか自転車に乗れませんでしたが

生まれ変わって帰ってくる(?)トラコンを心待ちにしている今日この頃なのです。

僕にとって、最大の東京土産となりそうです。

<おまけの?画像>

Dsc08421

Dsc08429

Dsc08438

Dsc08440

画像上2枚がホンダウェルカムプラザ(青山)

下2枚が宿泊地近くの東京ドームシティ界隈。

本当に、きれいな青空でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月15日 (月)

PTAはまぬがれた

数日前、小学校のPTAより一通の手紙が届きました。

手紙の内容はというと…

「あなたがPTA会長(もしくは副会長)の候補者として推薦されましたので、○月○日○時に小学校○○室で会議をするので、出席してください…」

といったもの。

子どもたちが通う小学校の保護者会長(副会長)選出のシステムは、全学年全保護者を対象に誰を推薦するか記名してもらい、その推薦得票数が多い順にお父さん8名、お母さん8名の計16名の保護者が「候補者」として選ばれ、この16名に対してこのような手紙が届き、16名から会長1名、副会長5名をこの会議で選ぶ、というもの。

この選出システムは、長男が小学校に入学して早々に知ったこともあり、以後、小学校のPTA活動(役員とか係を担うもの)にはなるべく関わらないようにしてきました。

実際には、保育園や学童保育の保護者会で会長か副会長をここ数年ずっとしてきたので、PTAまでかけもちはできない、という状況もありましたし…。

にも関わらず、推薦されてしまったのはくしくも保育園や学童保育の保護者会活動で関わってきたお父さん、お母さん方が「じゃあ、小学校のPTAもやってくれるだろう」と推薦したのでしょう。

今春、次男が保育園を卒園することで、保育園の保護者会長も無事任期満了となりやっと肩の荷が下りる…と思っていた矢先のこの手紙。

さすがに、保育園や学童保育の保護者会と比べれば、格段に多忙な小学校のPTA。その会長だの副会長だのは、ちょっと腰が引けるというもの。

とはいえ、会議に不参加、というわけにもいかず、とりあえず小学校へ。

行ってみると…まあ、知った顔のお父さんだのお母さんだのの顔がずらり。いずれも、保育園で、学童保育で、もしくは小学校の活動で見かけた(あるいは一緒に役員をやった)人ばかり。

この中からさらに6名が選出…というものの、みんな推薦されて(つまりやりたくて来たのではなくて)集まっている訳なので

「じゃあ、やります!!」と誰かすっと6名が手をあげて「ハイ、決まり!!」とはいきません。

僕にしても、保育園や学童保育ならまだしも

小学校のPTAは「じゃあ、やります!!」と手をあげる勇気はありませんでした。

ところが、過去この会議に出席した、お父さん、お母さん方の話では、決まるまでは会議が終らないらしく、ひどい年は、夜7時過ぎから会議が始まり、誰も決まらないまま日付が超えて深夜まで、とか、もっとひどい年は明け方までかかったとか(!)

それも困るな~と思いつつ、会議は8時をまわりましたが…。

結局、今年度副会長をしたり、PTA活動で学年の世話役をしたお父さん、お母さん方から6名選出されたため、僕も含めて「召集」されていた残りの10名はここで解散。

午前様どころか、夜9時前には「解放」されて良かった…いや、それより会長にも副会長にもならずに済んだのが何より良かった~、と、ほっと胸をなでおろしながら帰宅したのですが…。

実は、ギリギリまで6名に残りそうになったのですが、とあるお母さんのひと言で形勢が逆転、そのひと言とは…。

「そういえば、来年度学童保育で会長か何かされるとか、聞いてますよ。かけもちは大変なので、難しいですよね~。」

このひと言で、それまで僕を6名のうちの1人に残そうとしていた、他の保護者の思惑を一蹴することに…。

学童保育で会長…そういえば、先月、先々月と子どもの参観日に行くたびに、数名の学童保育の役員のお母さん方に

「○○さん(←僕の苗字)、来年(度)は会長、頼みますよ~。離しませんからね~。」と腕をつかまれ、その度に

「いやあ~、考えさせてください。まだ年度は明けてないし、ぜひやりたい人がいるかも知れないじゃないっすか~。」とはぐらかしてきたのですが…。

と、いうことは、小学校のPTA会長(副会長)は何とか免れたものの…。

学童保育で何かしらそのような役(?)につく可能性が…(汗)。

まあ、同じ役につくなら、小学校PTAと比べればまだ学童保育の方が今まで経験もあるし、多少はましか~。

とはいいつつも、間違っても学童保育の役員選出会議でも

「じゃあ、やります!!」とすぐに手をあげないようにしなくては。

何事も、様子見は大切ですからね…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »