« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006年5月26日 (金)

クリーニング屋さんにて<前編>

僕は昔から人の悩み相談とか、話の聞き役になることが多いです。「誰にもナイショだからね」とか「口がかたいから信用して言うんだけど…」とか前置きして、僕に話す人はけっこういますね~。実際、僕はそうやって聞いた話を他人にペラペラしゃべることもしないですし、聞く時も(特に悩みごとなど)しっかり聞いてあげなきゃ…という気持ちがなぜか働くので、相手の思いをうけとめながら聞くようにしています。

また、相手がアドバイスを求めてこない限りその悩み事に対するおせっかいのようなアドバイスはしないようにしています。なぜかというと、大抵の場合、悩み相談として話を聞くと、解決方法を求めてるというよりは、誰かに話を聞いて欲しいオンリーな場合が多いわけです。ですから例えばアドバイスを求められた時も「これが絶対いいよ!」といった押し付け的なアドバイスじゃなく「僕はこれがいいんじゃないかな、と思うけどそれも一つの方法だとは思うよ。自分よく考えてみたらどうかな」といった感じで最終的な解決方法のきっかけになる程度のなげかけにとどめることにしています。

不思議なことにこういったスタンスで人と接していると、あまり関わりの深くない人とか知り合って間がない人などが僕にいろいろ内面的な部分での思いや悩みを話しかけてくることが多いのです。

なじみのクリーニング屋さん。1年位前まで複数の女性店員さんで店をきりもりしていたのですが、ここ最近はいつ行っても五十代くらいのおばさん(仮にAさんとします)一人が店番をしていました。さらに、1ヶ月くらい前からそこに同じく五十代くらいのおじさん(B氏とします)もちょくちょくいるのですが、彼は決してレジに立つことはなく、いつ行ってもクリーニング済みの商品の整理の仕事をしています。

クリーニングを出しに行くと「いらっしゃい!今日はスラックス?」とかスタンプキャンペーンの時には「ちょっと多めにスタンプ押しとくからね~」とか小銭がなくお札で支払おうとすると「まあ~残念!小銭を期待しとったのに~」とか…Aさんはいつでもどんなお客さんでもこういった調子で明るくシャキシャキとされていて、店内の雰囲気が明るくなるのですが、B氏は「いらっしゃい」もなく、いつもだまって服の整理。特別暗いとか、感じ悪いとかは思わないのですが、あまりにこの二人方が対照的なので、ちょっと不思議な(?)雰囲気のお店(決してマイナスイメージじゃなく)だな~とか思いつつ、ちょくちょく洋服を出しに行っています。

昨日、仕事帰りのスラックスを出しにそのクリーニング店へ。入ると、目に入ったのはレジにいたAさんではなく、カウンターにいたB氏。しかも今日はいつもの洋服の整理をしているのではなく、今からどこかへお出かけかな、といった雰囲気のスーツ姿。やってきたお客(←つまり僕)に「いらっしゃいませ。」と珍しくあいさつをしました。ほどなくして「ありがとうございます。助かりました~。気をつけていってらっしゃい。」とAさんが送り出すと「また来ます」といってB氏は出かけていきました。

「あの人は本職の仕事があるんだけど、手伝いで来てくれとるんよ…。」僕は尋ねてもいないのに、Aさんは僕のスラックスを折りなおしながら話しはじめました。「あの人がおらんかったら、店の中がたいへんでねえ…」いつもの明るさはあるものの、なんとなくあのチャキチャキした口調はなく、もの静かに話すAさん。僕は前から気になっていたことを聞いてみました。

「今は店員さんは何人いらっしゃるんですか?前は2~3人見かけましたけど…」するとAさんは「今はウチだけ。あとはあの人(Bさん)が手伝いできてくれるぐらいだねえ。それが大変だったんよ。これでも一時期ノイローゼになっててね…まあ、聞いてくれる?」Aさんはそう言って語りはじめたのでした…(つづく)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月19日 (金)

子育てつぶやき1週間

実に1週間ぶりのつぶやきです。この間、いろいろなできごとがあったのですが、多忙で書き込めずじまいでした。そこでこの1週間のエピソードの中からいくつかピックアップして書き込んでみます。

13日(土)…保育園保護者会がありました。で、結局副会長になりました。ちなみに会長さんは去年1年間、長男の小学校の学童保育保護者会の会長さんで、僕はやはり副会長でした。長男の保育園時代から関わりのある、がんばり屋のお母さんです。加えて、今回もう1人僕と副会長をされるのが「お父さん」。ダブルお父さんの副会長なんて、初めてだなあ。1年間がんばろ~、とあらためて決意したのでした…。

14日(日)…夕食前のつかの間、嫁さんと娘はおひるね中(ちなみに次男は朝からおばあちゃん(=僕の実母)とおでかけ中でした)。「お母さんが寝とるぞ。ちょうどいい…。」と、僕は長男を連れて、こっそりと「母の日」のプレゼントを買いに行きました。プレゼントはカーネーションの花束と長男がチョイスしたハンドタオルとこれ。Dsc04701

Dsc04703 ←手のひらサイズのこのイルカ、握るとぷによぷにょしてなんだかきもちいい。何でも、手指の疲れをとるためのいわばリラクゼーショングッズ、というヤツです。「お母さん、お仕事で疲れとるかもしれんけえ…」ううん、やさしい息子じゃ~、と感動の僕。買物が終わると、眠りからさめた娘がお出迎え。そこで、カーネーションの花束は娘から、ハンドタオルとイルカは長男から手渡すことに。「ありがとう。」と嫁さんの笑顔もgood!でした。

17日(水)…仕事のお休みをいただいて、娘の保育園参観に行きました。一緒に風車を作ったり、じゃんけん列車したり…楽しいひとときでした。参観が終わり「あとでお迎えに行くからね」といって一旦保育園を離れたのですが、去年までは僕にしがみついてなかなか離れず泣き出していた娘だったのに、今回は「じゃあろうかでおとうさんバイバイするよ」と言いぐずらなかった娘。しかも「はやくおむかえにきてね」と言って手をふる娘の姿に「だんだんおねえちゃんになってきたな~」とうれしかったり、あまりにあっさりしていたのでちょっぴりさびしかったり…。

18日(木)…どしゃぶりの中帰宅。部屋の窓から「おと~さ~ん!」と顔をだしてくれるのはいつもなら次男ですが、何と長男でした。そして、いつも車までおでむかえしてくれるのは娘なのですが、これも長男でした。しかも、どしゃぶりの中、傘をさして笑顔で車まで来てくれたのです。久々の長男のおでむかえ、とてもうれしかったです。

心当たりはありました。数日前の夕食時の嫁さんや子どもたちとの会話で、いつもお父さんのおでむかえをしてくれる娘の話でもりあがり、僕は長男に「さとも(2年前まで住んでいた)前のおうちの時は、お父さんが帰ってきたらいつも車までおむかえに来てくれてたのをおぼえとるか?お父さんはお前がおむかえに来てくれるのがうれしかったんだぞ~。」とご飯を食べながら何気に話したことを思い出しました。この話を覚えてて長男がおでむかえしてくれたのかは?ですが、とにかくうれしかったのです。傘の中、玄関までのほんのつかの間でしたが傘の中「おむかえありがとな。父さん、とてもうれしいよ。」と言ってぎゅ~っと抱きしめてやりました。

19日(金)…朝、保育園に娘と次男を送っていくと、この春に赴任された園長先生が次男に「おはよう!」と声をかけられました。聞くと園長先生の息子さんとウチの次男の名前が同じだとか。赴任当初から気さくな園長先生だな~とは思っていたのですが、今朝のやりとりでますます思いました。次男も僕に抱っこされながら「おはよう…」と照れ笑いしながら園長先生にあいさつしていました(この照れ笑いがまたかわいい←毎度おなじみ「100%親ばか」ってヤツだなあ…)。

以上、この1週間の子育てエピソードでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月12日 (金)

久々の「3人おむかえ」

おとといの広島は午後警報が出るほどの大雨でした。長男の通う学童保育では、警報が出ると安全に帰宅できるよう、保護者におむかえの連絡が入ってきます。小学校(長男が通う学童保育は小学校の空き教室を使っています)からは嫁さんの職場から近いこともあって、緊急連絡は嫁さんの方に入ってくることになっています。

おとといは嫁さんが会議で遅くなることは朝の時点でわかっていました。予想通り、程なくして「おむかえにきてほしい、と(学童保育から)連絡があったよ。」と嫁さんから連絡がありました。僕は夕方早めに長男のおむかえのためどしゃぶりの中、一路、小学校へ。

教室に行くと、すでにほとんどの子どもたちは帰宅しており、残っていたのは長男を含めて二人。「道路、混んでいたでしょう?おつかれさまです」と笑顔で出迎えてくれた先生方。僕は「いえいえ、お世話になりました。」と答えると、遊んでいた長男が笑顔で「おとうさん!」とかけよってきます。

先生方にあいさつをして校舎をあとに。あいかわらずのどしゃぶりで校庭のところどころが池のようになっています。「おと~さん、どこ歩いたらいいかね~」と言いつつ、結局池状態の水溜りをそろそろ…でもすぐに靴がびしょびしょに…二人とも傘をさしていましたが、全く役に立たず。僕もすでにスーツはべっとり。とにかく、急ぎ足で車に乗り込みました。

小学校のすぐとなりに娘と次男が通う保育園があります。長男に保育園におむかえに行ってくるので車で待っとくように伝えると、僕はまた車から出てどしゃぶりの中、保育園へ。

保育園は屋根付きテラスの中まで雨が振り込み、床はびしょびしょに。先生方はお迎え対応や壁に掲示したあった、子どもたちの描いた絵をぬれないよう「避難」させてたり…と大変そう。

娘の教室がある1階を見たのですが、なぜか娘の姿がみあたりませんでした。そこで2階に上がり、次男の教室へ。「あ、おと~さ~ん!」と次男が笑顔でかけだしてきました。抱っこして1階へ。階段をおりる途中、娘が「おと~さ~ん!」とこれまた笑顔で手を振っています。

「今日はお兄ちゃんもおむかえに行ったから、4人で帰るよ。」と娘と次男に言うと「お兄ちゃんはどこ?」と二人。「あそこのお父さんの車をみてごらん。おるじゃろ?」と僕が車を指さすと、どしゃぶりの中、ガラスごしに助手席に座っている長男の姿がぼんやりと見えます。

「あ、お兄ちゃんだ!」いつもはおむかえに行っても園庭でひと遊びしてからじゃないと帰らない二人なのに「早く車に行こうよ!」と大喜び。僕は傘をさし、次男は抱っこしたまま娘の手を引いて車へ。

車に乗り込むと、3つの笑顔。「何で今日はおにいちゃんもおむかえなん?」と娘。「ねえねえおとうさん、(こどものうたの)CDかけてよ~!」と次男。そして娘や次男にちょっかいを出している長男。

「今日の晩ごはんはな~んだ?」と僕が3人に尋ねると「カレ~!!」と子どもたち。「さあ、帰って晩ごはんだ~!」と言うと次男が「やったあ~!」…外はあいかわらずのどしゃぶりでしたが、車の中はにぎやか。楽しいおむかえのひとときとなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 8日 (月)

GWがおわって…

ゴールデンウィークの残り2日間となった、おとといと昨日は我が家の大掃除や子どもたちの学校、保育園の準備などでバタバタ。但し、子どもたちにとっては近くに住むおばあちゃん(=僕の母ですね)と「こどもの日」のお買物や食事などまだまだ「楽しいこと」が目白押しでした。

さて、今日からまた仕事がスタートしました。気分を切りかえていくぞ~!目標は今週末の休み。子どもたちと何しようかな~って、あれれ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 6日 (土)

GW2006in交通ランド&etc.

昨日(5日)も広島は晴天でした。午前中は市内西区にある「交通ランド」に行きました。

Dsc04592 昔は「交通公園」と呼ばれていたこの公園、園内には道路・信号機・標識・歩道橋・トンネルなどあり、ゴーカートで走れるようになっています。また、公園内には小さい子どもが遊べる様々な遊具や砂場・芝生などもあり、ゴーカートに乗れずとも楽しめる公園でもあります。僕にとっては小さい頃から大好きなテーマパーク(←今風に言えばこうなのでしょうがどちらかといえば「小ぢんまりとした遊園地」といった風情…)なのです。

いつもはゴーカートに乗るためにはチケットを買わなければいけませんが、5月5日はこどもの日ということで、ゴーカートに無料で乗れるのです(但し回数制限は一応あるのですが…)。公園に到着すると、予想通りゴーカート待ちの列ができていました。とはいえ、ゴーカートも台数はあるので、そこまで待たされるということはありませんでした。

ゴーカートは二人乗り用と一人乗り用の二種類あり一人乗り用は小学校3年生以上かつ身長120cm以上じゃないと乗れません。小2の長男は二人乗り用の順番を待つことになりました。最初は、嫁さんと娘が僕と長男より前に並んでいたのですが乗り場に近づいた頃響き渡る数台のゴーカートのエンジン音がこわくなったのか、もうすぐ順番となったところで突然娘が「やっぱり乗らん…」そこで急遽娘と長男を交代。長男は大喜びで嫁さんと乗りました。

二人が出発してから僕は娘と次男を連れて再び順番待ちに。ちょうど僕らの順番が回ってくる頃には嫁さんたちが帰ってくるだろうから、そこで娘を嫁さんにまかせて、今度は僕と(娘とは対照的に)乗る気まんまんの次男がゴーカートへ…という効率の良い回転(?)をもくろんでいました。

嫁さんと長男が戻ってきて、いいタイミングで娘を嫁さんにまかせて僕は次男とゴーカートへ。次男は初めて乗ったのですが全くこわがらずコースの途中で手を振る嫁さんや長男、娘に「ここよ~!」と笑顔で手を振り返すほど余裕でした。よほど楽しかったのか、次男はすぐまた順番待ちの列に並び、嫁さんと2回目の「ドライブ」へ。この時僕は娘と長男とでコースの途中の沿道にて嫁さんと次男が乗ったゴーカートをまちぶせし、近づいてくると「お~い!」と手を振ったり、公園内を先回りして、写真やビデオカメラを回したり…そんなに広い敷地ではないのですが、子どもたちを連れて走っての移動しかも晴天で気温も上昇中…とくれば早々に汗ばんできました。

長男や次男が楽しそうに乗っている様子に感化されたのか、ついに「ともちゃんも乗るっ!」と娘もゴーカートに…。娘も楽しかったようで、1回目の「乗車」が終わるとすぐさままた順番の列へ…結局、乗車制限の「一人3回」を3人ともこなしました。

Dsc04643 午後からは毎年ゴールデンウィークの人出で全国ベスト2になる(今年は3日間で160万人の観客だったとか…)「ひろしまフラワーフェスティバル」へ。これは毎年5月3~5日の3日間、広島市内中心部を東西に貫く幅100m、距離約3キロちょっとの「平和大通り」の内、平和公園以東の約2キロ弱の区間を会場にパレードやらイベント、ステージが繰り広げられるお祭りなのです。

実は何年か前まで、僕らはこの「フラワー…」には子どもを連れて行くことを避けていました(若い頃は親や友達や恋人とかと行ったものですが…)。さすがに人ごみはすごいし加えて暑いし…小さい子どもら2~3人を連れて歩くのは、僕ら以上に子どもたちにとっては辛いかな…というのがあって。ところが、ここ2~3年、この祭りに子どもたちを連れて行くようになりました。それは一つの目的ができたためです。この祭りでは3日目に「きんさいYOSAKOIパレード」というのがあって、全国各地からこの祭りを目標にYOSAKOIの練習を積んで、パレードやステージで参加します。このYOSAKOIパレードに広島市立の保育園で働く保育士さんたちが毎年参加されているのですが、我が子どもたちが通う保育園の先生方も披露されるので、子どもを連れて見に行くのです。パレードは平和大通りのど真ん中を合計4回、踊りながら移動する、というもの。1~3回目のブースはもっとも人ごみがすごい状態なので、僕らは最後のブースとなる4番目の踊りのブースで先生方が来られるのを、かき氷を食べながら待っていました。

いよいよ子どもたちが通う保育園を含めた広島市内8区の内3区が1ブロックとなってのYOSAKOIがやってきました。先生方が立ち位置に移動中嫁さんが声をかけると「あ、ともちゃ~ん、なおく~ん!」と保育園の先生方が気づいて声をかけてくださりました。そして、踊りが始まりました。着物姿で両手に鳴子を持ち、さわやかな笑顔とあでやかかつ力強くかっこよく踊る先生方。そんな、いつもとは違う雰囲気の、先生方の踊る様を子どもたちはじ~っと見つめていました。

Dsc04630 踊りが終わると、先生方はすぐ近くにある平和公園へ。ここはYOSAKOIを終えたグループの集合場所になっていました。娘や次男だけではなく、長男も知っている先生もいらっしゃっていて「さと君、久しぶり~」とか言われて、照れ笑いの長男。一方、娘と次男は着物姿の先生方と一緒に記念撮影しました。

この「フラワー」ではもう一つ、JTのごみ拾いブースに参加しました。これは受付で参加証と軍手、ごみ袋を受け取り、会場のごみを拾い再び受付に戻ると景品がもらえる、というもの。この時、長男がいい動きをみせてくれました。

長男はごみ拾いよりも気になっていたのは、どこかの屋台で売られている(らしい)おもちゃ。そのおもちゃが欲しくて、売っている屋台を探しながら回っていました。当然この時軍手やごみ袋は持っているだけで、ごみ拾いはしていませんでした。僕もあえてそのことにはふれず、なかなかみつからないおもちゃが売ってある屋台を一緒に探していました。

ようやく見つかり、おもちゃを買うことができました。その後僕は長男がどういう行動をするか、見ていました。既に夕方、祭りに来てから数時間が経っていました。今日は朝から相当歩いています。結構疲れているはずの長男。「おとうさん、おもちゃを買ったけぇ帰ろう」と言ってもおかしくありません…ところが長男は「よし!ゴミを拾おう。」と走り出し、小さいゴミやら大きいゴミやら拾ってはゴミ袋へ。この予想外の展開に驚いた僕。「さと、すごいじゃん!えらいじゃん!」親は何も言ってないのに自分からやる気になってゴミを拾う長男のその「やる気」に感動!思えば、今日、興味津々でキョロキョロ、ウロウロとなかなか前に進まない次男の手を引いて一緒に歩いてやっていたのも長男でした。「フラワー…」にきてあらためて長男がしっかりしていく様を感じることができてよかったなぁ…と思った僕なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロフィールの写真さしかえ5

早々とプロフィールの「チャリフォト」更新しちゃいました。桜はともかく、マイチャリがイマイチ目立たなかったので…フレームがダークブルーなのでしかたありませんが…ともかく更新、です。写真に写っている橋は瀬戸内しまなみ海道・来島海峡大橋で先日参加したサイクリング大会の時に撮影したものです。

ついでにブログのレイアウトや配色も更新。ブログ開始から1年、ちょっとしたマイナーチェンジといったところです。最初はちょこっと更新、のつもりだったのですがかなりリニューアルしてしまいました。本当はバックはもう少し薄いブルーがいいのですが…まあいいかな(汗)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 4日 (木)

GW2006in太田川

今日も晴天の1日。朝のお出かけ時間こそ昨日より遅かったのですが今日も交通手段が二通りに分かれての移動となりました。目的地は広島市内・太田川放水路の河川敷。駐車場も(休日のみですが)広く、芝生もゆったり。近くにはJR山陽本線・可部線・新幹線が通り、乗り物大好きの次男は大喜びしそう。また、午後からく引き潮でその近辺は巨大な干潟が出現…と昨日につづき長男・娘が泥だらけ…と様々な予想をしつつ、僕は長男と自転車でサイクリングがてら、嫁さんは娘と次男と荷物類(着替え・娘の自転車・次男の三輪車・レジャーシート・簡易テント・お弁当…etc.)をのせて車で現地に移動、となりました。

僕は長男と自転車2台で広島市内中心部へ向けて走りはじめました。いつになくダンシング(←簡単に言うと「立ちこぎ」ですね)が多い長男の走り。クランクの回転ほどスピードが伸びていなくてなおかつ「おとうさん、つかれた~」を連発。それでも「ちょっと休もうか?」と僕が言うと長男は休まず走り続けます。長男がスムーズに走れなかった原因は長男のこぎ方を見てわかりました。どうやらサドルの位置が低すぎたようです。どうにかこうにか10キロ走ったところで自販機でゲータレードを買い水分補給して少し楽になったのか、長男Dsc04563 は残り2キロの河川敷コースを快走。1時間少々かけて嫁さんたちの待ち合わせポイントに到着しました。

すでに嫁さんと娘と次男は到着していて、自転車や三輪車を乗り回していました。その後、簡易テントを広げてお昼ごはん。近くを電車が通るたびに笑顔いっぱいの次男。長男と娘は楽しくおいかけっこをしてはいつしかけんかになって…を繰り返したりと、予想通り(?)の展開。青空と緑の芝生の中、子どもたちはのびのび遊びました。

川面に目をやり「おとうさん、川の水がへってるよ!」と長男。潮はだんだん引いてきました。僕はその河川敷を3キロほど南下したところに絶好の水遊びポイントがあることを思い出し下見がてらサイクリングに。そこは河川敷の中に人工的に作った池の形になっていて、潮が引くとそこだけ川(海)の水が残るようになっているのです。行ってみると、干潟の中に巨大な水溜りが数ヶ所、といった状態。さすがに魚はいそうにないほど浅かったのですが、適度に泥遊びだできそうでいい感じ。一旦自転車で嫁さん、子どもたちのいるポイントに戻りました。しばし遊んでから、僕の自転車だけ近くに置いて(長男の自転車は車のトランクに片付けました)、家族5人で例の「池」へ。

060504_1559001 「池」のまわりを走り回る3兄弟でしたが、程なくしてすぐ近くの広大な干潟に向かって走りだしました。泥んこになってはしったり、ゴツゴツした石につまづいたり、カニの巣を見つけてカニをつかまえたり…とおおはしゃぎでした。

その後僕は自転車を置いたところから自宅へ12キロ走り(ちなみに今日は合計40キロ程度走りました)、嫁さんと子どもたちは車でそれぞれ帰宅しました。

昨日は海レジャー、今日は川(&芝生)レジャー…さて、明日はどこへ行こうかな?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

GW2006in宮島

昨日(3日)は上々の天気で、家族で宮島水族館に行きました。

行きは、嫁さんは子どもたちを連れて電車で移動。僕は荷物の運搬のため車で移動し、宮島口で待ち合わせることに。なぜこのような移動手段をとったかというと…。

・理由その1:いつもお出かけ、というと車での移動が多いのですが、子どもたちは電車の移動も大好きですから、ワクワク感も違っていいものです。とはいえ、荷物はどうしても多くなります。特に着替えは必須。加えて、お弁当&水筒、ビデオカメラ&デジカメ…etc.荷物は多くまた重くなってしまいます。おおはしゃぎする子ども3人&荷物での電車移動はさすがにヘヴィというもの。そこで「子どもたちは電車・荷物は車」となったわけです。昨日は、水族館から帰る道中の干潟で遊んだ長男と娘の服はドロドロになってしまいました。また、水族館内の小さな池に次男がはまり、びしょびしょに…着替えを持って行って大正解!でした。

・理由その2:朝からのお出かけで、帰る頃(午後)には疲れる子どもたち。特に、2歳の次男は「だっこ~!」とぐずりはじめ「ねんねタイム」に必ず突入します。そこで、帰りは車で「3人そろっておやすみタイム」となるわけです。昨日も予想どうり、水族館を出た2時頃から「だっこ~」とぐずりはじめ、だっこしてほどなく「ねんねタイム」に…。帰りの車中は次男だけでなく長男も娘も遊び疲れて「おやすみタイム」とあいなりました。これまた、車を持ってきて大正解!でした。

Dsc04494  お出かけの方は3人とも楽しんでいた様子。水族館では、あしかショーを見たり、次男は大好きなペンギンをさわることができました(「フンボルトペンギンをよしよししたよ~。」と満面の笑みの次男でした…)。また、水族館に行く道中にみかける厳島神社の「大鳥居」は行きのときは満潮だったので海に浮かんでいた(ように見える)のが帰りの道中の時は干潮だったため歩いて行けたり…4歳の娘にとっては不思議だったでしょうし、小2の長男にとっては「潮の干満」のおべんきょうになったようです。

3人とも楽しかった様子でしたし、(先述の)移動手段により僕も嫁さんもそんなに疲れることはなく、最高の日帰りレジャーとなりました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年5月 3日 (水)

GW本番!

いよいよゴールデンウィーク本番。今年は暦が(僕の職場も嫁さんの職場も)良く、今日から5連休です。

いわゆる「お泊り企画」はないので「日帰り企画」でこの連休をみんなで楽しもうかと思います。が、しかし…

部屋はちらかってるなあ…洗濯物もあるぞ…食器も流し台に…と、もろもろの家事も残っています。が、しかし…

ひとまず朝早くからお出かけし「日帰り企画」を楽しみ、家事は午後帰宅してから嫁さんと二人でゆるゆるこなそうかな、と開き直って(?)おります。きっと、いっぱい遊んだ子どもたちがちょうど「おひるねタイム」になるだろうから、その時間を使って「家事ざんまい」かな。

ともかく、どんなゴールデンウィークになりますやら、ドキドキ&ワクワクです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »