« GOGO!3兄弟<娘のトイレ編> | トップページ | GW本番! »

2006年4月30日 (日)

GOGO!3兄弟<長男のトイレ編>

トリをつとめるのは長男(小2)の最近のトイレのエピソードです。

2年生になったある日、その日は嫁さんが会議で遅くなるため、僕の方が早く帰ることになり、晩ごはんの支度をしました。できあがって、2階で遊んでいた3兄弟を呼んだのですが、長男だけは1階のリビングになかなか下りてきません。数分後下りてくるも、食卓につこうとせずリビングをダラダラと動き回る長男を見て、たまりかねた僕はいつも以上にかみなりをおとしました。一方、長男もいつも以上に泣きながら「なんでそんなに怒るのか」と僕に反発。

そうこうしているうちにようやく食卓についた長男でしたが、すぐにトイレへ。ところが、いつまでたってもトイレから帰ってきません。ひょっとして、叱られてトイレにこもって落ち込んでいるのかな…と気になり、僕はトイレに行きました。すると、トイレは内側から鍵がかかっていました。「お~い、さと~!」と何度声をかけても、ドアをノックしても反応なし。

「もしや…」と思いつつ、工具を使って鍵をあけ、ドアをあけると、そこには便器の上ですやすや眠っている長男の姿が…「やっぱり、思ったとおりだ…」と僕。

それは、小学校に入学した去年、よく見た光景でした。保育園と違って「お昼寝の時間」がない学校生活。登下校、授業、放課後の学童保育…保育園とは180度変わった生活、きっと長男なりに気が張ってたんでしょう。1年生の1学期は、学校から帰るとそのまま寝てしまい朝までぐっすり、というのはしばしばありました。2学期~3学期とだんだん減ってきてはいましたが…。

僕は長男を抱っこしてトイレから和室へ。布団を敷いていると「おとうさん…」と寝ぼけ声の長男。「さと、起きなくていいぞ。あとでお父さんがパジャマに着替えさせてやるから。」と僕。僕は布団を敷き終えるとなるべく長男を起こさないようにしてパジャマに着替えさせました。そして再び抱っこして、布団をかけました。

2年生になり、クラスメートはそのまま、担任の先生も持ち上がりだったのですが、そうはいっても多少の「環境の変化」はあるのでしょう。そう考えると、小さな体でがんばってるんだよな~と思いつつ長男を見ると、長男はかわいい顔ですやすやと眠っています。そんな長男の寝顔を見て、さっき叱りとばしたことを後悔、反省した、4月の初めの僕だったのでした…。

以上、3兄弟の最近のトイレエピソードでした。まさに三者三様、笑いあり・涙あり・怒りあり(←「怒り」はない方がいいですね~)の子どもたち。これだから子育てはおもしろいのです。

|

« GOGO!3兄弟<娘のトイレ編> | トップページ | GW本番! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100228/9823146

この記事へのトラックバック一覧です: GOGO!3兄弟<長男のトイレ編>:

« GOGO!3兄弟<娘のトイレ編> | トップページ | GW本番! »