« 長男へのバースデープレゼント | トップページ | 買物ちょいポタでも楽しい »

2007年2月 9日 (金)

ビデオも親も2WAY

今日は保育園の参観日で、午前中仕事のお休みを取らせてもらって嫁さんと行って来ました。

次男の発表会があり、デジタルビデオカメラで撮影開始。ところが、思った以上にもりだくさんの内容で(劇ありうたあり銭太鼓演奏あり…etc.)予想以上の撮影時間。で、テープ残量がやばくなりついには「残り(撮影時間)5分」の表示が。そこで、急遽デジカメの動画モードをスタンバイ。「テープ残り0分」となった瞬間、デジカメ動画モードでの撮影にバトンタッチ!無事最後まで何とか撮影できてひと安心。

このあと、次男のクラスでは(来年度はいわゆる「乳児組クラス」から「幼児組クラス」へ移行するため)進級説明会~親子レクなどありました。ここからは嫁さんが同時進行していた娘のクラスの保育参観に行くことになったため、僕のみ参加。説明会の話を聞いたあと、親子レクでは子どもたちが鬼の役、親が人間の役になってのおいかけっこや先生に頼まれて急遽こどもカルタでの読み手の役をしたり…と楽しい時間を過ごしました。その間をぬって、娘のクラスに向かい、嫁さんと娘が取り組んでいる工作(コマ作り)をのぞきに行ったりしました。

嫁さんは1日休みを取っていたので引き続き保育園にしばらくいられたのですが、僕はどうしても午後から出勤しなければなりませんでした。そこで次男の昼食時間まで一緒に過ごし次男に「お父さんはお仕事に行くから、あとお母さんに(こっちに)来てもらうからね。」と言い次男をぎゅっと抱きしめ、かなり後ろ髪をひかれつつ教室を出ました(できることならもうしばらく次男や娘の保育園の様子を見たかったなあ…)。このあとは嫁さんにバトンタッチ!

ちなみに、今までならこんな場面では「お父さん、行っちゃだめ!」と抱きついて離れなかった次男でしたが、今回次男は「うん、いいよ。」とぐずることなくあっさり即答。こんな反応はもちろん、さびしくないわけではないのですが、これもまた成長の一つ。その分、親子レクや昼食の時は「抱っこして!」「ちゅっ!」の連発だったので、うれしいこといっぱいでしたし…。

とにかく、ビデオの切り替えも親の動きも2WAYな午前中の出来事でした。

|

« 長男へのバースデープレゼント | トップページ | 買物ちょいポタでも楽しい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100228/13850810

この記事へのトラックバック一覧です: ビデオも親も2WAY:

« 長男へのバースデープレゼント | トップページ | 買物ちょいポタでも楽しい »