« サイクルトレイン、東へ・その3 | トップページ | サイクルトレイン、東へ・その5 »

2008年9月21日 (日)

サイクルトレイン、東へ・その4

Dsc03113 「お子さんと一緒に参加されている方が先に出発してくださ~い!」主催者の方の発声のもと(?)僕ら子連れ参加集団が先にスタート。とはいえ、しばらくは総社市街地の歩道を走るルート。歩行者と子どもの走行に気をつけつつ走らなければなりません。

しかし、5~6分も走るとゆったりとした歩道となり市街地も外れて人通りも皆無に。また、風景も岡山平野の広々とした田園風景へと変わりました。総勢約100名の参加者(自転車)もすっかりばらけて、思い思いのスピードで走っていました。

Dsc03115_2 ←吉備自転車道をひた走る長男

スタートから15分くらい走り、休憩ポイントとなる備中国分寺に到着。

Dsc03137

ここで昼食。お昼は、この近くでの調達が可能かどうか事前に調べる時間がなかったため、予め注文をしていたお弁当を食べました。

Dsc03118

←これがその弁当。「おとうさん、食べきれんよ~。」と長男がうなる(?)ほどのものすごいボリュームでした。

ところで、今回のイベントは「ファミリーコース」と「健脚コース」があり、「ファミリーコース」はこの備中国分寺まで。「健脚コース」はさらに20キロ走り吉備津彦神社あたりまで、となっていました。

もっとも、コースは事前に決める必要はなく、また、最終的には2時20分に総社駅前に間に合うように走ればよい、といった、ゆるやかな設定。

小さなお子さん連れの参加者は、ゆったりした国分寺の公園でのんびりされていたり、逆にバリバリのローディっぽい方々や中・高校生といった若者たちは、昼食もそこそこに、吉備津彦神社を目指して早々にスタート。

この、思い思いに自転車を楽しめるところがなかなかGOODでした。

さて、僕と長男はといえば…。

昼食をそれなりに時間を取って食べたため、吉備津彦神社は断念。

「もっと早くお昼ごはんを食べて出発したら行けたのにね~。」

と、少し残念そうな長男。

そこで、オヤジがタイムキーパーをしながら、総社駅に2時20分までに戻れる範囲で遠くまで走ることに。

12時10分、僕と長男は備中国分寺を出発。

Dsc03119 ←20分ほど走ったところで「総社市」から「岡山市」へ。ちなみにこの吉備路自転車道は岡山市中心部に至るルートなのです。

Dsc03122

←見渡す限りの田園風景をひた走る長男。本当に走りやすい自転車道でした。

国分寺を出発して1時間。そろそろ折り返した方がいいかな、と判断。地名板では「岡山市撫川」となっていました(とはいえ、総社駅からは約15キロ程度)。

とりあえず、コンビニで小休止。

Dsc03127

←小休止中の僕。

そして、折り返すことに…。

                                           (その5につづく)

|

« サイクルトレイン、東へ・その3 | トップページ | サイクルトレイン、東へ・その5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100228/42552102

この記事へのトラックバック一覧です: サイクルトレイン、東へ・その4:

« サイクルトレイン、東へ・その3 | トップページ | サイクルトレイン、東へ・その5 »