« シラスさらに軽量化へ・その1 | トップページ | ちょっぴり困りつつ、うれしさも… »

2006年6月18日 (日)

シラスさらに軽量化へ・その2

前回の続きです。シラスをカーボンフォークに交換することによって、9キロ台という、クロスバイクとしてはかなりの軽量化となります。しかもいわゆる社外品ではなくシラス純正、というところが、今回のパーツ交換の(あくまで僕的ですが)ミソだったりします。

実際、クロスバイク用の社外パーツとしてのカーボンフォーク自体、まだまだ種類が少ないのが現状。と、いうのもクロスに乗っている人はわかると思いますが、フラットバーロードであれば、ブレーキもサイドプルなので、当然ロード系のフォークでいけるのですが、クロスバイクの多くはホイールはロードと同じ700CであってもブレーキはMTBと同じVブレーキだったりするので、Vブレーキの台座が付いた700Cホイール用フォークが必須、となるのです(だからクロスオーバーバイクなんですが…)。したがって、種類もロードやMTBみたく多種多様、とはいかないのが現状なのです。

とはいえ、ここ数年、街乗り用スポーツバイクの完成車マーケットがそれなりに広がってきているみたいなので、クロスバイク用の社外パーツも増えてきてはいるのですが(シマノからはクロス用のコンポが出ているくらいなので…)、それでもフォークとなると、クロス用はMTB寄りのものが多いので、サス付きが多いんですね~。僕のようにどちらかといえば、ロード寄りのクロスバイクに乗っている人はフォークのチョイスで苦労する人が多いのではないでしょうか。

幸いなことにシラスはカーボンフォークを標準でアッセンブルしたモデルがあるため、純正パーツ交換でOKなわけです。

とりあえず、あせることもなく入荷を心待ちにしている状況ですが、できれば7月参加予定のサイクリング大会に間に合えばなあ…とは思っています。

余談ですが、今朝の長男とのお出かけは10キロ程度で3時間のサイクリングでした。コースとなった、緑道公園で川魚を見つけたり(カワセミが低空飛行して見事に小魚をクチバシで捕獲したのを目の前で見たりして、長男と感動!)ちょくちょく途中下車してのポタリングでしたが、楽しかったです(でもさすがに暑くなってきたな~)。

|

« シラスさらに軽量化へ・その1 | トップページ | ちょっぴり困りつつ、うれしさも… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100228/10579076

この記事へのトラックバック一覧です: シラスさらに軽量化へ・その2:

« シラスさらに軽量化へ・その1 | トップページ | ちょっぴり困りつつ、うれしさも… »