« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月28日 (木)

70’s・紙屋町界隈回想

広島の都心・紙屋町(正式な住所でいうと基町)にある広島バスセンターで1960~1970年代に売られ、行列ができるほど親しまれていたという「カレー焼き」なるオヤツ?が、バスセンター開業50周年記念として7月2日までの期間限定で実演販売している、というニュースを見ました。

焼き上げた生地に具の入ったカレーを包み、片手で握れる大きさ。小腹がすいた時に丁度よさそうな食べ物。カレーの他、クリームなどもあるようです。

販売場所は、現バスセンターが3階に乗り入れているターミナルデパート・広島そごうの地下だそうです。

ちなみに、現在のような10階建のターミナルビルの3階に乗り入れるタイプのバスセンターになったのは1974年のこと。それ以前も同じ場所にバスセンターはありましたが、1階(平面)式で、鉄道でいうところの駅舎というべき2階建(だったと思う)のビルがバスセンターの敷地の南側に建っていました。そのビルの中に売店やちょっとした商店が数店舗、待合コーナーがありました。建物の中は古くて、薄暗い雰囲気だったことを覚えています。

カレー焼きはおそらくこの商店の一角で売られていたのでしょう。

旧バスセンターがあった1970年代前半に紙屋町に仕事勤めをしていて、紙屋町~自宅をバス通勤していた母にカレー焼きのことを尋ねたのですが、母は「知らんね~。」とのこと。

今でこそ紙屋町は、高層ビルが立ち並び、地下街が広がり、バス・市電・新交通の一大結節点となるなど、広島はもとより、中国地方きっての繁華街となっていますが、僕が幼い頃記憶している紙屋町は、当時の広島最大の繁華街だった八丁堀と比べてのどかでさびしいものでした。

デオデオ(当時は第一産業)本店のビルも当時は平屋建てだったと思いますし、隣接するみずほ銀行(当時は興銀)ビルも3階建てくらいだったと思います。バスセンター北側、現基町クレドあたりは旧電電公社関係の低層ビルがあった程度。

カレー焼きのことはよくわかりませんが、ニュースを見て、かつてのバスセンターや紙屋町の様子の記憶が断片的にですが、なつかしさとともによみがえってきたのでした。

それはそれとして…カレー焼き、食べてみようかな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年6月24日 (日)

突っ走れ平和メッセンジャー

2~3日前の新聞に、広島の通信制高校自転車部のメンバーが、折鶴を持って500キロ離れた長崎に届けるため走る、との記事が載っていました。

で、今日出発して5日間かけて長崎に行くそうです。

1日あたり平均100キロ走破。こりゃ~すごいね~。

僕がおととし参加した「第2回周防大島町一周サイクリング大会」が100キロでした。

その5回分を連続5日間で…なかなかなもんです。

ところで「自転車部」というと、高校時代の部活のイメージがあります。

実際、僕が通っていた高校に「自転車競技部」があって、ヤツらは毎日放課後ローラー台で黙々とシャカリキ!しておりました。

当時既に自転車少年であった僕でしたが、ヤツらを見る度に「ヤツらとオレの道はちがうぜ!こちとら、楽しく走りたおして~んだ」などど勝手に一人で思いつつ通り過ぎていたものです(ホント、若気の至りだなあ、つくづく…)。

話を元にもどして…。

今回、どんなつわものな人々が500キロ走破に挑むのか…と思っていたのですが、新聞記事が載ったその日にこのことを取り上げたラジオ番組を聴いたところ、どうやら僕のイメージする自転車競技部チックな(?)人々ではなく、日常、フレンドリーに自転車を楽しんでいるメンツだそうです。

バリバリ体育会系の汗臭さ100%ではなく、日常フレンドリーにサイクルライフを楽しむ流れの延長でこの500キロに挑戦するのであれば、そりゃすごいことだと思います。

おお~、なんだかとても応援したくなりました。

到着は28日の予定だそうです。がんばれ、サイクル少年達!!

(♪=「baby自転車」byエレファント・カシマシ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月21日 (木)

雨降って地固まる

夕食後、おふざけが過ぎて僕に叱られた娘はうつぶせになり、おきまりの「いじけむし」状態に。

10分位して「お風呂にはいるぞ~。」と娘を呼びにいくも、あいかわらず伏せたまま半べそ状態の娘。抱っこしようすると「いや~!!お風呂行かんもんっ!」と大暴れ。

そこで、作戦変更。ワンクッション入れることに…。

「ともちゃん、涼みに行こう。」と、僕は抱っこを嫌がる娘をどうにか抱っこし、風呂場ではなく、2階の居間へ連れて行きました。

部屋は真っ暗なままで窓をあけると外からひんやりした風が入ってきます。その雰囲気に、さっきまで大暴れしていた娘も抱っこされたまま、おとなしくなりました。

窓際にリクライニング式の座椅子をセットし、娘を抱っこしたまま二人で涼みつつ

「今日は保育園で何してあそんだの?」と尋ねると、それまで黙っていた娘が

「ええとね~。ままごととか…。」と話しはじめました。その後は今日の保育園で遊んだことや、次男の様子など(娘の話によると、次男は最近、年長組のお兄ちゃんたちに遊んでもらっているらしい…初耳!)、娘は機嫌もすっかり直り、いろいろ話してくれました。

しばし話していると1階から「お風呂、入る?」と嫁さん。

「ともちゃん、お風呂入りに行こうか?」と尋ねると「うん!」と笑顔いっぱいの娘。

もちろん、その後は楽しくお風呂に入りました。

そういえばここ数日僕は仕事の帰りが遅く、子どもたちとじっくり関わる時間があまりなかったような気がします。

そうなると、僕が帰宅するまでの間、嫁さんは一人で夕食~風呂~長男の宿題確認~娘と次男の明日の登園準備~寝る準備…という流れを余裕なくこなすことになります。おそらく、嫁さんもここ数日、子どもたちの話をじっくり聞くことが難しかったのではないかと思います。

一方、子どもたちからすれば、いっぱい聞いて欲しいことがあったに違いありません。ところが、お父さんは帰りが遅いし、お母さんは忙しそうだし…で、思うようにかまってもらえず、ここ数日満たされない気持ちだったのかも知れません。

今日の娘にしても、ふてくされる直接的なきっかけは確かに僕に叱られたことだったのですが、ひょっとしたら、かまってほしいというアピールだったのかも知れません。

ちなみに、長男と次男は嫁さんと一緒に先に風呂に入っていて、学校や保育園での出来事などいろんな話をいっぱいしたようです。

そこに、僕と娘も加わり、家族5人で風呂に入りながらワイワイガヤガヤ。

子どもたちの話を聞きつつ、僕も(きっと)嫁さんもじっくり関わるひとときがありよかったと思います。もちろん、子どもたちもいい顔でした。

日々忙しいけれど、子どもたちとの関わりも大切にしなくちゃね。あと、十数年すれば、親が相手にされなくなる時が嫌でも来るのでしょうから、今の子どもたちとのひとときを今のうちに楽しんでおきたいとあらためて思った今晩の出来事なのでした…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月20日 (水)

ビリーズブートキャンプとチャリネタ

深夜の地上波テレビやCS放送(こちらは昼夜を問わず頻繁に、ですが)でここのところよく見かける「ビリーズブートキャンプ」なるフィットネス器具。ブームになりつつある、とのこと。

そのインストラクターたる「ビリーブランクス氏」が来日したとか。

「ビリーズ…」がブームだろうがそのインストラクターが来日しようが、いずれも全く興味のない僕。

ただ、「ビリーズ…」のインフォマーシャルを何気に見ていると「あれ、この人は…」と、ふと目に止まった名前の人が…。

日本人で「ビリーズ…」のダイエットプログラムに挑戦して見事ダイエット成功、という数名の体験レポの中に「宇高志保」さんなる20代の女性が登場します。

で、この人の名前(ていうか、活字?)に見覚えあり…と思い返すと…宇高さんは、5年前の「バイシクル・ナビ」誌にでていた女性だったのでした。

で、あらためて5年前の「バイシクル・ナビ」を見返すと…

「ええ~!?人ってこんなに変わるんだ~!」

と驚きました。

5年前の自転車雑誌に載っていた彼女は、ビジュアル的にもですが、かもし出す雰囲気がいかにも「日々辛いこと多いけど何とかがんばってます…」風で(実際、当時彼女の写真とコメントを読みつつ本当にそう思った)どことなく「影のある女性」に見えました。

それから5年経ち、「ビリーズ…」のインフォマーシャルに出てくる彼女。外見がとてもきれいなお嬢さんになられているだけことだけでなく、前向きなコメントを笑顔ではきはきと喋るしぐさも5年前の雑誌を見た印象とは全く違いました(もちろん、良い意味で)。

で、このインフォマーシャルを見るたびに「宇高さん、よかったね~」と特に根拠もなく思ってしまう、今日この頃なのです。

まあ、彼女が前向きになった原因とか、きれいなお嬢さんになった原因が「ビリーズ…」によるものかどうかは、僕にはワカリマセン…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月16日 (土)

