« とりあえず、健在 | トップページ | 久々の活字化に… »

2008年8月 9日 (土)

お米屋さんのジュース

まだまだ暑い日々が続いていますが、なつかしい冷たい飲み物を見つけたのでつぶやいてみます。

3日前、近所のコンビニに長男と買物した時

「あ、なつかしいロゴ!」

手にとって思わず買ったのがこれ。

  Dsc00466_2

 

「プラッシー」という、なつかしいジュース。

僕が小学校低学年頃(昭和50年代前半)、夏になるとCMとか流れていた記憶があります。

プラッシーのCMを見ると

なぜか「夏休みが来た!」と思ってウキウキしたものです(なぜだろう…)。

中身は見てのとおり、オレンジジュース。

小さい頃の記憶では、もっと黄色だったような…。

容器はさすがにペットボトル全盛の現代(?)。

もちろん、当時はビン。

それから、当時はオレンジだけでなく、グレープとか数種類の「味」が発売されていたと思います。

この「プラッシー」当時はお米屋さんで売られていました。

フツーのスーパーではあまり見かけなかった記憶が…。

小学校時代に住んでいた家の近所にお米屋さんがあって

「プラッシー」の固定看板が店先にありました。

夏休みともなるとそのお米屋さんによく行ったものです。

目的は「コーラバー」というアイスキャンディを買うため(プラッシーはたまに買っていたかな…)。

確か、1本30円。

アイスの成型加工が今一つだったのか

アイスの形が整ってなくかつ棒もまっすぐにささっていない、等

今考えるとよく製品として成り立っていたよな~

とか思うのですが

値段の割にはアイスの量が(当時売っていた50円くらいの棒つきアイスキャンディと比べて)多く

しかもよく当たる「くじつきアイス」でした。

あまりにもよく当たるんで、一時期、当たりバーを数本ストックして

いつかまとめて交換して、冷蔵庫に保管しておいて家で食べたい時に食べられたらいいな

…などとひそかにたくらんでいたほど(?)よく当たるアイスキャンディでした。

実際には、せっかくためていた当たりバーの大半は交換することもなくいつの間にか行方知れずになってしまい

僕のひそかなたくらみは夢と消えてしまったのですが…。

ともかく、夏休みともなると毎日のようにそのお米屋さんに「コーラバー」を買いに行き

お米屋さんの近くの公園で、蝉の声を聞きながら食べたものです。

コンビニから帰ってペットボトルに入ったプラッシーを飲みながら

30数年前の、そんな夏休みの記憶をたどっていたひとときでした…。

|

« とりあえず、健在 | トップページ | 久々の活字化に… »

コメント

お久しぶりです。暑い夏、プラッシーに惹かれました。
懐かしいですね。以前話題にしたら10歳ぐらい年上の方に「なんで知ってるの~」と驚かれた
ことがありましたが、40代の人は…たぶん覚えがあるはず?!
お米屋さんで売っていたのはなぜでしょう?
もっぱら手で切れるようになっていて分けやすかった「パピコ」というアイスキャンディを妹と
食べながら帰ってました。メロン型のアイスやくじつきアイスも人気でしたよ。
夏は子どもたちで結構お店も混んでいた記憶があります。
今ではお米屋さんも住んでいたアパートも「建設予定地」になってしまいました。
ところで、プラッシーのお味は如何でしたか?いまさらな問いでごめんなさい~。

投稿: やんま | 2008年8月17日 (日) 14時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100228/42115519

この記事へのトラックバック一覧です: お米屋さんのジュース:

« とりあえず、健在 | トップページ | 久々の活字化に… »