« 親子のつどいin広島グリーンアリーナ | トップページ | 昨日の3兄弟 »

2006年6月11日 (日)

なつかしのジャワティー

Dsc04991 前述の「親子のつどい」の時、途中のどがかわいたので会場の売店へ行くと…そこには「シンビーノジャワティーストレート」のアルミ缶バージョンがありました。僕は迷うことなくそれを買いました。いやあ、なつかしい!この味、この味…と一気に飲みほしてしまいました。

ジャワティーを初めて飲んだのが、大学生の頃(1989年)。その日の記憶はどういうわけか、今でもはっきり覚えています…。

当時僕は学習塾でアルバイトをしていて、丁度夏期講習で朝から夕方まで勤務が続いていました。昼食は塾から2~3分歩いていたところにあったほか弁の店で唐揚げ弁当を買い、飲み物は塾の入口にあった自動販売機で…というのが(これまた)夏期講習勤務期間の毎日の昼食でした。

当時はコンビニも今みたいにあちこちにあったわけではなく、また自動販売機の飲み物もプルタブ式の缶のみ。なおかつ、今でこそペットボトルや缶入り緑茶なんて種類も豊富でどこでも買えますが、当時はまだまだ「お茶は家で入れて飲むオンリー」な世の中。ウーロン茶がかろうじて市民権を得ていた(←オーバーな表現ですね~)ので、昼食時のお弁当のおともはいつも塾入口の自動販売機にある350ml缶ウーロン茶、と決まっていました(余談ですが僕は小さい頃からお茶好きでした。が、夏は家にいれば冷たい麦茶がありますが、外でしかも昼食、となると熱いお茶はちょっと…さりとてジュースというわけにもいかず、結局選択肢はウーロン茶しかなかったです。冷たい缶入りお茶があったら僕は毎日それにするのに…と当時思っていたものです。今は新製品の緑茶が楽しみですね~)。

そんなある日、バイトの休憩時間となり「たまにはジュースでも飲もうかな」と塾の入口の自販機に行くといつのまにか2台ある自販機のうち1台が新しくなっていました。で、ポカリスエットとかオロナミンCと並んで何やら赤い缶の飲み物が目に入りました。「なんだ、あれは。新商品のジュースかな…。」よく見ると「ジャワティー」とあります。冷たい紅茶かあ、珍しいな、飲んでみるか…と買って早速飲んでみると…「あ、この紅茶甘くない!」僕はてっきり糖分が入っているんだろうと思っていたのでびっくり。よく見ると「ジャワティー」のとなりに「ストレート」とちゃんと書いてあるじゃないですか。「そうか、ストレートティーだったんだ…」本当は少し疲れていたので糖分の入った飲み物が欲しかったのでその時は「失敗したな~」と思いましたが、一方で「でもこれなら昼食のお弁当のおともにいいぞ~。ウーロン茶よりもさらっと飲みやすいし…よし、明日のお昼からはジャワティーだっ!」それから僕のお弁当のおともはウーロン茶からジャワティーに切りかわったのでした。

以来、今のようにお茶系の飲み物が各社から発売されるようになるまで僕はしばしばジャワティーを愛飲していました。缶のデザインも僕的にはおしゃれだな~とか思ったりもしてましたね~(今でもジャワティーのデザインはおしゃれだと思っています)。

で、みなさんご存知のとおり「お茶系飲料乱立」の現在。ジャワテイーは依然として発売中であることは知っていたのですが、いろいろなお茶が出ているのであえてジャワティーを買うこともありませんでした。

そして、今日の「ひさびさのジャワティー」となったわけです。飲むと懐かしい味とともに、暑くて忙しかった、塾でのアルバイトの日々の出来事などをちょこっと思い出したりしたのでした…。

また、たまには昼食のおともにしようかな…。

|

« 親子のつどいin広島グリーンアリーナ | トップページ | 昨日の3兄弟 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100228/10482996

この記事へのトラックバック一覧です: なつかしのジャワティー:

« 親子のつどいin広島グリーンアリーナ | トップページ | 昨日の3兄弟 »