23キロ・6時間・キャッチボール付ライド

梅雨の晴れ間に、走れる時に…と、久々に長男とツーリングしてきました。

朝10時半、自宅を出発。あとは主に画像や親子の会話で振り返ってみます。ちなみに、往路は寄り道しながらのライドとなりました。

Dsc08423 ←11:00、とある田んぼにて

子「おと~さ~ん。ここにおたまじゃくしとか魚とかかぶとえびがいっぱいいるよ~!」

オヤジ「おお~うじゃうじゃじゃ~!」

Dsc08429 ←11:20、とある小さい川にて

子「うわ~鯉がいっぱいおるよ~。カメとかも。…あっ、さぎもおる!おと~さん、カメラ貸して。」と…。

Dsc08431 Dsc08434 Dsc08435

←鯉、カメ、さぎと撮りまくった長男。

Dsc08442 ←12:30、旧太田川にて(浅瀬となった川底を見ながら)

子「うわ~、あさ~い(…と感無量)。」

Dsc08445 ←12:40、旧太田川にて

子「おと~さん、向こうまで歩いて行ってもいい?」

オヤジ「今日の格好じゃだめだな~。今度水遊びの準備して来ような!」

Dsc08451

←12:50、旧太田川南下中。はるか向こうの鉄橋見ながら…。

子「あ~!!、おと~~~さ~~ん!!新幹線が見えたよ~!!」

          オヤジ「お~~~~!!そうじゃの~~~!!」(何せガシガシ走っている最中だったので、会話もハイ状態)

このあとはしばらくひたすら走り、13:15、中央公園に到着。ここで1時間ちょっと休憩&キャッチボールタイムに…。

Dsc08461 ←13:30、休憩中の中央公園芝生広場にて。

丁度、芝刈り機(画像中央のグリーンの四輪車)がぐるぐる回りながら芝刈り中で、きれいに刈り取っているところとどうでないところがはっきりわかれているさまを見て

子「うわ~、散髪みた~い!」

オヤジ「あたまかよ~。」

14:45、中央公園を出発。紙屋町のセブンイレブンでやや遅いひるごはんの調達。が、ものすごい客でおにぎりやサンドイッチなどが品薄状態。

子「これにする(と手にしたのは「まるごとソーセージbyヤマザキパン」)。おとうさんは?」

オヤジ「カロリーメイトかな~。」

Dsc08468 ←14:55、広島市民球場にて。

子「前田も黒田もでっか~い!」

15:00、ハノーバー庭園で遅い昼食。

15:20、復路出発。

Dsc08473 ←15:35、祇園新道(新工兵橋)をさすがに無言で爆走中の長男。

Dsc08475 ←15:35、旧太田川北上&あいかわらず爆走中。

このあとは、往路のように途中下車はほとんどなく30分程走り、自宅近くのコンビニで最後の水分補給?をして、16:30、自宅に帰着。

今日は30度を越える暑さでしたが、僕も長男もわりとこまめに水分補給しながら走ったので、6時間まるまる炎天下にいたのですが、ばてることなく走れました。

で、大活躍だったのがこれ。

Dsc08438 ←ペットボトルのキャップに注目。先端の白い飲み口を軽く引っ張ると「出る」モード、押すと「止まる」モードに。実はこれ、ゲータレードのおまけでついてきたもので、何てことはないモノなのですがちょくちょく飲むには使い勝手がよかったです。

さすがに長男の自己最高距離の「40キロ越え」はできませんでしたが、寄り道しながらのワンデイライドはとても楽しかったです。

子「おとうさん、また自転車乗りに行こう!」

長男も楽しかったようで…よかった、よかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月14日 (木)

あじさいその後

広島地方気象台が中国地方の梅雨入りを今日発表したそうです。

で、昨日つぶやいたあじさいを今日また画像におさめました。

Dsc08414

よかったね、あじさい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月13日 (水)

雨を待つあじさいたち

Dsc08388 ←昨日の朝、通勤途中で撮った画像。

バイパス沿いの高架橋に沿って群生していたあじさいたちです。

実際にはこの数メートル後方あたりが帯状に群生しまくっていてキレイでした(画像におさめられず残念!)。

おととい、昨日、今日の日中…と晴天&30度前後の蒸し暑さだった広島。

そろそろ雨が欲しいなあ、と天を仰ぎつつ咲いているのか…

と思いつつ、あじさいたちをながめながら通りましたが

今日は夕方あたりから雨が…。

明日あたり広島も梅雨入りかな~。

梅雨なんて好きじゃないけど(自転車に乗れないしね)、でもやはり今はこうつぶやきたい。

よかったね~あじさいたち!

明日の朝は雨の中でいきいき咲いているあじさいたちが見れるかな…。

以上、ソーダ水ならぬ「あじさいのつぶやき(しかも勝手に代弁)」でした…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月12日 (火)

おたんじょうびメッセージ・その後

今日は娘の6才のバースデー。

前回つぶやいた「バースデーメッセージ」ですが…。

Dsc08387 ←作・オヤジこと僕。「できたぞ~。」と娘に見せるとニコニコ顔の娘。

このメッセージは、保育園に持って行き「おたんじょうびカード」に貼り付けられて、娘にプレゼント、となります。

今晩は、家で「手巻き寿司」と「ねこバスのイラスト付ケーキ」でHappyBirthday!

ともちゃん、6さいのおたんじょうび、おめでとう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 6日 (水)

おたんじょうびメッセージ

夜、娘が「これ、かいてね。」とメモ紙大の紙片を僕にさしだしました。

それは、保育園のお誕生日おめでとうカードに貼る家族からのメッセージカード。前述の通り、娘のバースデーがもうすぐなので保育園から「おとうさんやおかあさんにかいてもらってね」と持って帰ってきたのです。

で、このメッセージカードは我が家では僕がいつも書いています。言葉でのメッセージはもちろんのこと、イラストなど入れて、楽しいカードにしています。

保育園に提出するのはまだ日にちがあるので、どんなイラストとメッセージにしようか、しっかり考えてから書くと(描くと)しますかね~。

メモ紙大であっても、子どもたちにとっては楽しみでうれしいメッセージ。気合い入れて書かなきゃね…Dsc08312

←ちなみにこれは次男の3才のバースデーの時のメッセージカード。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年6月 3日 (日)

おやつ30000円分!

長男の小学校の学童保育で、子どもたちが毎日食べるおやつの購入当番が再びまわってきました。

で、昨日嫁さんと長男と3人で近くのショッピングセンターへ買物に行きました。

1回の当番でだいたい半月分を購入します。おやつ代は毎月各家族から徴収しており、半月分でだいたい30000円分のおやつを購入ということになっているのです。とはいえ、毎日80名近くの子どもたちが食べるおやつです。人数=個数でOK、というわけにもいきません。

子どもたちのおやつ購入で気をつけるポイントはいくつかあります。

1.先生方が配り易くある程度の期間の保存に堪えうるもの(個包装がベスト)。

2.バリエーションに偏りがないもの(1回のおやつタイムで2~3種類出すので。例えば飴ばかり、とかスナック菓子ばかり、というのはダメ)。

3.子どもたちが喜ぶもの(これが一番大切かも)。

小学校の近くにそこそこの規模のスーパーがあって、そこは頼めば配達もしてくれるのでそこで買うと楽なのですが、小型店だけにお菓子の種類が限られています。子どもたちにとっては楽しみなおやつタイム(実は僕も小1~小2と学童保育に通っていておやつタイムはとても楽しみでした)。同じ種類のおやつが短期間で何度も出るよりも、日々いろんなおやつが出る方が、子どもたちも喜ぶことでしょう。そこで、我が家に当番が回ってきた時は、近くの大型ショッピングセンターに行って直接購入し、車で小学校に直接届けるようにしているのです。

当然、購入は大変。時おり、ついてきた長男に、このおやつは最近出たか、とかみんなが食べると思うか、など尋ねながら30000円分のおやつを購入しました。それが以下の画像。

Dsc08264_1 種類にして23種。パッケージ数にして200パッケージ分のおやつがご覧の通り。バリエーションも「飴、ガム、チョコ系」「スナック菓子系」「茶菓子系」「ゼリー」そして夏場限定のいわゆる「チューチュー」となるべくまんべんなくなるようセレクト。

そしていよいよ精算。このショッピングセンターではこのような大買物でもレジに並んでの精算になるので、僕、嫁さん、長男が1台づつカート押し、レジへ。

嫁さんが個数を店員さんに言い、店員さんがレジ打ち。1カゴ打ち終わると長男がカートで袋詰めコーナーへ運搬。で、僕が買物袋にどんどん入れていく、といった連係プレー。

その後学童保育の先生に連絡を入れて(学童保育は土曜日もやっています)、小学校まで「配達」。渡し終えると、一仕事終えた感覚と妙な達成感&充実感があったりして…。

大変な買物ですが(実際面倒くさいので嫌がる保護者の方も多いです)僕と嫁さんは意外と楽しんでいたりします。

30000円分のおやつ、みなさんなら何を買いますか~?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »