« ローラースルーGOGO復活? | トップページ | うるうるの参観日・その1(次男の保育園編) »

2010年2月14日 (日)

長男のバレンタインデー(&オマケ「オヤジのバレンタインデー」)

家族で外出していて、帰宅した夕方。

ポストに小さな紙袋が。

中にはチョコレートと手紙。

手紙の差出人は、長男の同級生。保育園時代からよく知っている女の子です。

…と、いうことは…

長男、小5にして母親・妹・祖母以外の女性からバレンタインデーのチョコを初めてもらったようです。

しかも、嫁さんの話では

いわゆる「義理チョコ」ではないらしく…。

数時間後、その女の子のお母さんから嫁さんにメールが届きました。

…うちの娘がチョコを○○君(←長男の名前)のところへ持って行ったのですが、いらっしゃらなかったので、ポストに入れさせてもらったようなのですが…○○君は受け取ってくれたか、娘は心配してまして…

…と、こんな内容。

チョコは「本命」であることが決定的であると(?)判明したメールでした。

その子はきっと、長男のためにチョコを作り

勇気をふりしぼって我が家に届けにきたのでしょう。

そして、ちゃんと受け取ってもらえたかが心配で、お母さんに相談したのでしょう。

何てけなげな子だこと!!

いやあ、青春ですな~。

僕が長男の立場だったら、

僕がその子のことを好きかそうでないかに関わらず

わざわざ自分のためにそこまでしてくれた、ということでまずうれしくて感動したでしょうし

お返しにも気合を入れぞ~!…という展開になるでしょう。

それは過去の経験(?)からなのですが…(まあ、僕の経験などどうでもいいことですが)。

ところが、長男は、うれしいとかそういった様子はあまり見られず、どちらかというとあまり意識をしていない様子。

もともとポーカーフェイスな面(何事においても)があることに加えて

今まで「好きな子」とか「つきあっている子」といったような

いわゆる「浮いた話」を聞いたことがない長男。

そんな中での、突然の「本命チョコ」。

ひょっとしたら、長男なりに内心戸惑っているのかも知れません。

本当は

相手の女の子の気持ちを察すると

明日学校に行った時

「昨日はありがとう。」

と、長男がひとことその子にお礼を言ってあげたらいいのでしょうが

長男はどうもそういうのが苦手なタイプなので、無理。

僕なら何のためらいもなく言うでしょうけどね~(これまたどうでもいいことですが)。

まあ、長男がその子のことを好きかどうかはおいといて

最低限、きちんとホワイトデーのお返しはするように、と

「オヤジ」というより「男」として

長男にはアドバイスした方が良いようです。

Dsc08162 ←これは、今朝、娘が僕にくれたチョコレート。

昨日の夜「お父さん、今から台所に絶対来ちゃだめよ。見てもだめっ!」と言っていた娘の言葉がわかりました。

「そうか、昨日の夜はこれを作ってたんだ。お父さんのために、ありがとう~!!」

と、娘をぎゅ~っ。

大感激のオヤジなのでした。

|

« ローラースルーGOGO復活? | トップページ | うるうるの参観日・その1(次男の保育園編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100228/47570724

この記事へのトラックバック一覧です: 長男のバレンタインデー(&オマケ「オヤジのバレンタインデー」):

« ローラースルーGOGO復活? | トップページ | うるうるの参観日・その1(次男の保育園編) »