« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月31日 (土)

だれにでもフレンドリー(2009年・次男について初つぶやき)

我が子どもたちの中で、小さい頃から知らない人にも愛想を振りまくのが一番うまい(?)のが、次男。

言葉がばっちりしゃべられるようになった頃のある日、喫茶店で隣の席からガラス越しに「かわいい~」と若い女の子に言われて、それから店を出るまでその女の子に「見てみてえ~」とか「な~にを食べてるかな~」とか、極上の笑顔happy01でしゃべりかけたり

今でも、例えばガソリンスタンドに行って給油が終って店員さんから声をかけられなくても

「バイバ~イ!!happy01」と極上の笑顔で自分から手を振り続けるのは次男だけ。

とにかくだれにもフレンドリーheart04そしてお世話やき。

保育園でも、泣いているおともだちにやさしく声をかけてあげたり、ともだちのお父さんやお母さんがおむかえにくると

「お~い、○○く~ん、おかあさんがおむかえにきたよ~!!」と声をかけに行ったり…。

そしてもう一つ、いわゆる「恋バナ(っていうのかね~)」をペラペラと自分から親に暴露してくれたのも、3人の子どもたちの中で次男のみ。

長男は、保育園の頃はおろか、小4の今でもいわゆる「色気づいた話」はまったく言わないだけでなく、そのそぶりや影すら見当たらない有様。

娘は保育園の年長さんの時に、好きな男の子の名前を尋ねると、恥ずかしそうに教えてくれました。

しかし次男は…。

「僕、○○ちゃんがすきなんよ!」

「どんなところがすきなの?」と僕が尋ねると次男はちょこっと考えたあと、これまた極上の笑顔で…

「え~っとね~…ぜんぶっ!!happy01heart04でもね~、けっこんはするかどうかわからないよっ!happy01

さらっとこたえる次男。

ちなみに、「けっこんするかどうかわからない」理由を尋ねたところ

「う~ん、わかんないけど、なんとなくだよっ!happy01

ある日、保育園におむかえに行くと、たまたまその○○ちゃんもお母さんがおむかえに…。

長男はいつものおせわやきモードで

「○○ちゃ~ん、おかあさんがおむかえにきたよ~!!happy01

さらに

「いっしょにかえろ~happy01heart04

まあ、何て積極的なこと…。

このフレンドリー&ラブリーさをこれからも持ち続けてほしいなあ…と思うオヤジなのです。

小さい頃から「ポーカーフェースconfident」な長男。

小さい頃から「密かにあねご肌bleahgood」的な一面を見せる娘。

小さい頃から「フレンドリー&ラブリーhappy01heart04」な次男。

本当、「三者三様」とはまさにこのこと。

しかも、学校や保育園で新発見することが多い、子どもたちの様々な様子。

今年も三者三様で何をやらかしてくれるか…楽しみなのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「感染列島」モード

長男がインフルエンザにかかっていた先週に続き(?)、今週は嫁さんがインフルエンザに…。

「アウト!!インフルエンザでした…」と嫁さんからメールが入ったのが、木曜日の夕方。僕はまだ職場でした。

次男の保育園の迎え、夕食の買物や準備…etc.単なる風邪とかではないので嫁さんに外に出てもらうわけにはいかないので、職場の上司に事情を話して、急遽、早退して保育園へ。

次男と、学童保育に通っている娘も迎えに行き、その足でスーパーに買物。

6時半頃帰宅すると、嫁さんは布団に入っていました。

インフルエンザ特有(?)の高熱はなく(病院に行く前に計った37.4度がピークだったとか)ちょっとしんどい、と思い念のため病院に行くとインフルエンザだった、と嫁さん。

タミフルを処方され、先週の長男同様嫁さんには投薬の効き目もよくまた「異常行動」もなかったこともあり、順調に回復。

とはいえ、長男の時以上に家庭内感染をなるべく防ぐた方がいいね、と嫁さんと話し、とりあえず以下の対応をすることに。

その1:嫁さんとあとの家族の寝る部屋を別にする(これは長男の時もしました。もっとも、長男の時は嫁さんが添い寝しましたが…)

その2:嫁さんとあとの家族の食事の時間をずらす(これも長男の時と同じ)

その3:こまめなうがい、手洗いと換気(これは長男がかかる前からしてました)

その4:湿度を保つ(どうせ外に洗濯物を干しても乾かないので、室内干しで一石二鳥?)

この4つに加えて、今回新たに励行をしているのは…

その5:家庭内でマスクを絶えず着用!(※食事、風呂、寝る時間を除く…って当たり前ですが)

かくして、おとといから我が家では

「おい、マスクをしとけよ~!」

とか

「あ、マスクをしなきゃ~」

とか、

マスク、マスク…とまるで映画「感染列島」状態。

まあ、これらの対応でインフルエンザにかからないかどうかは?ですし

かかる時はかかるだろうな~

とか思っているのですが

できることはしておいた方が良いでしょうね~。

今日の時点で嫁さんはほぼ回復。

週明けにも治癒証明が出て来週初めにも職場復帰できそうな様子ですが

インフルエンザのシーズンはこれからが本番。

引き続き、気をつけないといけないな~、と思いつつ

家の中でマスクをしております…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月25日 (日)

美容院デートと参観日(2009年・娘について初つぶやき)

今日は、すっかり伸びきっていた髪を切りに、なじみの美容院に行きました。

もちろん、娘も一緒にです。

今年初めての、娘との「美容院デート」。

僕はカット&シャンプーに、ここ最近はまっている「ヘッドマッサージ」、娘はカット&シャンプー。

カットを終えてさらさらヘアーの娘を見て 「おお!かわいいじゃん!!happy01heart04」 と、毎度おなじみの親ばかなせりふの僕。

いつもは美容院が終って近くの喫茶店に行ってコーヒー(娘はジュース)を飲んで帰るのですが

今日は早く帰宅しなければいけなかったため、なし。

それでも髪型が気に入ったのか にこにこ顔の娘でした。

さて、娘といえば、今週水曜日に小学校の参観日がありました。

丁度、長男がインフルエンザで学校を休ませていた日で、僕は休みを取っていた日でした。

(↑詳しくは、前つぶやきを参照)

が、この日病院で「明日から学校へ行ってよし!」とドクターから治癒証明が出たこともありひと安心。

で、長男には自宅で留守番してもらい、娘の参観のため小学校へ。

授業は国語。漢字の学習。

プリントが配られ、例えば

問題1「この漢字の読みを書きましょう」

とか

問題2「この漢字の一画めをなぞりましょう」

とか

問題3「この漢字はどこが間違っていますか?」

とか設問があるわけです。

問題1と問題2は

「右」「左」「人」「入」等

問題3は

「林」の四画め(きへん)が「とめ」ではなく「はらい」になっていたり

「青」の下の「月」が「目」になっていたり

おお~確かにまちがえやすいだろうな~

と思うような漢字ばかり。

そういえば、このプリント

前日、娘が宿題として持って帰っていたものと同じもの。

そうか、あれは予習だったんだ…。

と参観に行ってわかりました。

僕が教室に入った時は、授業開始から10分が経過していました。

娘は僕が来たのを見るなりニコッhappy01

それだけで、

おお~やっぱり見に来てよかった~っ!

と思いました。

「この問題、わかる人?」

と先生が言っても、ついぞ挙手をしなかった娘でしたが

そんなことはどうでもよくって

笑顔で問題を解いたり、友達と楽しそうに話す娘の姿を見て

親としてはひと安心ですし、それで十分。

僕らの頃以上にいろいろとストレスの多い(らしい)、今の子どもたちの学校生活。

楽しく通ってくれているのが一番!

ひとまず、ほっとした僕なのでした…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月24日 (土)

長男のインフルエンザ

今週の我が家はちょこっと大変でした。

月曜日の朝、真っ赤な顔をした長男の熱を計ると、38.7度。

この日は嫁さんが休みを取って、長男を連れて病院へ。

「OUT!!A型でした…」と、嫁さんからのメールを見て

やはり、インフルエンザだったか、と思った僕。

投薬に際しては何かと物議をかもすタミフルを処方されました。

が、長男には合っていたようで、その日のうちに熱は下がり(以後熱は上がらず)

また、しばしばニュースで取り上げられているような「異常行動」も起こりませんでした。

結局、月曜・火曜と嫁さんが、水曜日は僕が休みを取って長男を看病。

水曜日に病院に行くと「もう大丈夫でしょう。」とかかりつけのドクター。

あっさり「治癒証明」が出て、翌木曜日から長男は元気に学校へ行きました。

心配していた、娘や次男、僕や嫁さんにもうつることはありませんでした(今のところ)。

「子どもさんが3人いらっしゃると、兄弟や親子でうつしあいこ、とかになって大変じゃないですか?」

と、よく言われますが、子どもたちの小さい頃を振り返っても、うつしあいはそんなになかったような気がします。

ていうか、3人がまったく違う時期に病気にかかることが多かったですね~。

そのたびに、「どっちが休んで看ようか。」と嫁さんと看病日程調整(?)

特に、インフルエンザは解熱後平熱が2~3日続いた上で、なおかつ本人の状態が良ければようやく「治癒証明」が出て、職場(学校、保育園etc)に復帰、という流れがあり、本人や親が勝手に判断して学校に行かせることはできませんよね。

そうなると、最短でも3~4日は要看病。

もちろん、今回も僕と嫁さんの今週の仕事のスケジュールをチェック。

お互いに「この日は絶対休みが取れそうにない」という日を確認しあい、

その結果、月・火は嫁さん、水・木は僕が休みを取ることに。

結局、長男の回復が早く、木曜日から学校に行けるようになったため

僕は水曜日だけの休みにとどまりましたが…。

とはいえ、3人とも丈夫になったものです。

3年くらい前までは冬ともなると3人がそれぞれ

発熱(風邪をこじらせ)だのインフルエンザだの嘔吐下痢だの…etc.

その度に僕も嫁さんも「すみません…」と職場に連絡を入れて、休みをもらって看病。

まさに恒例行事チック(?)のような子どもたちの病気と看病の日々(?)。

それを思えば、今はだいぶ楽になったものです。

小さい子どもさんがいらっしゃる親御さん

いましばらく(ここ何年か)の辛抱と思って子どもさんを看てあげてくださいね~。

…といっても、冬本番はこれから。

我が家とて、この冬もどうなることやら…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 9日 (金)

楽しみな授業参観(2009年・長男について初つぶやき)

年がすっかり明けてしまいましたが、あらためて

 A HAPPY NEW YEAR!happy01

です。今年もごひいきに…。

さて、新年初つぶやきは、我が家の子どもたちの様子から…。

まずは、長男。

長男(娘もですが)の小学校はおとといから始まりました。

広島市内の公立小学校は2学期制なので、「3学期始業日」ではなく「後期授業再開日」。

当然、「始業式」はなく、通常の授業が初日からスタートしたわけです。

日にちは遡って、12月下旬・冬休み前の担任の先生との懇談会。

「2学期終業」ではないので、通信簿を受け取ることもないこの日は「教育相談日」という名前に変わっようです。

僕はその「教育相談日」に出席しました。

長男、娘のそれぞれの担任の先生と30分ほど話したのですが、二人とも学校にそれなりに楽しく通っていることをあらためて確認できたので、ひとまず安心。

小さい頃からどちらかというといわゆるポーカーフェースで自分からペラペラしゃべることが少ないキャラの長男。小4の男子ともなると、さらに磨きがかかる(?)というもの。

僕や嫁さんが学校の様子を尋ねても

「わすれた~。」とはぐらかすことが多いです。

とはいえ、まだまだ「親がウザい年頃」ではないようなので(いや若干はウザいかも)

結局はいろいろ尋ねていくと、いろいろ話してくれるのですが…。

ところが、担任の先生にそんな長男の家庭での様子を話したところ

「え~、信じられないっすね~!!」と驚かれてました。

確かに、授業参観で見る長男は友達だけでなく、先生にも自分から楽しそうに話しかける場面が多くて、家との違いに僕の方も驚いていたほど。

それは、今の先生が担任になった3年生の時から、変わったような気がします。

子どもは環境の変化で大きく変わるものではありますが

長男にとっては、今のクラスの雰囲気や担任の先生が合ってるんでしょうし、好きなんでしょうね~。

ポーカーフェースながら(?)も、学校の話をいつも楽しそうに話してくれる長男。

楽しく学校に通っていることが一番。

さて、3学期もとい後期の残り3ヶ月弱もこのまま楽しく学校に通ってくれればいいな~。

と思いつつ

再来週の参観日の

長男のはじけっぷり(?)を見に行くのが待ち遠しいオヤジなのです…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »