« バンダナでGOGO!<長男の運動会編> | トップページ | オヤジ、出ずっぱりの運動会 »

2006年10月 1日 (日)

長男(小2)の初取引!?

長男の運動会の翌日、小学校は代休でした。僕も休みを取って長男と過ごすことにしたのですが、この日長男に生まれて初めての「取引」を経験させました。何の「取引」かというと、それは銀行との取引。

夏休みの課題として「家のお手伝いを決めてやりとげる」というのがありました。僕と嫁さんは長男とできそうなお手伝いについて話し合い、結局「早朝、新聞を屋外の郵便受けに取りに行く」ことと「ゴミの日に近くのゴミステーションに出しに行く」という2つのお手伝いをすることに決めたのでした。とはいえ、せっかくのお手伝い。少し付加価値でもつけることでがんばれるように…と、ゴミを出しに行けた時と、6時までに新聞を取りに行けたら「お手伝い賃」として1回につき5円をあげることにしました。

思った以上にがんばった長男。時には5時58分に飛び起きて新聞を取りに行きギリギリセーフ、何てのもありながらでしたが結構がんばってお手伝いをしました。5円玉(もしくは10円玉)が目に見えて増るようになっていった夏休み中盤あたりから、それを数えるのが楽しみになってきたようでますますお手伝いに意欲的になってきた長男。弱冠7才ながら「労働をしてその対価を得る」という経験を結果的にした格好になりました。夏休みが終わる頃、長男お気に入りのPUMAの財布はあふれんばかりの5円玉でぱんぱんになっていたのでした。して

さすがに5円玉で買物、というわけにもいかないかな、と思いつつなかなか両替してやる時間がなく9月下旬になってしまいました。長男は僕に早く両替してほしいなどせかすこともなく、また自分のお金で勝手に買物をすることもないため、ここまできてしまった、ということもあったかも知れません。とはいえ、いつまでも5円玉ばかり財布に入っているのもいかがなものか、というのと、両替することで夏休みのがんばりが形として見えたら長男にとって何かしら感じることがあるのかもしれない、と思い家の近くの銀行に行って両替することにしたのでした。

財布にたまった1円玉、5円玉、10円玉のみをビニール袋に入れさせいざ出発。ほどなくして銀行に到着。受付で順番待ちカードを受け取り、長男に持たせてソファーで待っているとしばらくして呼ばれました。いつもは「ここで待っててね。」と子どもたちに言いお父さん(もしくはお母さん)だけがカウンターに行くわけですが今日は「行くぞ!」と長男を連れてカウンターへ。口頭での両替のお願いこそ僕がしましたが袋に入ったお金を渡すのは長男にさせました。さらに両替依頼書は「ここにひらがなでいいから名前を書くんだぞ」と長男に書かせました。いつもはあまり丁寧に書かない長男ですが丁寧にかつしっかりと氏名欄にフルネームをひらがなで書いていました。

手続きが終わり再びソファーで待つこと10分。名前が呼ばれて受け取りに行くと500円玉が1枚、10円玉が1枚、5円玉が1枚…「515円もあったんじゃ~!」とうれしそうな表情の長男。その顔を見てこれまたうれしかった僕。

さらにもうひとついい事がありました。今回、両替の手数料105円が発生したため、さすがに長男ががんばって貯めた5円玉たちから引き落とすのも酷だったので僕が出すことにしたのですが、両替したお金を受け取った際にその手数料領収書も受け取りました。その氏名欄にはちゃんと銀行員がひらがなで長男の名前を書いてくれていました。長男に説明して領収書を見せてやりました。長男からすれば難しい漢字やら言葉が書かれている紙きれ。しかしそこには大人の字でしかもひらがなで自分の名前が書かれているのを見るとニコっと笑っていました。

「また5円玉がいっぱい集まったら両替しに行こうな。」「うん。またお手伝いがんばろうかな…」長男と話して銀行をあとにしましたが、それから長男のお手伝いは続いています。さすがに新聞は、僕が5時半頃に起きて早く新聞を見るため取りに行くので長男が取りに行くことができませんが、ゴミ出しはがんばってやっています。長男の「初取引」はいろいろな意味で良い結果をもたらしたのではないでしょうか…。

|

« バンダナでGOGO!<長男の運動会編> | トップページ | オヤジ、出ずっぱりの運動会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100228/12116275

この記事へのトラックバック一覧です: 長男(小2)の初取引!?:

« バンダナでGOGO!<長男の運動会編> | トップページ | オヤジ、出ずっぱりの運動会 »