« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

2006年4月30日 (日)

GOGO!3兄弟<長男のトイレ編>

トリをつとめるのは長男(小2)の最近のトイレのエピソードです。

2年生になったある日、その日は嫁さんが会議で遅くなるため、僕の方が早く帰ることになり、晩ごはんの支度をしました。できあがって、2階で遊んでいた3兄弟を呼んだのですが、長男だけは1階のリビングになかなか下りてきません。数分後下りてくるも、食卓につこうとせずリビングをダラダラと動き回る長男を見て、たまりかねた僕はいつも以上にかみなりをおとしました。一方、長男もいつも以上に泣きながら「なんでそんなに怒るのか」と僕に反発。

そうこうしているうちにようやく食卓についた長男でしたが、すぐにトイレへ。ところが、いつまでたってもトイレから帰ってきません。ひょっとして、叱られてトイレにこもって落ち込んでいるのかな…と気になり、僕はトイレに行きました。すると、トイレは内側から鍵がかかっていました。「お~い、さと~!」と何度声をかけても、ドアをノックしても反応なし。

「もしや…」と思いつつ、工具を使って鍵をあけ、ドアをあけると、そこには便器の上ですやすや眠っている長男の姿が…「やっぱり、思ったとおりだ…」と僕。

それは、小学校に入学した去年、よく見た光景でした。保育園と違って「お昼寝の時間」がない学校生活。登下校、授業、放課後の学童保育…保育園とは180度変わった生活、きっと長男なりに気が張ってたんでしょう。1年生の1学期は、学校から帰るとそのまま寝てしまい朝までぐっすり、というのはしばしばありました。2学期~3学期とだんだん減ってきてはいましたが…。

僕は長男を抱っこしてトイレから和室へ。布団を敷いていると「おとうさん…」と寝ぼけ声の長男。「さと、起きなくていいぞ。あとでお父さんがパジャマに着替えさせてやるから。」と僕。僕は布団を敷き終えるとなるべく長男を起こさないようにしてパジャマに着替えさせました。そして再び抱っこして、布団をかけました。

2年生になり、クラスメートはそのまま、担任の先生も持ち上がりだったのですが、そうはいっても多少の「環境の変化」はあるのでしょう。そう考えると、小さな体でがんばってるんだよな~と思いつつ長男を見ると、長男はかわいい顔ですやすやと眠っています。そんな長男の寝顔を見て、さっき叱りとばしたことを後悔、反省した、4月の初めの僕だったのでした…。

以上、3兄弟の最近のトイレエピソードでした。まさに三者三様、笑いあり・涙あり・怒りあり(←「怒り」はない方がいいですね~)の子どもたち。これだから子育てはおもしろいのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月29日 (土)

GOGO!3兄弟<娘のトイレ編>

つづいては娘(4歳)の最近のトイレのエピソードです。

娘は3月から、寝る時の紙パンツをやめて「お姉ちゃんパンツ」(←もちろん布パンツのこと)をはいて寝ています。これも僕や嫁さんが無理やりトイレトレーニングしているのではなく、娘が自分からやる気になった、ある出来事からでした。

3月まで同じ保育園に通っていた、こうへい君という仲良しの男の子がいました(残念ながら、4月にこうへい君は転園してしましました)。ある日、こうへい君が娘に、僕は寝る時に布パンツをはいて寝ている、というようなことを言ったらしく、それを聞いた娘は「ともちゃんもこうへい君みたいに布パンツでねる!」とやる気になったのです。

この1ヶ月、もちろん「失敗なし」ばかりではありませんでした。特に初めの頃は、朝起きるとふとんがべっちょり…が2~3日連続、なんてこともありました。そんな朝は気まずそうな顔をする娘。パンツやパジャマや布団がぬれるのは洗濯すればいいので、僕も嫁さんもぬれた布団やパンツ、パジャマのことで娘を叱ったりすることはないのですが、4歳は4歳なりに「もらしちゃった…」というくやしさがあるみたいで少しさえない顔をします。そんな時は「ともちゃん、大丈夫だよ!」と僕も嫁さんも元気づけるようにしています。もちろん、ぬれずに朝を迎えた時は「ともちゃんえらかったね~」とほめています。

1ヶ月以上経った今ではほとんどもれることはなくなりました。また、寝る前にトイレに行く、といったこともいつの間にか定着しています。

ともちゃん、お布団もパンツもパジャマもぬれてもOKだよ!お父さんもお母さんもバッチリお洗濯するから安心して「おねえちゃんパンツ」で寝ていいよ~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GOGO!3兄弟<次男のトイレ編>

子どもたちの最近のトイレにまつわるエピソードをつぶやいてみます。まずは次男(2歳)から。

次男はこの春あたりから、朝保育園にいく時は紙パンツを脱いで「お兄ちゃんパンツ」こと普通の布パンツに履き替えています。朝から寝るまでいつのまにか「お兄ちゃんパンツ」が定着。「しっこがもれる」「ウンチがでそう…」と言ってトイレに行くようになりました。ウンチが出た時は「お父さん、みてみて~」と呼び、僕が「おお、なおくん、い~っぱい出たね~。えらかったよ」といいながらお尻を拭くと自信たっぷりの表情。

ところで次男の「お兄ちゃんパンツ」への切り替え(俗に言う「トイレトレーニング」というヤツですが…)は、僕も嫁さんも無理やり取り組んだわけではありません。保育園から持って帰る着替え類で紙パンツの「お持ち帰り」が最近少なくなったなあ…とは思っていたのですが、たまたま保育園の先生とのお話で「最近なおくんは保育園では布パンツで過ごしてることが多いんですよ」とのこと。そうそう、紙パンツの「お持ち帰り」が減った分、湿った布パンツの「お持ち帰り」がしばしばあるなあ…と先生の話を聞いて納得。で、ある日の朝の着替えの時、嫁さんが「なおくん、今日は保育園にお兄ちゃんパンツで行ってみる?」と何気に言ったところ「うん!」とのりのりの返事。それ以来次男はハマったようで…今では「湿ったお兄ちゃんパンツ」の「お持ち帰り」の頻度も「しばしば」から「たま」になっています。

まあ「お持ち帰り」があるとかないとか、多いとか少ないとかで一喜一憂するんじゃなくて(←「一喜」はいいかな…)自分からその気になって「お兄ちゃんパンツ」をはいたり、トイレに行く次男の気持ちを大切にしながらこれからも「なおくん、すごいね~!」としっかりほめていこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月28日 (金)

しまなみその後

しまなみサイクリング大会から5日経ちましたが、この間のエピソードをつぶやいてみます。

・つぶやきその1…「大会」から3日間、サイクルコンピューターが行方不明になっていました。最後に見たのはシラスを車に積み込む際に外して車のボンネットに一旦置いてたのですが、数分後に気づき、あわててトランクに入れた時。トランクに入れたのは間違いなく覚えていたのですが、いざ帰宅して走行データを書き写そうと思い、まず自転車部品を入れていたダンボール箱を探しましたがありませんでした。次にお土産の買物袋にまぎれているのでは、と思い探したのですが、ここにもない!あげくのはてには車のトランクやリアシート近くも探したのですが、みあたりませんでした。見つかったのは3日目。前述のダンボール箱に入れていたビニール袋の中に入っているのを発見!なぜこんなところに…入れた覚えはないんだけどなあ…。

・つぶやきその2…未だに筋肉痛がきていません。いつもならふとももあたりにくるはずの筋肉痛が、大会初日、2日…と過ぎてもこない。こりゃあ今からきた日にゃショックだなあ…と思っていたのに、5日経った今も痛みはなし。どうも筋肉痛にはならなかったようです。但し、冷静に考えると、今回の大会は30キロ1時間半の走行しかもガシガシとペダルをこぐ、といった動作はなかった…要は筋肉疲労を起こすほどは走らなかった、ということなのかもしれません。だとしたら筋肉痛にならなかったことを素直に喜ぶわけにもいかないのかな、とか思うわけです(例えば昨秋100キロ走った周防大島サイクリング大会のあの坂のキツさを走って「無筋肉痛(←?)」だったら「ほんまもん」なのかも知れませんが…)。

以上「しまなみ後」のなにげないつぶやきでした…。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月26日 (水)

38歳のバースデーケーキ

Dsc04423 25日、めでたく(?)38歳になってしまいました。誕生日当日は仕事からの帰りが遅くなったため、1日おくれで今日、家族にお祝いしてもらいました。

我が家は家族5人のバースデーは必ずケーキを買ってお祝いをします。ケーキは近くのケーキ屋でちょこっと「こった」ケーキをオーダーすることが多いです。

ちなみに去年(37歳)のバースデーの時は「ケーキ屋さんにおとうさんのすきな絵をケーキにかいてもらったよ、な~んだ?」と長男がクイズを出してわくわくしながら箱を開けると「ウルトラセブン」が描かれていたケーキでしたが、それに比べると今年はいちごたっぷりのチョコレートケーキ、とシンプル。でもこのケーキも実はひそかに「こった」オーダーをしていたのです。

チョコレートケーキというのがその1つ。「おとうさんはチョコレートケーキが好きでしょ」と長男。そうそう、僕は例えばクリスマスケーキ選びの時などカタログをながめながら「どっちかというとチョコレートケーキがいいなあ…」などよく言っていますね~。

もう1つ「こっていた」こと、それはろうそくの本数でした。ケーキにろうそくを立てるとなんだか中途半端な11本という本数。「何で11本なんだ~?」と僕が尋ねると、またまた長男はうれしそうに応えました。

「だっておとうさん38歳でしょ。だから長いろうそくが3本とみじかいろうそくが8本よ。」

な~るほど、いわゆる「十の位」と「一の位」ってヤツかあ、算数だなあ…。やっぱり小学生なんだよな~。と感動。

もちろん、長男だけじゃなく娘も次男も嫁さんもみんなで♪ハッピーバースデーをうたってくれて、うれしかったです。口のまわりにチョコレートをいっぱいつけて満面の笑みの娘。いつものように踊ったりうたったりとお調子者ぶりを発揮(?)する次男。年はとっていくけど、こうして家族の笑顔がいっぱいみられ、楽しく迎えるバースデーがやっぱり最高なのです。

3人の子どもたちと嫁さんに順番に「祝ってくれてありがとう!」と言いつつ、子どもたち一人ひとりのほっぺ&嫁さんの唇にキスした僕なのでした…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月25日 (火)

しまなみ30キロ快走!

23日、しまなみ海道のサイクリング大会に参加しました。しまなみ海道を走るのは2003年の「ツール・ド・しまなみ」参加以来3年ぶり。今回は、西瀬戸自動車道(←しまなみ海道の正式名称)の未開通区間だった「大島道路」区間が翌日開通するということで、この区間を含めて30キロを走ろう、という趣旨の大会でした。高速道路上を自転車で走れるなんて、なかなかできない経験。加えて、今年初のサイクリング大会参加という意味合いも個人的にはありました。さらには昨秋あたりから自転車熱が十数年ぶりに復活した幼なじみのN君のいわば「復活デビュー戦」ともなりました。

Dsc04356_1 当日は早朝まだ雨が降っていました。開会式の時点では雨はあがっていましたが、少々寒かったです。この大会のために(?)新しく購入した半袖のレーシングスーツ&レーパンでのぞみましたが、まわりは長袖シャツ(あるいはレーシングスーツ)もしくはウインドブレーカーの参加者ばかり。大会受付のスタッフに「寒くはないですか?」と聞かれたほど半袖派(?)は皆無。まあ、過去これより寒いサイクリング大会(秋のどしゃぶり&向かい風など)を経験したおり、かつ走りだすと必ず暑くなってうっとうしくなるのは必至なので、もちろん半袖で走りました。

Dsc04336_2 コースは愛媛・今治の「サンライズ糸山サイクリングターミナル」をスタートし、すぐに軽い上り坂があり来島海峡大橋の3連橋をひた走りループ状の下り坂を経て一旦、平坦道を走り高速道路の取り付け道の上り坂(ここは安全面から自転車は一旦おりて押して歩くようになっていました)から高速道路部分へ。そこから折り返しをふくめて約15キロの「高速道路上」  のゆるい上り&下り坂を走り、もと来た道を帰って再びサンライズ糸山に戻りゴールというルートでした。

10時から開会式があり、10時20分頃スタート。グループ毎のスタートでは第1班(つまり先発集団)でした。来島海峡大橋までの上りは当初の不安をよそに思った以上に楽々クリア。3連橋上も路面のウエットに気をつけつつも、頭の中では「安定したケイデンス…」とつぶやきつつ走りました。

