« 次男の初お泊り | トップページ | スイスイ、いい顔みっつ »

2007年11月 8日 (木)

なつかしの浪人ライフ回想

Dsc00035_2 広島都心部にあるこの高層ビル、20年前にしょっちゅうお世話になってたものです。

このビルは広島県庁(東館)。県庁各部署のほか、広島県警本部も「入居」しています。

で、お世話になったのは県警…ではなく、このビルの8階にある「食堂」。

今回はこの「食堂」のつぶやきです。思い出話満載は必至ですので、長文ご容赦下され。

昨日、外回りで通りかかったのがお昼どき。そろそろどこかでお昼を…と思っていた時だったので、

「おお、なつかしい!よし、久しぶりに行ってみるか」

と早速8階へ。

実は20年前、僕はこのすぐ近くにある某予備校に通う浪人生でした。で、ここの食堂は頻繁に利用していました。

1階エントランスも、入ってすぐにあるエレベーターのドアのデザインも、行先階ボタンを押した時の「♪ポン」とかエレベーターが着いた時の「♪ピンポ~ン」も当時と変わらず。

そうそう、理由なくさえない気持ちでスーツ姿の県庁の職員に混じって、僕ら私服姿の場違いな若者達が黙ってエレベーターを待っていたっけな…と、ちょこっと20年前の気持ちがよみがえってきました。

8階に上がると、食堂の入口のショーケースや自販機コーナー、食券販売機コーナーなど、ここもほぼ当時のままの配置でなつかしいこと!また、食堂の中のテーブル、椅子、テレビの配置なども変わっていませんでした。

ちなみに当時は、安くてボリュームがあり、腹持ちが良かったのでカレーをここでよく食べていました。当時の値段は覚えていませんが、今でも360円とリーズナブル。

メニューは豊富で、当時あこがれていたのはとんかつ定食。今はひれかつ定食となっていて530円。今でも十分安いのですが、当時はめったに食べられませんでした。

さすがに、「社会人16年生」かつ妻と3人の子持ちである(?)今の方が、19才浪人生の時よりも幾分か財布にはお金があるので(?)当時のあこがれメニューを530円で食べようか…とも思ったのですが、ここはやはり「とことんなつかしくいこう!」とカレーをチョイス(でも、かなり空腹だったので、450円のカツカレーにしましたが…)。

食券を買ってカウンターに置く、というシステム(←オーバーな…)も変わらず。

ふとテレビを見ると、ちょうどNHK連ドラ「ちりとてちん」をやっていました。

…そうそう、20年前(のこの時期)は同じくNHK連ドラの「はっさい先生」をここで見ながらカレーを食べていたっけな~。そのドラマのヒロインだった若村麻由美さんがとてもかわいかったです(今でも素敵な女優さんですが…)。

ちなみに「はっさい先生」は若村さんだけでなくストーリーもなかなか良くって(?)はまってしまい、当時我が家で初めて買ったビデオデッキでちょくちょく録画しては、見ていたものです(勉強はどうした?)。

先日、スカパーで全話放送されていたので全部録ってDVDに焼いちゃいました(←これは余談ですが…)。

「カツカレーどうぞ~。」と年輩の調理員さんのやさしい声でカウンターへ取りに…そうそう、当時はここに「名物」と僕らが密かに思っていた調理員のおじさんがいたっけな~。

威勢の良いかけ声で調理し、カレーやうどんなど同じメニューが立て続けにできあがると

「はい、うどんジャンジャ~ン!カレージャンジャ~ン!!」

とか忙しく連呼。

で、浪人生が、カウンターに取りに行くのがちょっとでも遅くなったものならすかさず

「あんた、取りに来るのがおそいの~。そんなことじゃけぇ大学すべったんでぇ~」

とか

「早う取りに来んと、来年も落ちるで~」

などと、笑顔で浪人生達に悪態をつきまくるおじさんでした。

当時、同じ予備校に通っていた高校時代の友人・F君とこの食堂に通っていたのですが、このおじさんの悪態を聞くたびにF君は

「あのおやじ、腹立つの~。今に見とれよ。大学受かったら高級官僚になってあいつをクビにしてやるんじゃけ~。」

とか良く言ってました(ちなみにF君はその後志望校に合格。卒業後、高級官僚…ではなく、地元では名の知れた某飲食業チェーンに就職したのでした)。

さすがに、窓から見える景色は高層ビルが乱立していて、20年前とは変わっていましたが、それ以外はほぼあの頃のまま。

僕の中では、カレーを食べつつも20年前のいろんな思い出がよみがえってきました。

20年前のこの頃、僕は朝から夕方まで予備校通い、夕方から夜はスーパーでのアルバイト(学費稼ぎのため)に加えて、その年の夏の終わりに知り合った、一つ年下(高3)の彼女とデート…という生活に明け暮れていました。

ですが「バイトに行ったり彼女がいたから大学にすべったんじゃ、とか人から絶対に言われたくない。絶対に志望校に合格ってやる!」みたいな確固たる思い(?)があって、いわゆる「現役」の時よりは集中して勉強していた気がします。とはいえ、本当に合格るのかわからない、ゴールは少なくとも4~5ヵ月後にならないと見えないんだ…という状況の中で日々過ごしていたことも事実ですが…。

そして、20年後の今。当時の「ゴール」だった志望校を卒業して15年以上経ち、年齢もいつのまにか40代目前に来ています。僕は県庁の職員ではないけれど、いつの間にかスーツ姿で(その気になれば?)530円のヒレカツ定食が食べられる側に自分の立場が変わったんだな~…と、20年前とかわらない味(だと思う)のカレーを食べながら、しみじみと思った、昨日のお昼どきだったのでした…。

|

« 次男の初お泊り | トップページ | スイスイ、いい顔みっつ »

コメント

私はこの建物の中にある
教○委員会に
某団体の県費補助をもらいに
毎年書類を提出していました

投稿: ボラ酒店 | 2007年11月11日 (日) 21時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100228/17018871

この記事へのトラックバック一覧です: なつかしの浪人ライフ回想:

« 次男の初お泊り | トップページ | スイスイ、いい顔みっつ »