« アサガオ、学校へ | トップページ | サイクルトレイン、東へ・その2 »

2008年9月21日 (日)

サイクルトレイン、東へ・その1

先週日曜日、長男と一緒に岡山は吉備路自転車道を走ってきました。

広島から岡山(総社市)までの移動手段は…

自転車を車に積み込んでの移動ではなく、はたまた輪行でもなく、当然(?)自走でもなく…。

電車の車両にそのまま自転車ごと乗り入れる、いわゆる「サイクルトレイン」というもの。

今回のイベントは「サイクルトレイン&吉備路自転車道サイクリング」という2本立て。

人生初体験のサイクルトレインに、わくわくしながら迎えた当日。

自転車を車に積み込み、広島駅付近のコインパークへ。

イベントは早朝に広島駅集合で、長男も眠いだろうから、という理由もあり(?)自走はやめました。

Dsc03088 ←コインパークの駐車スペース外に程よいスペースがあり、ここでセッティング。画像右はまだ眠そうな表情で準備をする我が長男。

それから二人して自走で広島駅へ。

集合場所は「手荷物預かり所」のようなところでした。あとでわかるのですが、このイベント、僕が思っていた以上に相当の参加者がいて、さすがに、例えばヨーロッパみたく一般の乗客と同じように自転車を押しながら通常の改札口を抜けてホームに移動するのは大ひんしゅくをかいそうでしたので、この集合場所は正解なんでしょうね~。

広島駅の手荷物預かり所は新幹線ホームと在来線ホームの間にあります。普段はもちろんここから駅に行くことはできません。

何だか不思議な気分で集合場所に行くと、「こちらへどうぞ~!」とイベント主催者の方の声。参加者が着用する名札をつけて参加記念品を受け取り、JRの誘導員さんの誘導に従い自転車を押して行くと、地下へ通じる入口が…。

Dsc03175_2

さらに進むと、やたらと幅の広くゆるやかなスロープが…。

Dsc03174

地下に着くとエレベーターが…。「これでホームに行けますので乗ってください。」とJRの誘導員さん。

エレベーターに乗って地上へ。そこは何と…。

Dsc03091

おなじみのホームにおなじみの電車。違うのは、ホームのそこいらに止めてあった自転車と、そして自転車をその電車に積み込んでいる、といった、明らかに普段目にしない駅の風景。

ちなみに、車両の中はというと…。

Dsc03093

フツーの車両のありとあらゆるスペースに自転車がぎっしり(画像ではわかりにくいかもしれませんが…)。

ちなみにこの電車、今回のイベント向けの特別列車で、4両編成。内先頭の2両は「人専用」でうしろ2両は「自転車積み込み専用」でした。

すべてが新鮮な光景と体験の中、僕らを乗せた特別列車は7時32分、広島駅2番ホームを発車。ルートは山陽本線~伯備線を通って岡山・総社を目指す旅。

しかし、総社に着くまでの電車の中でさらにもう一つ、普段では絶対にしたくてもできない体験が待っていたのでした…。

                                           (その2につづく)

|

« アサガオ、学校へ | トップページ | サイクルトレイン、東へ・その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100228/42544543

この記事へのトラックバック一覧です: サイクルトレイン、東へ・その1:

« アサガオ、学校へ | トップページ | サイクルトレイン、東へ・その2 »