橋を渡りきって長いループ状の下り坂はコントロールにやや苦労しましたが、バーエンドを使いどうにかコントロール。

Dsc04348_1 一般道をしばし走り、いよいよ「高速道路」区間へ。途中、エイドステーションでN君と小休止。そこから3キロ弱で折り返し地点へ。この高速道路区間はだらだらとした軽い上り坂と下り坂でしたが、幅広く見通しが良かった(当たり前ですが…)ので結構快適に走れました。ここは(後述しますが)15キロのファミリーサイクリング参加者と同一ルート。僕らのようなスポーツバイクにヘルメット・レーシングスーツで走る者もいればゆるりと走るママチャリ&キッズバイクの親子連れ、はたまた前カゴ(=チャイルドシート)に子どもさんを乗せて走るお父さん…etc.思い思いに「高速道路」の走りを楽しんでいて、ほほえましい限りでした。

N君は体調不良に加えてサドルの高さがイマイチだったようでしたが、この高速道路区間でサドルをセッティングし直すとその後はなかなかの快走ぶり。さすが、ビアンキの超軽量(&超高級)バイクだな~、と感心するほどでした。特に下り坂での絶対スピードではさすがロードバイク、とますます感心。

一般道へ戻って途中の「よしうみいきいき館」で休憩。この大会は僕が参加した30キロコースの他に主にファミリー向けコースとして来島海峡大橋区間をカットした15キロコースもあり、このポイントは15キロコースのスタート&ゴール地点となっていたのでした。

そして、再度来島海峡大橋へ。往路の長い下り坂のループは当然、上り坂に。過去「ツール・ド・しまなみ」で走った時、このループが辛かった記憶がよみがえってきたのですが…何のことはなく意外とクリア。そういえば、前にこのコースを走った時は、このシラスじゃなくつい先日妹にゆずった6段変速&スチールフレームミキストシティバイクでした。自転車は軽さが命だな~などと妙な感心をしつつ、壮観な瀬戸の海を眼下にながめながら3連橋を渡りきり、ゴールへ。 当初、トレーニング不足でスタート時は少々不安でしたが、快調なシラスのおかげで(?)何なく完走。休憩込みで1時間半程度で走りきりました。   

Dsc04362_1 「おつかれさまでした!」と受付で完走証と地元しまなみ海道名産の「豆乳」を受け取りました。う~ん、この「完走証」を受け取る瞬間の心地よさは何度経験してもいいものです。これだからサイクリング大会はやめられません。

その後、N君とサンライズ糸山のレストランで昼食。次は万全の状態で参加したいね、とN君。いやいや体調不良であったとはいえ、やはりかつて「自転車少年」だった彼の片鱗は十分みてとれた気がしてなかなかの走りでしたよ~。

次なるサイクリング大会参加は夏の中国四国サイクリング大会か秋の山口・周防大島一周サイクリング大会(100キロ)かわかりませんが、ひとまずトレーニングしなくちゃ…と思いつつ、達成感・充実感いっぱいで終えたしまなみサイクリング大会でした。

               

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月22日 (土)

安全マップ作り

学童保育保護者会の企画で子どもたちが通う小学校近辺地域の安全マップ作りをしました。

学区内を登校区分の5ブロックに分かれて、通学路ルートを中心に子どもたちと歩き、危険箇所をデジカメで撮り、その後学童保育の教室に戻ってプリントアウト。あらかじめ用意していた模造紙3枚分くらいの用紙に書かれた地図に写真を貼り付けていきます。

で、僕は各グループが撮った写真をPCに取り込みプリントアウトすることになりました(こういう時モバイルノートPCやモバイルプリンターは便利ですね~。僕の場合はVAIOノートTRに加えてCANONのPIXUS50iという超小型モバイルプリンターなのではショルダーバッグでお手軽に持ち運べて重宝しています)。

さて、ブロックに分かれての通学路ルート回りでしたが…これは正直、苦労しました。僕は(我が家=長男の通学路のあるブロックは親・子ともに参加者多数だったので)親・子の参加が少なかった別のブロックのサポートに入ったのですが…いやあ、たった3人の子どもたちでしたが、スタート早々突っ走りあっと言う間にはるかかなたへ。僕を含めてこのブロックは「親」の参加が2人でしたが、2人の「ちょっと止まって!」とか「待って!」といった声も子どもたちにはなかなか届きません。そればかりか道路端で3人で追いかけっこしたり、公園のがけっぷちのようなところを歩いてみたり…安全マップの「安全」って一体…。

しかし教室に戻って他のブロックのお母さん方の話を聞くと、どこも同じ様子だったようです。これは予想通りでしたが、いうまでもなく今日参加した我が長男もご多分にもれず親の注意も聞かず走り回ったり友達と追いかけっこしったりだったようで…(嫁さん:談)。小学校1~2年生に安全に気をつけさせる、というのは難しいなあ…と実感してしまいました。

朝は1~6年生でまとまっての集団登校ですので、我が息子も含めて(?)低学年は、高学年のおにいちゃん、おねえちゃんについていくのでまだいいのですが、我が小学校区の学童保育は低学年のみなので、集団下校とはいってもかたまって帰るのは至難の業。ある子はものすごくスローペース、ある子は集団よりはるか前を歩いていたかと思えば友達と走りあってさらに前へ(我が息子はこのタイプらしい…やれやれ)…etc.集団で、安全を意識しての下校を低学年に教えること自体が本来難しいんですよね~。

とはいえ、交通事故や凶悪犯罪など、昨今の子どもたちをとりまく社会を考えると難しくても親として子どもたちへのアプローチはがんばって取り組まないといけません。そういう意味では、今日の安全マップ作りは安全について理解できなかったとしても、これから安全についてそれぞれの親たち・子どもたちが考えるきっかけになったなら、それだけだも今日取り組んだ意味は十分にあるといえますね~。

子どもたちがのびのび育つ環境が少なくなりつつあるいや~な世の中だけど、少しでもいきいき・のびのび育つ環境を広げていけるよう…世のお母さんそしてお父さん方、がんばりましょ~!!(なんだか今日のつぶやきはアツイなあ…)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月21日 (金)

N君完全復活なるか?

いよいよサイクリング大会まであと2日。本当は大会に備えて早朝トレーニング、といきたかったところですが、日々の忙しさで結局全くできずじまい。救いは3月から最低でも週末にはサドルにまたがろう…ととにかく自転車に乗るようにしていたこと。ともかく、あさっての大会は「ならし」のつもりで30キロ走るつもりです。

ところで気になるのは一緒に参加する幼なじみのN君の体調。「この年(ちなみに彼は僕の1つ年下=36歳なのです)になると長引くなあ…」とのことで、体調不良が長く続いている様子。今度一緒に参加するサイクリング大会は彼にとってはいわゆる「自転車ライフ」復活後、初の大会参加。昨冬思い切って購入したビアンキのロードバイクはスタンバイオーケー。あとは彼の体調復活なのですが…。

N君、完全復活祈ってるよ~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月20日 (木)

GOGO30キロ!

Dsc04113 仕事から帰ると、大きな封筒が届いていました。それは近々開催される、あるサイクリング大会の参加(受付)証や大会チラシ…etc.エントリーの手続きはしていたものの、無事できていたかどうか気がかりだっただけにひと安心、といったところです。

今回参加する大会は30キロコース。これまで参加してきた大会は80~100キロコースばかりなので距離は少々物足りませんが、春の陽気の中、ゆるりと走ろうかな、と考えております。自転車熱が十数年ぶりに復活した30数年のつきあいであるいわば幼なじみのN君との「ダブルライド(?)」も楽しみです…。

ともあれ、今年最初のサイクリング大会参加。楽しみながらも快走、といきたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月19日 (水)

黒二点!しかし…

保育園の娘のクラス懇談会で「黒一点だった」というのを先週の水曜日に書き込みましたが、今日はその続報です。

あれから2日後の先週金曜日、今度は次男のクラス懇談会でした。僕はもちろん出席しましたが、ここではもう一人「お父さん」が出席されていて「黒二点」でした。但しお母さん方の出席者は13人でしたが…。

もっとすさまじかったのは翌土曜日にあった、長男の小学校の学童保育の保護者会総会。「お父さん」は僕ともう一人いらっしゃったのでここでも「黒二点」だったのですが、お母さん方の参加はざっと見ても二十数人。「お父さん」は圧倒的少数派(?)でした。

世の「お父さん」方、こういった子ども達が通う学校や保育園、幼稚園などの懇談会や保護者会にもっと参加しましょ~!!我が子の意外な発見、先生方や他のお母さん・お父さん方とも情報交換や交流…etc.けっこう楽しいですよ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月18日 (火)

ブログ開始1周年!

2005年4月17日にブログデビュー(?)を果たして、昨日めでたく(かな?)1年になりました。

いやあ、われながらつづいているなあ…とちょこっと感慨深くなったりして。

「毎日更新だあ~っ!」とか変に気合いを入れず「あ、書き込もうかな(もしくは書き込みたいな)」と思った時(さらには時間がちょこっとある時)に…といったマイペース更新が、ここまでつづいている大きな要因なんでしょうねぇ。

これからもこのスタンスでぼちぼちいきますので、よろしくです~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月13日 (木)

またまた黒一点!

昨日、保育園で保護者懇談会がありました。昨日は娘のクラスで、保育士さんからの今年度のクラスの保育方針や、保護者一人一人の自己紹介や子どもの家庭での様子など話したり…ちょっとした交流のひとときにもなりなかなか有意義な1時間ちょっとでした。

が、いつものごとく参加した保護者のうち「お父さん」は僕一人。あとは「お母さん」ばかりでした。保育園だけじゃなく、学童保育にせよ小学校にせよ保護者懇談にはできるだけ参加するようにしているのですが「お父さん」の参加は少ないですね~。さすがにいつものことなのでもうすっかり慣れちゃいましたが…。おまけに今年も保護者会役員をすることに…。まあ、これもいつものこと(?)ですが…。

さて、明日は次男のクラスの保護者懇談会。「お父さん」は何人来るかなぁ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月11日 (火)

プロフィールの写真さしかえ4

久々にプロフィールの「チャリフォト」を更新しました。

先週の土曜日、近所の集会所で学童保育の役員会議があったのですが、その帰りに通りかかった公園の桜が満開だったので、デジカメに数枚おさめました。

自転車がイマイチ目立たないのが難点ですが(…汗)、たまにはこんなのもいいかな、ということで…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月10日 (月)

季節はずれのインフルエンザ

先週金曜日の午後のこと。嫁さんの職場に保育園から「なおくん(=次男・2歳)が発熱のためお迎えをお願いします。」との連絡が入りました。さらに夕方嫁さんから「病院に連れて行ったらインフルエンザだった!」とメールが…。4月に入ってインフルエンザとは…と思いつつ仕事から帰宅すると次男はパジャマ姿で真っ赤なほっぺをしてぐっすりと眠っていました。

ところが高熱でぐったりとしていたのは金曜の夜まで。翌日は熱も下がって元気いっぱい、食欲も回復…といつもの次男。とはいえ、病院から治癒証明がでない限りは出歩かない方がいいだろうね、と嫁さんと話し、この土日は次男はお留守番。本当は(今広島は桜が満開状態なので)公園でみんなでお花見でも…と思っていたのですが、それも中止。さすがに長男と娘は丸2日間も家の中で遊ぶわけには行かず、昨日は二人を連れて広島湾岸の大きな公園に連れていきましたが、次男は嫁さんとお留守番となったのでした。

今日は仕事の休みをとって病院へ。あいにく昨日までとはうってかわって雨。行く途中の車の中で「あ、おとうさんみてみて~。さくらのおはながさいてるね~。」と次男。見ると、1本の大きな桜の木にめいっぱいのピンク色の花が…。「そうだね、桜のお花キレイだね~。」と僕。病院へ向かううっとうしい雨の車中、次男のひとことに心がなごみました。

病院で診察を受けると無事(?)治癒証明がでました。結局今日1日、雨がやむことはなかったのですが、次男といっしょにごはんを食べたり、薬を飲ませたり、添い寝したり…明日の「保育園復帰」にそなえてゆったりと2人で過ごしました。

なおくん、明日はもう大丈夫だね…。保育園のさくらのおはなもいっぱい見ておいで…。

Dsc04270 ←「おとうさんみてみて~」となおくんが笑顔でながめていた桜の木です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 8日 (土)

始業式、よくがんばったね!

いよいよ新学期がスタート。我が長男も2年生になり、おととい始業式がありました。

仕事から帰ると、リビングに敷いてあるカーペットの上で長男は制服のまま寝ていました。嫁さんに聞くと「もうずっと寝とるんよ。」とのこと。きっと、久々の学校で疲れたのでしょう。

「さと、よくがんばったのぅ。」眠っている長男をひざの上にのせ、だっこして頭をいっぱいなででやりました。

年度がわりの環境の変化は、大人だけじゃなく子どもだって大変なのかもしれないなぁ…などと思いつつ、しばし長男をぎゅ~っとだっこしていた、夜のひとときでした…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »