« オヤジ、出ずっぱりの運動会 | トップページ | 今日のおむかえ »

2006年10月 8日 (日)

次男(3才)の愛車もスペシャに!

次男の3才のバースデイプレゼントとしてオーダーを入れていた自転車を取りに、僕、次男それにおともでついてきた娘の3人で今日ショップに行きました。

事前に某大型玩具店の自転車売り場に次男を連れて行き、欲しい自転車をリサーチ。そこで次男は「あかいじてんしゃがいいっ!」と一言。ひょっとしてアンパンマンとかボウケンジャーとかいわゆる「キャラもの自転車」にこだわるかな~、とか思っていたのですが拍子抜けしたと同時に「よしっ!選択肢は広いぞ」と喜んだ僕。

いろいろカタログとにらめっこして結局オーダーした自転車はこれでした。

Dsc06564 ←スペシャライズドのHOTROCK12BOY。アルミフレーム&アルミフォーク&アルミリムで子ども車としては軽量の7.8キロ(何せ5才の我が娘がひょいと持ち上げることができるくらい)。前はキャリパー、後はコースターの各ブレーキ。ブレーキレバーはテクトロ社製…と結構本格的。本当はチューブのバルブも米式が標準でついていたのですが、普段使いを考えてショップにたのんで英式に交換してもらいました。

スペシャの自転車をチョイスしたのは、僕がシラスに乗っているから…ではなく、12インチの自転車を作っているメーカーがまず少ないこと(大抵は前述のキャラ自転車もしくは中国で製造しているコストダウンの嵐のような安いかつ重い自転車なのです)とに加えて次男のリクエストである赤い自転車となると、本当に少なかったのです。そんな中このHOTROCKは「本格的・軽い・真っ赤」という条件をクリアした数少ない自転車だったのです。

さて、ショップに取りに行くと早速店長さんが次男をサドルにまたがらせてペダルを取り付けるためのポジションを確認。ペダルがつくと今度はシートポストの調整に。3才になったばかりの次男にはサドルがやや高いようで、若干ポストをカットすることに。そして、再度次男をまたがらせて今度は前ブレーキレバーの位置調整。おそらく生まれて初めてブレーキレバーを握るであろう次男の小さな手。それでも一生懸命握ろうとする次男を見て「大きくなったのう」とちょこっと感慨深くその様子をながていた僕。

おともの娘は店長さんの作業に興味津々。コースターブレーキのしくみなど、次男の自転車にまたがりながら店長さんに教わっていました。作業をしながらも5才の子どもにキチンとしかもわかるように説明する店長さんと娘とのやりとりも楽しみながらながめていた僕でした。

小一時間で作業終了。そしていよいよ引き取り。車に自転車を積み込んで帰るとき次男と娘は店先で見送って下さった店長さんに何度も「バイバ~イ」と叫んでいました。やっぱ自転車買う時の楽しさはこれだよな~。大型玩具店やホームセンターじゃ、こうはいかないだろうな~、と自分の自転車を買ったわけでもないのになぜか満足感いっぱいの僕なのでした。

明日のお休み、次男の自転車練習しようかな…。

|

« オヤジ、出ずっぱりの運動会 | トップページ | 今日のおむかえ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100228/12204533

この記事へのトラックバック一覧です: 次男(3才)の愛車もスペシャに!:

« オヤジ、出ずっぱりの運動会 | トップページ | 今日のおむかえ »