« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

2006年7月29日 (土)

少しは涼しく…

今朝、長男が通う学童保育(以下「学童」)の保護者会長さんからメールが。メッセージは子どもたちの教室にすだれをつけたいのだけど、時間がとれるようならご協力いただけませんか、といった内容でした。

長男の学童は小学校の空き教室を活用しています。扇風機は数台あるものの、当然エアコンはありません。ここに小学校の放課後、50数名の1~2年生がうじゃうじゃ…この教室が校舎の南端に位置しているため三方に窓があるため風通しが良いことがせめてもの救いではあるのですが、さすがに人口過密状態では相当暑いはず…そこでひとまず陽射し対策を、ということになってすだれを取り付けることになったのです。「おとうさん、今からお前の(学童の)教室を涼しくなるようにしてくるぞ!」と言いつつ、小学校へ。

教室は土曜日ということもあり3~4名の子どもたちが来ていました。「平日は夏休み(の学童の受入)なんでいつもよりは少ないけど、それでも40数名はいますよ。」と先生。いやいや、我が長男もその一人。先生、お世話になっております、ありがたい限りです。

すだれと簡易巻き取り器(←大抵のフツーのすだれに取り付け可能なすぐれものです)が8セット。「巻き取り器、どこに取り付けるかわかります?わたしはどうやってつけるんかわからないんで、どうですか?」と会長さん。「ああ、大丈夫ですよ」と僕。ひとまず、巻き取り器のすだれへの取り付け方を会長さんにも教えて、手分けして今回取り付ける6セット分のすだれに巻き取り器を取りつけました。「へえ~、こんなのでうまく巻き取れるものなのね~。」と会長さん。

次にいよいよ窓枠へのすだれの取り付け。窓枠は木製なのでそこにフックを取り付けてすだれを引っ掛けよう…ということになりましたが、何せ小学校の教室。結構高い位置に窓枠があります。脚立を使っても小柄な僕も会長さんもきびしそう…とそこへ別の保護者のお父さんが手伝いに来られました。僕よりもはるかに身長が高く(ついでにかっぷくもよかった)まさに適材適所!そのお父さんはフックとすだれの取り付けを快く引き受けてくださり、小1時間で6つのすだれの取り付けが無事完了。

家に帰ると「お父さん、何したん?」と長男。「すだれをつけたぞ。月曜日に学校(=学童)に行ったらわかるけぇのう。少しは涼しくなるかもしれんぞ。」と僕。これから暑い夏本番。共稼ぎといういわば「親の都合」で日中学童に通う沢山の子どもたち(もちろん、我が長男もその一人)。これで少しでもすごしやすくなればいいなあ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月28日 (金)

どしゃぶり30キロ走破<その5>

「みずとりの浜公園」からゴール地点まではず~っとどしゃぶりでした。加えて、このコースの中では結構な坂が2つ。一つは「みずとり…」を出発してすぐの「広島はつかいち大橋」。前述のとおり、このあたりは瀬戸内海(というより広島湾岸)に広がる埋立地。従って幹線道路や橋はあくまでも車が通ることを考えての設計。いや、歩道は十分すぎるほどの幅がありそこは問題ないのですが、この橋は海をまたいで埋立地と埋立地を結んでいるため、結構な長さとそれにともなう湾曲度(?)があります。橋の一番高い地点からはそれこそ天気が良ければ広島湾一望、となることうけあいなのですが、意外ときつく感じた参加者の方もいらっしゃったのではないでしょうか。僕は、車では何度か通っているものの、自転車では初めて。路面も相当ウエットであったため、ややおそるおそるの走行。とはいえ、あまり減速してしまうと上りきらないため、スピードはそこそこにせざるを得ませんでした。また、少しでも上りのキツさを軽減するために、この橋の上り始めから最高地点までの街灯の本数を数え、「あと9本、8本、7本…」とカウントしながら上りました。当然、下りはこれまた結構な湾曲さ(←?)。路面はあいかわらずウエットでこれまたややおそるおそる下りていきました。

2回目の「結構な坂」はゴール地点直前の阿品台団地。事前に地図でコース確認していた時点でかなりきつい坂がつづくことは予想されていたため、この団地にさしかかる直前から加速していて、なるべくその勢いである程度まで上ってしまおう、ともくろんでいたのですが…この団地にさしかかる直前で先導車を見失ってしまいました。しかもこれまでコースのいたるところに、コースを外れないように誘導する係員がいたのに、このあたりには全くいない!ここを曲がればいいのかな…と仕方なくスピードを落としながら曲がると、何と対向車のような格好で向こうから先導車が…え~っ、そりゃないよ~。かくして、団地の上り坂にさしかかる地点でせっかくプールしていた加速分はほとんどなくなってしまい、しばらくは地獄のような上り坂を堪能する(?)はめに。ちなみに、あとで人から聞いた話では先述の誘導係がいなかったポイントからコースを外れた参加者の方々がいらっしゃったとか。ほんと、このポイントにはまいりました。

Dsc05363_1 ともかくどうにかこの団地もクリアして坂を下りきると、しばらくするとゴール地点である安芸グランドホテルの建物が…スタート地点を出発して3時間弱、どしゃぶりの中N君とゴール。30キロ(サイクルコンピューター計測値では27キロ)を完走したのでした。

ところで、「ショップつながり」の6名のみなさんも全員完走。全員で記念写真を撮りました。あいにくのどしゃぶりで終わった今回のサイクリング大会でしたが、これはこれでいい経験ができたかな、と思っています。さて、今度は「秋の大島」だぁ~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月27日 (木)

どしゃぶり30キロ走破<その4>

平和公園をスタートして次の休憩ポイントとなった「みずとりの浜公園」まではそれまでの短区間から一転、比較的長い区間を走りました。わかりやすく表現するならば、広島市都心部から西に十数キロ郊外への移動。しかし、道中はだんだん歩道の人ごみが少なくなっていく状況に加えて「みずとりの浜公園」手前にはそこそこ巨大な(?)流通業務拠点である「広島市西部流通業務団地」が控えています。平日はトラックでごった返すこの団地もさすがに閑散としていて、これまでストップ&ゴーのフラストレーションがたまっていた参加者のみなさんは一気に加速モードへ。僕ら8名もしだいにばらけて走る状況になっていました。

このあたりは広島市街中心部を形成する三角州の西端で、太田川放水路の河口堤防づたいに海(瀬戸内海)&宮島、その他の島々をはるか眺めつつ走る、という晴天であれば絶好のロケーション。ところが皮肉なことにこのあたりを走る頃からそれまでぽつりと時たま降る程度で曇っていた空から、大粒の雨が降りだしました。三角州も瀬戸の多島美もカキいかだも…それどころではない景色。

僕はこの時N君と走っていましたが、水分補給のため小休憩を取ることにしました。とある倉庫の片隅の自動販売機で止まり、二人して水分補給。…しばらくすると、ショップの店長さんあやつる(?)GTのMTBと、リカンベントに乗ったショップの常連さんが。リカンベントが走る様をまじまじと前方から見るのは、あまり経験がないためかとても新鮮で、なかなかかっこ良い。かくして4人で「ぼちぼちまいりましょうかね~」と小休憩。

再びスタートすると、雨は激しさを増してきました。「みずとりの浜公園」はすぐに到着しましたが、すでにどしゃ降り状態。この休憩ポイントで大会実行委員で準備してくださっていたアイソトニックドリンクを受け取り、以前続く激しい雨の中しばし休憩を取りました。距離的には半分ちょっとは走行していたと思います。ここまでは、雨がひどかったくらいでそんなにヘヴィな走行ではありませんでした(過去、某サイクリング大会で秋雨の肌寒さや強風&雨の中走ったことを思えば、ですね)。

しかしここから先のコースで「ヘヴィな走り」を味わうことになるのでした…。<つづく>

注=この区間はあまりに雨が激しく降っていたため、デジカメを出す気にもならず、したがってアップする写真はありません。あしからず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月26日 (水)

どしゃぶり30キロ走破<その3>

中央公園を出発…とはいえ次の休憩ポイントである平和公園はすぐそば。あっという間に到着しました。いつもながら観光客でごったがえしている平和公園。特に原爆ドーム周辺はすぐ目の前が川なので、ここを通るのは至難の業。さすがに自転車をおりて「すみませ~ん」と言いつつ通りました。

