« 修理、修理、修理!! | トップページ | エコな遊び? »

2008年11月 4日 (火)

さよなら街のシンボル、そして…

11月に入り、永らく広島都心部の復興を見続けてきた、2つの「もの」が、ついに消えることになりました。

一つは、中区基町・旧太田川(本川)河川敷に雄大にそびえ立っていたポプラの木。地図でいえば、平和公園のやや上流、丁度川が「く」の字になっていて突き出たところに1本生えていました。いつ植えられたのかは不明。ですが、戦後まもなく植えられたようです。

終戦後の住宅難もあり、バラックで覆われていたこの一帯が、広島市内屈指の巨大な都市公園(中央公園)へと変貌する様を見続けてきたこのポプラが、いつしか市民の心をなごませてくれるシンボルへと変わっていきました。

4年前の台風で一度折れてしまいました。その後植えなおされ見事に復活した…かに見えました。

ところが、今年の春の調査で枯死していることが判明。そして、この11月1日、ついに伐採されてしまいました。

Dsc03539

←伐採され、切り株だけ残ったポプラ。さびしいなあ…。

僕は永年(保育園時代~社会人1年目までの20年)、この近くに住んでいて、それこそ、都心部へ歩いて(もしくは自転車で)行く時はこのポプラの木がそびえる河川敷を幾度となく通ったものですし、広島市郊外に住んでいる今でも、広島市内中心部方面へ向けてのサイクリングコースとして、この河川敷をよく走ったりしています。また、ポプラをとりまく芝生広場も、ある時は一人物思いにふける場として、ある時は恋人とのデートに、またある時は友人と語る場として、そして、家族でのお出かけの場として…今でも大好きないこいの場所だったりします。

そのシンボルだったポプラが風景の中から消えたのは、なんともいえぬさびしさがこみあげていたりします。

もう一つは、そのポプラから南東に約1キロ、中国地方一の繁華街・紙屋町交差点南東角でカーブを描く8階建ての「広電ビル」。

Dsc03544

このビルは、亡き父の話では、少なくとも昭和40年代前半にはあったようです。

ちなみに、通りをはさんで真向かい(北東角)にも、同じようにカーブを描くビルがあり、この二つのビルは、まだ紙屋町周辺に大きなビルが少なかった昭和40年代前半はそれこそこの地区のランドマーク的存在だったそうです。

Dsc03541

しかし、昭和49年、交差点北西に、当時の広島としては巨大な10階建ての「広島センタービル」が出現。その後、周りのビルも次々と高層化が進み、この二つのビルは目立たなくなってきました。

さらに、向かいのビルは数年前に(画像の通り)外壁工事が施され、見た目は近代的になりました。これにより、広電ビルはますます古さが目立つようになってしまいました。

ビルの持ち主である広島電鉄は、数年前にこのビルと隣接するビルを合わせて立て替えるとの再開発計画を発表。そして、くしくもポプラが伐採された日と同じく11月1日、ついにビルの解体工事が始まりました。

広島市内都心部にあった「憩いのシンボル」「都市復興のシンボル」が同じ日に消える(消えようとする)のも、何かの因縁かもしれません。

しかし、全てがなくなってしまうわけではありません。

ポプラの切り株のすぐ横に、数年前に植えられた、若い2世ポプラがすくすくと育ってきています。

Dsc03537

←画像左が「ポプラ2世」

そして、切り株となった「1世」もベンチとして生まれ変わるらしく、引き続き僕らの心をなごませてくれる存在としてこの地で存在していくそうです。

広電ビルは、3年後の春、今の約2倍の高さのビルとして生まれ変わるそうです。広島電鉄発表の完成予想図では、伝統(?)のカーブを活かした高層ビルになるらしく、地上階はオフィスや商業施設が入り、地下は紙屋町地下街「シャレオ」とつながるそうです(完成予想図の画像は広電のサイトのトップページで見れます)。

再び、紙屋町のランドマーク的存在のビルとして、また、広島都心部のさらなる活性化という期待を担っての登場となるそうです。

まさに、世代交代の感、ですね~。

やがて、我が子どもたちが大きくなった頃

2世となったポプラは彼らの憩いの場として

新広電ビルは彼らが行き交う都心のランドマークとして

シンボリックな存在となっていることでしょう…。

2つの消え行くものをながめつつ

そんな思いをめぐらせた僕なのでした。

                                                                            ♪「消えていくもの」by吉田拓郎

|

« 修理、修理、修理!! | トップページ | エコな遊び? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100228/43014499

この記事へのトラックバック一覧です: さよなら街のシンボル、そして…:

« 修理、修理、修理!! | トップページ | エコな遊び? »