« 雨降って地固まる | トップページ | 70’s・紙屋町界隈回想 »

2007年6月24日 (日)

突っ走れ平和メッセンジャー

2~3日前の新聞に、広島の通信制高校自転車部のメンバーが、折鶴を持って500キロ離れた長崎に届けるため走る、との記事が載っていました。

で、今日出発して5日間かけて長崎に行くそうです。

1日あたり平均100キロ走破。こりゃ~すごいね~。

僕がおととし参加した「第2回周防大島町一周サイクリング大会」が100キロでした。

その5回分を連続5日間で…なかなかなもんです。

ところで「自転車部」というと、高校時代の部活のイメージがあります。

実際、僕が通っていた高校に「自転車競技部」があって、ヤツらは毎日放課後ローラー台で黙々とシャカリキ!しておりました。

当時既に自転車少年であった僕でしたが、ヤツらを見る度に「ヤツらとオレの道はちがうぜ!こちとら、楽しく走りたおして~んだ」などど勝手に一人で思いつつ通り過ぎていたものです(ホント、若気の至りだなあ、つくづく…)。

話を元にもどして…。

今回、どんなつわものな人々が500キロ走破に挑むのか…と思っていたのですが、新聞記事が載ったその日にこのことを取り上げたラジオ番組を聴いたところ、どうやら僕のイメージする自転車競技部チックな(?)人々ではなく、日常、フレンドリーに自転車を楽しんでいるメンツだそうです。

バリバリ体育会系の汗臭さ100%ではなく、日常フレンドリーにサイクルライフを楽しむ流れの延長でこの500キロに挑戦するのであれば、そりゃすごいことだと思います。

おお~、なんだかとても応援したくなりました。

到着は28日の予定だそうです。がんばれ、サイクル少年達!!

(♪=「baby自転車」byエレファント・カシマシ)

|

« 雨降って地固まる | トップページ | 70’s・紙屋町界隈回想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100228/15547597

この記事へのトラックバック一覧です: 突っ走れ平和メッセンジャー:

« 雨降って地固まる | トップページ | 70’s・紙屋町界隈回想 »