平和記念資料館、別名原爆資料館横の普段は駐車場として使用されている空間が休憩ポイント。しかも単なる休憩ポイントではなく、参加者には資料館無料入館券が配られていて、見学もできるようになっていました。資料館自体の見学は希望者のみとなっていましたが、だからといって、勝手に次のポイントに進むわけにはいきません。というのも、今回の大会には先導車(←もちろん自転車)がいるので、先導車が文字通り「GOサイン」を出さないと再スタートできないのです。

僕はそれこそ生まれも育ちもバリバリの広島人であり、今でこそ広島市郊外に住んでいるものの、幼い頃平和公園近くに住んでいて通っていた保育園も平和公園に近かったので、この公園は身近な存在。また、資料館は生まれて38年間で何十回見学したことか…(最近では去年行ったばかり)。それでなくても人の多いこの日にわざわざ見学しなくてもいいな…と思っていたので、先導車がGOサインを出すまで資料館の外で、他県から参加されていたサイクリストの方々が資料館に多数入っていく様子をながめながら休憩していました。

今回の大会は広島にある2つの世界遺産=「原爆ドーム」と「宮島」を走ろう、というのが主旨であったりするので、こういう休憩ポイントもありかな、とは思いました。自転車を趣味として楽しめるのも、平和であればこそですもんね~。

その後、小1時間程して先導者の「GOサイン」が出たので再スタート。次の休憩ポイントはしばらく先。しかも広島市郊外を西に向けて走るのでこのあとのコースは人ごみも少なくなり幾分か走りやすくなるはず。空は今にも雨がどっと降りだしそうな気配でしたが、ともかく僕ら8名は再スタートを切ったのでした。

Dsc05356_1 ←平和公園で1枚パチリ。バックの建物が平和記念資料館(別名:原爆資料館)です。実は、時たま行う週末の早朝ライディングのゴール地点を平和公園とすることもしばしば。自宅からおよそ12~13キロである平和公園はゴール地点としては程よいポイントだったりするのです…。

<つづく>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どしゃぶり30キロ走破<その2>

AM11:00前、広島市東区民文化センター(正確には隣接する広島市東区役所)をスタートし、しばらくは人の往来が少ないコースであったため、そこそこ軽快に走行。また、予報では「昼から雨」となっていたものの、どうにか持ちこたえている曇り空で暑苦しさもなく「気持ちいいスタートじゃん!」…もつかの間でした。最初の休憩ポイントである広島市中央公園はいわゆる都心部にある広大な公園。近づくにつれて往来する人や自転車が多くなってきました。

今回の大会は何と歩道を走行が基本。ウワサによると、この大会の開催に際しての車道走行の許可が取れなかったとか…う~ん、これは痛い。歩道走行は当然ストップ&ゴーの回数が増えてしまい、軽快に走れない。また、歩行者側からみても何台もの自転車集団が歩道を走るのは迷惑なハナシ。もっと何とかならなかったのかな~と思いつつも都心部に近づくと、予想通り人が行き交う中を「すみませ~ん…」と言いつつそろりそろりと歩道を走行(←ていうか、スピード的には「歩行」に近い)。それでも、自転車で走るとスタート地点~中央公園はわずかな時間で到着。

Dsc05353 広島市中央公園は、写真のような芝生広場や子どもが遊べる3本の人工川などがあります。ここで昼食・休憩を取りました。大会で準備していただいた弁当を受け取り、一緒に走っている8名でわいわい話しながら食べました。また、参加者の様々な自転車もながめたりしてつかの間、楽しみました。が、ぱらぱらと雨が空から…いよいよ雨かな~と思いつつ、再び走行開始。次の休憩ポイントは中央公園とは目と鼻の先である平和公園。なかなか距離がすすみませんがとりあえず出発しました。<つづく>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月24日 (月)

どしゃぶり30キロ走破<その1>

第31回中国四国ブロックサイクリング広島県大会に参加してきました。このイベントは中国四国各県が持ち回りで毎年開催されていて、今年は広島が会場(コース)でした。

曇天をながめつつ、自宅から大会受付&スタート地点までの10キロちょっとをウォーミングアップがてら自走。最近交換したフロントフォーク仕様のシラスの軽いこと、軽いこと…また思った以上にしなりもあり、道中のちょっとした段差もマイルドにクリア。おかげで心地よい30分弱のウォーミングアップタイムとなりました。

Dsc05351 広島市東区民文化センターが今回の受付会場。途中で合流した友人・N君とエントリーをすませて開会式が始まるまでの間、続々と会場に入ってくる大会関係者や参加者のバイクをいろいろ眺めたりしていました。さすが「中国四国ブロック」と銘打っているだけのことはあり、各県から沢山の人が集まってきます。そんな中、なじみのショップの店長さんと常連のお客さん(計6人)もやってこられ、一緒に走ることに。総勢8名のショップ関係者(僕もN君ももちろん常連客なのです)で開会式後、どちらかといえば参加者の中では後発組としてスタートしました。この8名のバイクがまた面白い。ロード、MTB、クロス、極めつけはリカンベント…8名はひとまず、第1の休憩ポイントである、広島市中央公園にむけて出発したのでした(つづく)。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年7月21日 (金)

ひさびさの青空

数日ぶりにブルーにそまった、今日昼間の広島の空。

太陽の光も数日ぶりでした。

雨が降ることも、われわれ「命あるもの」にとってはとても大切ですが、ここまでつづいちゃあねぇ…というのがここ数日の感想。ましてや、今回の雨は至るところで人的・物的被害も…さすがに「雨、もういいよ!」と思ってる人は多いはず。

僕のいわば「個人レベル」だってここ数日の雨つづきは困りごとがいっぱいです。

洗濯ものが乾ききらない(←加えて、昨日乾燥機がトラブルで使えずますます乾かず)、保育園の送り迎えも大変(子ども2人+2人分の荷物+傘+時には抱っこで駆け込み…etc.)、出勤途中のいつも以上の渋滞、自転車に乗れない(せっかくFフォーク交換したばかりなのに…)etc..

ちょこっと考えてもありますね~。もちろん、生命をおびやかすほどの危険度は皆無なものばかりなので「梅雨明けまでガマン、ガマン…」と思えば何てことはない困りごとですが、それでもこうも雨つづきでは、やはりどこか気がめいってしまいます。

そんな中でのひさびさの青空と太陽の光はつかの間ではありましたが、その時間だけなぜか安堵感と笑顔が自然にあふれてきたような気がしました。

少々(いや、けっこう、かな)蒸し暑くなったのは「ご愛嬌」ってヤツで今日だけは許してあげようかな…。そんな気持ちになるほど、今日の「ちょこっと青空」はうれしかったです。早く梅雨明けにならないかな…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月17日 (月)

なつかしい商品名

昨日、長男と花火を買いに近所のホームセンターに行きました。本格的に花火シーズン突入とあって、花火コーナーは結構なスペースをとっています。その中から「おとうさん、これにしようよ!」と長男が選んだ花火セットはぱっと見フツーの花火セット。ところが手にしてその商品名を見た時、「あ、なつかしい」と思ってしまいました。その商品名とは…

OHモーレツ!

ガソリンスタンドじゃあないんだから(←この意味わかる人は30代後半しかも40歳に近い年齢以上)と思いつつ苦笑しちゃいました…。しかもこの花火セット「OHモーレツ!」は数種類あるみたいで長男が選んだセットの「OHモーレツ!・少量バージョン」やダンボール箱に入った「OHモーレツ!・箱入り」…etc.

このバリエーションの豊富さにそれこそ「OHモーレツ!じゃん!」と感じた僕なのでした…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月16日 (日)

プロフィールの写真さしかえ7

シラスのカーボンフォーク化にともない(?)プロフィールの「チャリフォト」も更新しました。今日「撮れたて」の夏バージョン。長男とのポタリングの時、川の流れと土手の夏草をバックに撮った1枚です。ぜひご覧くだされ~(余談ですが、撮影した川には僕が一番好きな動物である、アヒルが漂っていました。もちろん「かわいい~!」と大喜びで数枚シャッターを切りましたが、この画像は気が向いたらいつかアップしようかな…)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ついにカーボンフォーク化

昨日、スペシャ・シラスのFフォークをクロモリからカーボンに交換しました。なじみのショップで交換してもらったのですが、出来上がったバイクを取りに行ったのが夜で、不覚にもライトを持って行かなかったため、走って帰ることができませんでした。そして今日。夕方から長男を連れてポタリングがてら乗り味を確かめることにしました。

Dsc05307 あらためてまじまじとながめると、フロント回りがなかなか精悍になったな~、と妙な感心。もっとも、ボデイ同色(つまりダークブルー)の今までのフォークも結構気に入ってはいたのですが。そして走り出したところ…

「いやあ、軽~~~~~い!」これが初めての印象。実測値ではありませんが、カタログなどからフォークをクロモリからカーボンに交換すると約1キロ近く軽くなるようです(これでいくと車重は「夢の9キロ台」を達成!)。これにより、走りはより軽快になったのではないかと思います。

クロモリからカーボンへの交換をしようと思い始めた当初、少なからず気になっていたことがありました。それは、例えばちょっとした段差を超える時などクロモリ特有の「しなり」のせいなのでしょうか、衝撃が結構マイルドにやわらいでこれが良かったんですね~。で、カーボンでそのあたりがどうなんだろう(←何せ、パーツとはいえカーボンは「初体験」なものですからよくわからなかったのです)とは思っていましたが、無論そんな不安は僕のとりこし苦労だったようです。段差越えもなかなかマイルドで満足いくレベルでした。

今日は夕方のひとときであまりバリバリ走れませんでしたが、とりあえず交換して大正解だったと思います。一週間後に参加を予定しているサイクリング大会が楽しみ、楽しみ…。

Dsc05332 Dsc05306 ←これらがカーボンフォークの拡大画像。スペシャ純正で「ゼルツインサート」と呼ばれています。スペシャ製のロードバイクの多くにも採用されているようです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

空色ノキモチ

最近、新しい便箋を買いました。それがこの「空色ノキモチ」。

Dsc05289 とあるショッピングセンターの文具コーナーで発見。まずはこの表紙(←便箋でも「表紙」というのかな?)にひかれて手に取りました。中身はどうかな、とある種期待しつつめくってみると…。

Dsc05290 予想はついていたのですが、こんな感じ。これに罫線の入ったいわゆる「下敷き」がついています。う~ん、これはいい!僕はためらうことなく、レジに持っていき購入。

僕は手紙を書くとき(特にプライベートで大切な手紙を書くときに多いのですが)「薄いブルーの便箋に濃いブルーのペンで書く」というのがこだわりだったりします。そろそろ新しい便箋がほしいなあ、と思っていた矢先だっただけにこの「空色ノキモチ」はまさにタイミングばっちりだったのでした。手紙じゃなくても何か書きたくなりそう…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月15日 (土)

「よかったさがし」が3つ!

…なんだか、なつかしの世界名作劇場のアニメ「愛少女・ポリアンナ物語」みたいですが(わかる人は20代後半以上、かな?ちなみに放映当時僕は高校生で、毎週ハマって観てました)ポリアンナとは全く関係なく、久々の更新ということで、ここ一週間のできごとから…。

・その1:8日(土)娘と次男が通う保育園の保護者会に参加。あいにくの雨で予定していた園庭の整備(除草、雨水ますさらいetc.)は中止。子どもたちが使う木製ロッカーのペンキ塗りや遊びでつかうこよりづくりをしました。その後は交流会。グループごとに分かれて、テーブルの上にあるメモ紙を無作為に1枚取り、そこに書かれている質問について答える、といった内容。結構盛り上がってどのグループからも笑い声が…ちなみに僕が引いた質問は「もし透明人間だったら何がしたいですか?」さあ、みなさんは何がしたいですか?ところで、今回の保護者会はお父さん方の参加が多かったです。ああ、よかった!

・その2:9日(日)地元放送局主催の映画試写会に応募していたのが1枚当選し(ちなみに5枚送りました)、その試写会に長男と行ってきました。その試写会とは長男が大好きなポケモン映画の最新作「ポケモンレンジャーと蒼海(←「うみ」と読む)の王子マナフィ」。いや~、なかなか感動ものでしたよ!この手のアニメはTV版はともかく、映画版は大人も感動するようないいストーリーものだったりすることが多いんですよね~、なぜだか…。去年のポケモン映画「ミュウと波導(←これで「はどう」と読む。ポケモン映画のタイトルは子どもたちには読みづらい漢字の入ったタイトルが多いですね~)の勇者ルカリオ」も長男と観にに行って(こちらも試写会に応募したのですが全て落選しちゃいました…)やはり良かったのですが、今回の方がバトルシーンが少なくなっていたのでより良かったです。あまりストーリーの話をするとネタバレになっちゃいますのでこのあたりにしておきますが、なかなかオススメですよ~!ところで実は僕はこのような映画の試写会に行くのは何と「初体験」。放送局主催とあって、上映直前までスクリーン下の方にはその地元放送局のロゴ入りの旗が掲示されていたり、上映前にはその局の女子アナウンサーによる映画の紹介があったり…普段の映画鑑賞とはちょこっと違ったテイスト(?)に感動しちゃいました。長男も楽しかった様子で、ああ、よかった!

・その3:10日(月)嫁さんのバースデーのことは以前つぶやきましたが、この日一週おくれでやっとパーティをしました。週末に注文しておいたケーキでお祝い。そして花束をプレゼントしたのですが、今回プレゼントしたのは黄色いバラの花束15本。

Dsc05275 バラの花束で黄色をチョイスしたのは今回が初めて。ところで15本の意味は…つきあいはじめてから嫁さんのバースデーを祝うのが今年でジャスト15回目、ということで…。ついでに言うと、結婚してからで数えるとジャスト10回目というまさに節目(?)のバースデーでもありました。メッセージにはそのあたりのことも書きましたが(詳しい文面は我ながらはずかしいので非公開…汗)、いやあ、花束をうけとった時の嫁さんの笑顔は何度見てもいいもんです。ああ、よかった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 8日 (土)

次男のねがいごと

保育園に持っていく七夕の短冊に去年までは「キティちゃんになりたいっ!」とおねがいごとをしていた娘でしたが(→2005年7月10日のつぶやき参照)、今年は「てつぼうとプールが(上手に)できますように」「のぼりぼうができますように」ときわめてノーマルな(?)ねがいごとでした。娘に「キティちゃんはいいの?」と尋ねると「うん。でもキティちゃんよりウサハナがいいな…」と娘。とはいえ、結局短冊には「ウサハナになりたいっ!」とは書きませんでした。こんなことからも娘がだんだん「おねえちゃん」になりつつあることを実感してしまいました。

その代わり、というわけではないのですが今年は次男がやってくれました。「なおくん、七夕のおねがいなににする?」と次男に聞いたところ次男は

「う~ん、なおくんね~ぞうさんになりたいっ!!」ときっぱり。またえらいビッグなおねがいごとだこと…。さらに次男のねがいごとはつづきます。

「あとねえ、ライオンとかへびとか…」次男のねがいごとはとまりそうにありません。「いちばんなりたいのはなに?」と尋ねなおすと次男は「いちばんはぞうさん!」…ということで、短冊には「ぞうさんになりたいっ!!」と、でかでかと書き片隅に「あとライオンとか、へびとか…」と念のため(?)小さく書き記しておきました。

ちなみに次男はぞうさんが大好き。「いちばんすきなどうぶつはぞうさんじゃもん!」といつも言っているほど。そんなところからすれば今回のねがいごとは次男らしいねがいごとなんでしょうね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 3日 (月)

バースデーはおあずけ!?

今日は僕にとってとても大切な日の一つである、嫁さんのバースデーなのです。今日で35歳になった嫁さん。夫である僕が言うのも…ですが、それほど「おばさん」っぽく見えないんですね~。

嫁さんと知り合って一緒に♪ハッピーバースデー♪をするのはこれで15回目。本当なら今晩はバースデーの夜なんでいつものごとくケーキやプレゼントを用意して(もちろん、メッセージカード付きの花束は必須!)、で夕食後に♪ハッピーバースデートゥーユー♪となるわけですが、あいにく嫁さんは今週は超多忙ウィーク。今日は仕事の帰りが遅くなるのです。と、いうわけでパーティーは週末になりそう。

今年も楽しいパーティーになるかな?週末が楽しみ、楽しみ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 1日 (土)

仕方がないと思いつつ…

週末の朝、早起きしてシラスで走ろう、と思っていたのに広島は雨。

こんな天気のために室内用のフィットネスバイクなるもの(俗に「サイクルトレーナー」とか「エアロバイク」とかいうアレですね…)が我が家にはあるのですが、これが(購入当初の予想通り)乗っていても面白くない。やはり流れる風景や風を感じながら走るホンモノのバイクには面白さはかなわないんですね~。

とはいえ、こんな雨じゃあどうしようもありません。部屋の白い壁とにらめっこしながら、サイクルトレーナーのサドルにまたがるとしますか。

それにしても雨、あがらないかなあ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »