« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月23日 (土)

被害は最小かな?

唐突ですが、次世代DVD対決は、結局ブルーレイディスク(BD)が勝利、と数日前のニュースで報道されてましたね~。

国内的には、ナショナル、ソニー等がBD陣営で、今回「敗北宣言(=撤退表明)」した東芝はHD-DVD陣営。

自動車メーカーでいえば、トヨタとホンダが手を組んで、日産と対決…といった図式でしょうか(余計わかりにくい例えだなあ、我ながら…)。

世界的にはアメリカの映画配給関係がBDを支持…これが決定的だったのでしょうね~。

とはいえ、1年前までいかずとも半年前でさえ、こんなに早く決着が着くとは思っていなかったです。

今回の騒動で、よく引き合いに出されるかつてのVTR対決「VHSvsベータ」なんて、かなり長いこと決着がつかなかったですよね。

我が家にまだビデオデッキがなかった中学生の頃、既にビデオデッキを持っていた同級生達が「ベータがいいんで~!」「いや、VHSのもんよ~!」と言い争っていたのを覚えていますが、それが1980年代前半のこと。

我が家に初めてビデオデッキがきたのは1986年~1987年頃でしたが、それはVHSでした。それから2年後に我が家のビデオデッキがベータに代わりました。が、その1年後には再度VHSに(なぜこんなにデッキがころころ変わったのかは不明ですが、確か全て中古でした)。

事実上、VTR対決はVHSに軍配があがる形で決着がついたのは、1990年代初頭だったと思います。

つまり、10年(近くかもしくはそれ以上)もこの対決は続いていたことになります。

だから、今回の次世代DVD対決も

今はBD優勢だけど、長期戦になるだろうからまだわからんだろうな~。

ぐらいに思っていたのが半年前でした。

しかし丁度1ヶ月前、「BDとHD-DVDの違い」について取り上げたラジオ番組があって、その中で広島市内の某大型家電量販店の中継レポートで店員さんが

「ウチの店ではHD-DVDはほとんど置いていません。売り上げのほとんどはBDです。」と当たり前のように(?)おっしゃっていたのを聴いて、かなり驚きましたが…。

HD-DVD陣営の各社開発および販促担当等々…の方々には申し訳ないのですが、かつてのVTR対決のような「長期戦」にならなかったことは、これからの普及を考えるとユーザーにとっては良かったことではないかと思います。

国内大手家電量販グループは、既にHD-DVDのデッキを購入したユーザーを対象に、差額支払い等でBDに買い替えできるよう対応をとる、なんてニュースもありましたし…。

まあ、我が家はフツーの(?)DVDレコーダーですので、今のところはどっちになろうと、全く関係ないのですが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月21日 (木)

ダブルヘッダートーク無事終了

先日、とある子育て集会にて、総合司会をしてきました。

某大学の体育館、参加者600人ちょっとの研究集会でのMC。

この分野で有名な先生の講演会、各子育て現場からの基調報告…と午前中3時間のMCでした。

ちなみに毎年、保護者の立場で参加者として、この集会に参加しているのです。

もちろん、今年もそのスタンスで参加するつもりでした。

が!

およそ1ヶ月前に、突然この主催者から我が家に電話が…。

「○○さん、実は今度の集会で前半の総合司会をお願いしたいのですが…」

誰だあ~、僕の名前を出したのは…

その数日後、この集会に毎年スタッフとして関わっていらっしゃる、長男の同級生のお母さんが実行委員会で

「あの人ならやってくれるよ!」とか言ったのが発覚。

ていうか、参観日の時

「もしかして、(僕を)すすめた?」と尋ねたところ

「すすめた~!ごめんね~でもバッチリやってくれると思って」

あっさりとそのお母さん。

まあ、とりあえず、バッチリMCさせていただきました。

正直、久々の600名という大人数の観客(席)を前にしてのステージは、実は快感でした。

ところで、この集会の午後は分科会がありました。

こちらはやはり1ヶ月前に別の担当者から

「分科会で15分程度、子育てのエピソードをしゃべってもらえませんか?」

と突然の連絡。

MCより、こっちの方が、準備が大変でした。

何せ、主催者曰く

「子育ては大変だけど楽しいこともあるよ、と参加者が前向きになれるような内容にしてもらえたらうれしいのですが…」

と注文あり。

しかも15分にまとめる必要あり。

結局、レジュメを作り、項目をいくつか設定し、項目毎に話すおおまかなネタをそこに書き込んで当日に望みました。

40名参加の小規模分科会。発表者は僕以外にも数名いらっしゃって、この手の分科会でよくある、時間オーバーが続出。

僕は4人目の発表でしたが、予定の時間はかなりオーバー。巻きは必至の状況。

結局、発表時間を12分に短縮し、何とか伝えたいことは全てしゃべりました。

やや早口でしゃべったので、参加者のみなさんが理解できたか、気になりましたが

「楽しそうな発表、元気がでました!」

とか感想をいただき、とりあえず目的は達成できたようです。

しか~し、

やっぱり1つのイベントで2つの「大役(?)」はハードでした…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月13日 (水)

先生、やってくれるゼ!

今日は長男の参観日(ちなみに授業は保健)でした。

小3最後の参観ということもあり、ちょっとした「セレモニー」が…。

授業が終わるやいなや、先生が

「みんな、後ろを向いて、お母さん、お父さんの方を見て。」

一斉に、参観に来ていた母親・父親の方を見ながら、何やらポケットから黄色いしおりのようなものを取り出した子どもたち。

先生、おもむろにラジカセのスイッチをON。

♪~「言葉にできない」byオフコース(いや、小田和正ソロバージョン?)

をバックに

「では、ここまで育ててくれたお母さん、お父さん方に感謝のあいさつをしよう!」

と先生。すると、

「保育園の時、なかなか行かずに困らせてごめんなさい。」

とか

「運動会、見に来てくれてうれしかったよ!」

など、「代表」と思われる数名の子どもたちが一言づつ述べていき(我が長男は出番なし。長男のことなので、おそらく「代表」に立候補しなかったのでしょう)、最後に全員で

「今まで育ててくれて、ありがとうございました!」(これは長男も頑張って言っていました)

♪「言葉にできない」が流れ続ける中

うるうる状態のお母さん、お父さん方数名。

僕もそうなりそうでしたが…。

こうして、参観日の授業は終了。

ところで、長男の担任の先生はまだ二十代。新婚さん&最近第一子が生まれたばかりの丸刈りの男の先生。決してイケメンではないが、親しみ易いキャラで子どもたちに人気も高い。

僕は、あらためて担任の先生に

若いわりには、やるじゃん!

とあらためて感心しちゃいました。

なぜかというと、

若いのに

♪オフコース

だからではなく(いや、最近は若い人たちにも小田氏の♪受けてるもんね~)

若いのに 

しかも小4へクラスは持ち上がりなのに

学年最後の参観であのセレモニー

そういうことを考えつき、実行してしまう

その発想と実行力がとてもステキだな~

と、感心したのでした。

先生、4月からも長男をヨロシク!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月11日 (月)

イクラ、まだ~?

昨日は家族で回転寿司屋に行きました。

さび抜きのイクラ軍艦巻きを注文する、と言った次男。

「(カウンターの)お店のおにいちゃんに イクラお願いします、って言えるかな?」

嫁さんが次男に言うと次男は

「イクラおねがいします…」

少々照れながらも、店員のお兄さんに言いました。

こうやって、見ず知らずの人にもあまりものおじせずに言えたりするのが、次男らしいところ。

長男はこういうのは例えば相手が知り合いだったとしても苦手だし、娘もなかなか言えなかったりするのです。

これは、良し悪しではなく、三者三様だな~、と思う中のエピソードの一つなのです。

さて、昨日の「イクラ」に話を戻すと…。

その後、待てど暮らせどイクラはきませんでした。

僕も嫁さんもイクラがきていないこと等忘れていたほど。

そんな中、急に次男が満面の笑みで店員のお兄さんに向ってひとこと。

「イクラ、まだ~?」

苦笑いしながら「あ、ごめんね~。ちょっと待っててね~。」と店員さん。

「すみません…。」と僕と嫁さんは苦笑いしながら店員さんにあやまりました

が、同時にそんな「大胆発言」とその後もとぼけた顔での

♪「い、く、らっ、ま~だかな~。」

とやや鼻歌まじりの次男のしぐさに、

「こら、お店の人にしつこく言わんのよ。」

とは言ったものの、次男のあまりに無邪気な声と表情に本気で叱る気にもなれず、苦笑が続きつつやんわりと話すのが関の山の僕と嫁さん。

「待たせてごめんね~。」

しばらくしてから、店員のお兄さんがイクラの軍艦巻きを次男に持ってきました。

次男は受け取るやいなや

「はいっ!お兄ちゃん。」

と長男の目の前にイクラの寿司皿を置きました。

「えっ?これ、お兄ちゃんにたのんであげてたの?」

そう尋ねると、次男は

「うん、だって、お兄ちゃんがイクラ食べたいって言ったもん。」

「なんだ。…お前、そうなのか?」

僕は長男に尋ねると長男は

「うん、そうよ。」

長男らしさ、次男らしさを垣間見た、回転寿司屋のひとコマなのでした…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒かったけど…

おととい、子どもたちと付き添いの嫁さんをスイミングスクールに送り、「さて、この間に家の掃除でもしておくか。」と帰途についたものの…。

朝の小雨&曇天がうそのように、気持ちのいい陽射しの午後。

思えば、先週の土曜日は長男と朝から準備して「さあ、走りに行こう!」と自転車を引っ張り出したところで、痛恨の雨。

「せっかくその気になっていたのに…」と二人して雨雲を眺めました。

加えて、毎早朝のエアロバイク。

ラジオやCDを聞いたりしながら…と工夫はしていますが、景色が変わないのがイマイチ。

「自転車に乗りたい度(←?)」が増幅しまくりの今日この頃でしたので…

よ~し、ちょっと乗ってくるか!

スイミングのお迎えまで、1時間程度走れそう…と僕はコートをはおり、近隣へプチポタリングに出かけました。

陽射しがある、とはいっても、さすがに2月。けっこうな寒風。

ポタコースの緑道公園の木々もまだまだ寒そうでした。

それでも、流れていく景色をながめつつ風を感じることの、心地良いこと。

ポタ中に数枚、シャッターを切りました。

Dsc00758 ←これがその中のひとコマ。

そういえば昔、春に向けて少しずつ芝生の色が徐々にグリーンになっていくのを見るのが好きだったな~。

そんなことをふと思いつつ、小1時間のポタを楽しみました。

また時間があったら走りに行こうっと。

(♪「風と落葉と旅びと」byチューインガム)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月10日 (日)

娘のこの頃

先週から、娘は保育園での午睡がなくなったため(1月から週1回「おひるねなしデー」はあったのですが、今回は完全になくなりました)、「おひるね用布団」を持っていくことがなくなりました。

小学校の入学を目前に控え、その準備として生活のリズム作りの取り組みなのです。

午睡がないため、保育園から帰ってきて早々に、眠そうな娘。娘は毎日、お風呂の後いつの間にか眠っています。

こうやって、少しずつならしていくのでしょう。

と、いうことは、僕の保育園への毎朝の送りも4月からは次男一人になります。

ちょっぴりさびしいなあ…。

娘ははじめ、違う保育園に通っていました。

その年は、帰りのおむかえは長男の保育園に先に行き、いわゆる「延長保育」にしていたため、娘の保育園へはその後おむかえに行っていました。

娘の保育園につく頃には空は真っ暗、なんてことはいつものことでした。

1年後、長男と同じ保育園に。

「おかんあさんといっしょ」の♪「ないてたらね」を、本当に悲しそうな顔や声をしながら歌っている娘を見て、長男とクスクス笑いながら送った日もありました。

その2年後、次男も同じ保育園に入園。

この年は、長男が年長組で子どもたち3人を毎朝車に乗せて、ワイワイガヤガヤおしゃべりしながら、道中にぎやかだったものです。

朝、お母さんに叱られて元気なく車に乗り、保育園に送って「バイバイ」する時、感極まってしくしく泣き始め、僕にしがみついてなかなかはなれなかった日や

保育園に着いてからのおしぼりやかばんのセッティングなど、なかなか支度をしない次男の「おてつだい」をしてくれた日。

「今日、早く帰ってきてね~バイバイ。」と手を振ってくれた日…。

そんな、当たり前の娘との朝のやりとりも、もう少しだと思うと、さびしくて。

おととい、保育園の参観日でした。

娘の組は卒園アルバム作りをしました。

僕は、嫁さんとペアになって一生懸命写真の貼り付けをしている娘の姿を数枚カメラに収めました。

残りの1ヶ月少しも、いろんな思い出ができたらいいなあ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 3日 (日)

思いがけないうれしいおみやげ

先週の日曜日と今日の2回、長男は通っているスイミングスクールの日帰りレク(スキー)に参加しました。

思えば、長男が僕ら親を離れ、休日に遠方でのレク活動に丸1日参加、なんていうシチュエーションは、これまでなかったこと。

しかも、参加メンバーの中はとりたてて親しい友達がいるわけでもなく、スキーもそこまで興味があるわけではない長男。

とはいえ、強制ではないこのレク活動に「行ってみようかな~。」と自分から言ったのも長男。

長男とレクの話をしても、そこまで行きたい理由がない様子。かといって「もう行きたくない!」と嫌がるでもなく、今日も早朝からスキーウェアにおやつ・お弁当の入ったデイパックを背負って、長男は出かけて行きました。

そうそう、出かける前に長男は「好きなように使っていいけど、残ったらお母さんに返してね。」と嫁さんから500円玉をもらっていました。

「おかしは持って行ってるから(スキー場では)買わんと思うよ。」と言う長男に

「じゃあ、他に何か使うのか?」と僕が尋ねても

「う~ん、別にないかも知れんけど、使うことがあるかも知れんけえ…。」とよくわからないこたえの長男。

夕方6時過ぎ、長男が帰宅。「今日(のスキーレク)は楽しかった!」とのこと。

さらに今日、長男は…

Dsc00705_3 何と!僕らにスキー場の売店で売られていたオレンジクッキーのおみやげを買って来てくれたのです。

420円なり。お小遣いで持って行った500円の大半を、長男はこのおみやげに費やしたことになります。

遠く離れたスキー場での1日の中でも、弱冠9歳の長男は彼なりに「家族」のことを考えてくれたんだな~

やっぱり親が思う以上に心も成長しているんだな~

…そう思うと、このクッキーには長男の思いがいっぱいこもっていて、大きな大きなおみやげに感じたのでした。

クッキーの味はもちろん、美味でした…。

息子よ、ありがとう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »