« どしゃぶり30キロ走破<その5> | トップページ | 輪行スタンバイオーケー »

2006年7月29日 (土)

少しは涼しく…

今朝、長男が通う学童保育(以下「学童」)の保護者会長さんからメールが。メッセージは子どもたちの教室にすだれをつけたいのだけど、時間がとれるようならご協力いただけませんか、といった内容でした。

長男の学童は小学校の空き教室を活用しています。扇風機は数台あるものの、当然エアコンはありません。ここに小学校の放課後、50数名の1~2年生がうじゃうじゃ…この教室が校舎の南端に位置しているため三方に窓があるため風通しが良いことがせめてもの救いではあるのですが、さすがに人口過密状態では相当暑いはず…そこでひとまず陽射し対策を、ということになってすだれを取り付けることになったのです。「おとうさん、今からお前の(学童の)教室を涼しくなるようにしてくるぞ!」と言いつつ、小学校へ。

教室は土曜日ということもあり3~4名の子どもたちが来ていました。「平日は夏休み(の学童の受入)なんでいつもよりは少ないけど、それでも40数名はいますよ。」と先生。いやいや、我が長男もその一人。先生、お世話になっております、ありがたい限りです。

すだれと簡易巻き取り器(←大抵のフツーのすだれに取り付け可能なすぐれものです)が8セット。「巻き取り器、どこに取り付けるかわかります?わたしはどうやってつけるんかわからないんで、どうですか?」と会長さん。「ああ、大丈夫ですよ」と僕。ひとまず、巻き取り器のすだれへの取り付け方を会長さんにも教えて、手分けして今回取り付ける6セット分のすだれに巻き取り器を取りつけました。「へえ~、こんなのでうまく巻き取れるものなのね~。」と会長さん。

次にいよいよ窓枠へのすだれの取り付け。窓枠は木製なのでそこにフックを取り付けてすだれを引っ掛けよう…ということになりましたが、何せ小学校の教室。結構高い位置に窓枠があります。脚立を使っても小柄な僕も会長さんもきびしそう…とそこへ別の保護者のお父さんが手伝いに来られました。僕よりもはるかに身長が高く(ついでにかっぷくもよかった)まさに適材適所!そのお父さんはフックとすだれの取り付けを快く引き受けてくださり、小1時間で6つのすだれの取り付けが無事完了。

家に帰ると「お父さん、何したん?」と長男。「すだれをつけたぞ。月曜日に学校(=学童)に行ったらわかるけぇのう。少しは涼しくなるかもしれんぞ。」と僕。これから暑い夏本番。共稼ぎといういわば「親の都合」で日中学童に通う沢山の子どもたち(もちろん、我が長男もその一人)。これで少しでもすごしやすくなればいいなあ…。

|

« どしゃぶり30キロ走破<その5> | トップページ | 輪行スタンバイオーケー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100228/11141001

この記事へのトラックバック一覧です: 少しは涼しく… :

« どしゃぶり30キロ走破<その5> | トップページ | 輪行スタンバイオーケー »