« 15年前の二人 | トップページ | 2006カープ最終戦in市民球場 »

2006年10月15日 (日)

ものすごい買物

昨日は嫁さんと長男と、近所のスーパーに買物に行きました。と、いってもいつもの買物ではなく、ちょっとかわった「大買物」をしたのでした。

長男の通う学童保育では毎日おやつが出ます。そのおやつは保護者が半月ごとの当番で購入し、先生に届けるのです。

で、今月後半分の購入当番はウチにまわってきたわけです。

おやつの購入、といっても半月分しかも学童保育には毎日50人の小学生が通ってくるわけです。しかも1回に出るおやつは一品とは限りません。なおかつ先生方が配りやすくなおかつ子どもたちが片付けやすいことを考えて、個別包装となっているものが原則。また、おやつのバリエーションも偏りがないようにしないといけません(何せ子どもたちにとっておやつの時間はは楽しいひとときのはずですから…)。予算の目安は1万円ちょっと、とのこと。

昨日の買物では嫁さんとあれこれ手にとりつつ、商品名・単価・個数・金額をメモしながら40~50種近くのおやつをチョイス。1つの種類で3~5個(袋・箱)は買わないと50人にいきわたらないので、結局品数にして100は超えていたと思います。スーパーの大きなカート2つ分、おやつでいっぱいになりました。

途中の会話はこんな感じでした。

「チョコはどうする?」「教室はまだ結構あついけえやめた方がいいかも」とか

「このビスケット、おやつででたらみんな食べるかな?」と長男に聞いてみると「みんなあんまり食べんと思うよ。前に同じのが出たけどみんなおいしくな~い、とか言ってたよ。」と長男(←一種のマーケティングリサーチ?)。

それから「今何円分くらいになった?」「う~ん、8千円分ぐらい。もう2~3千円くらいいけるぞ。」などど、その買物の状況はさながらなつかしのTV番組「がっちり買いまショー」のようでした(←わかる人はせいぜい30代後半以上かなあ)。

週明けには配達予定(といっても当然宅配便じゃなくて自分達で持って行くのですが)。大変な「大買物」だったけど、嫁さんと長男とけっこう楽しみながらの買物でした。

子どもたちが笑顔で食べてくれればいいなあ…。

|

« 15年前の二人 | トップページ | 2006カープ最終戦in市民球場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100228/12300590

この記事へのトラックバック一覧です: ものすごい買物:

« 15年前の二人 | トップページ | 2006カープ最終戦in市民球場 »