« いざ火の国へ! | トップページ | 娘の通園カバンがピカピカ! »

2006年8月28日 (月)

もうすぐ終わる夏休み

今晩、高速で無事「火の国・熊本」から一家5人で帰ってきました。嫁さんの実家近辺はとてものどかで、時間を忘れるくらいにのんびりとした風景があります。かといって、幹線道路はとても近く、車で数分走ると買物には申し分ないショッピングセンターが数ヶ所ありますし、九州ではけっこう大規模なテーマパークもあったりします。「都会」という程ではありませんが、それでもその地域の中心都市として昔から栄えてきたこともあり、かつての勢いはないらしいのですが、それでも活気があるように感じます。温泉がフツーにその辺にあったりするのもよいです。そういった「街」の部分と嫁さんの実家近辺の「田舎」がほどよいバランスで、なかなか良いところなのです。

僕よりも少し早く熊本に行っていた嫁さんと3人の子どもたち。嫁さんは実家でお母さんと朝晩の食事の準備や洗濯など、家事をこなしつつも、のんびりとはねをのばせたようですし、子どもたちものびのびと遊んだようです。僕自身も、タイトなスケジュールの中での滞在、といったものになりましたが、先週末までの忙しさをしばし忘れ、嫁さんの実家であるにもかかわらず、のんびりと過ごさせてもらいました。

気がつけば、もうすぐ夏休みも終わります。今日広島に帰る時、長男とこの夏休みの話をちょこっとしました。夏休みで一番の思い出は、長男的には先週の大鬼谷キャンプ場での一泊二日のキャンプ。そして、今残っている宿題は、漢字ドリルが4枚・絵日記があと1日(全部で2日分書くのが課題となっているらしい)それに工作を1作品(作品は自由)、とのこと。

既出のとおり、長男の夏休み期間は、後半になって楽しく過ごせる企画が目白押しでした。前半はというと、僕も嫁さんも仕事が忙しかったため、あまり夏休みらしいことができませんでした。仕事で仕方がなかったとはいえ、娘や次男も含めて申し訳なかったなあ…。

広島に帰る車の中で「おとうさん、工作はわりばしでっぽう作るけぇ、いっしょに作ろうよ。」と長男。「よ~し、一緒に作るぞ!」と僕。

明日は、もう一日休みを取っています。子どもたちと「楽しい夏休みのしめくくり」といきたいものです。

|

« いざ火の国へ! | トップページ | 娘の通園カバンがピカピカ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100228/11654856

この記事へのトラックバック一覧です: もうすぐ終わる夏休み:

« いざ火の国へ! | トップページ | 娘の通園カバンがピカピカ! »