« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月

2006年2月25日 (土)

あこがれのsoup stock tokyo

テレビでとりあげられているのを見てぜひとも行ってみたかったのが「soup stock tokyo」。で、今日念願がかないました。

東京に来てわかったのですが「soup stock tokyo」って、けっこうこの辺(関東)のいたるところにあるんですね~。で、僕が行ったのが今滞在しているホテル近くにある御茶ノ水のお店。

おお~、なんだかおしゃれな店~と入ろうとしましたが…ここで一瞬というよりしばし躊躇。と、いうのも、店内をのぞくとお客さんは女性ばかり…う~ん、この中を中年オヤジが入るのは、ちとはずかしいなぁ。思えば、高校生の頃広島都心部に初めてできたサーティワン・アイスクリームの店に入ろうとしたところ、店内は女の子ばっかりで、恥ずかしくて入れなかったなあ…などと、20年前の記憶がふとよぎりました。が、絶対に行って、おいしいスープを飲むのだ~、と心に決めていた(←かなり大げさ…汗)僕。ここでひきさがるわけにはいきません。渾身の勇気をふりしぼって、いざ店内に…。

誰もこちらに違和感の視線を向けていない。よ~し!少し気が楽になったぞ、とスープをオーダー。ライスとドリンクのセットで910円。う~ん、値段もお手軽!で、味もなかなかでした。

僕が座った隣の席の二人組の女性の片割れが仕事のグチを大きな声でしゃべりまくっていた他は、20名ちかくいたでしょうか、携帯の画面をみながら、おもむろに本を読みながら、はたまた待ち合わせ?…その1名を除いてはみんな静かに思い思いの時間を過ごしながら、カウンターで、テーブルで、スープを口に運んでいました。何だかオトナな雰囲気でこれがまた良い雰囲気でした(惜しむらくはあの1名の若い女性の大きな声、気持ちはわかるけど、この雰囲気で仕事のグチを他人に聞こえる程の声でしゃべるのはどうかなあ…)。

きっとこの「soup stock tokyo」はファーストフード店の部類に入るんでしょうけど、フツーのファーストフード店とは違った気がして、好感がもてました。また行ってみたいな~。でもやっぱり勇気がいるかな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月22日 (水)

東京出張&自転車ライフスタート!

出張(研修)のため、今日から6日間東京滞在です。もちろん、今回も自転車を持ってきました。といっても、スペシャのシラスではなく、輪行の時に大活躍!のパナソニック・ライトウイングです。

東京に来たのは今年に入って2回目。先月中旬の滞在時もこのライトウイングを持ってきました。先月来たときは、宿のある後楽園を拠点に新橋~銀座通り~秋葉原~御茶ノ水や国会議事堂~六本木ヒルズ(僕が行ったのは堀江氏逮捕の2日後でした…話しのタネというより娘の土産・二人はプリキュアグッズを買いにテレビ朝日に行ったのでしたが…)~麻布十番~東京タワーなど、研修が終わってから夕方走りました。1月中旬~下旬でしたが、ものすごく寒かったです。おまけにサイクルコンピューター(自転車好きの人はご存知かと思いますが、説明すると、要はデジタルスピードメーターです)。のトラブルで、結局滞在中に何キロ走ったかわからずじまいでした。

今回はサイクルコンピューターもなじみのショップで診てもらって、絶好調!今日は移動日だったので、東京に着いた夕方から夜2時間程度走りました。大して寒くもなく、快適なナイト・ランでした(今日の詳しい話は、またあらためて…)。

さて、明日から4日間の研修です。研修先は千葉・幕張(さすがに自転車じゃ通えないなあ…)。がんばるぞっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月19日 (日)

三代目ダンボールハウス着工!

久々に大きなダンボール箱をGETしたので、子どもたちが喜ぶ「ダンボールハウス」を作ることにしました。以下、その工程です。

DSC03582

←これがベースとなるダンボール。

DSC03583 ←ふたの部分で屋根をつくります。両側はもちろん三角形にカットして…

DSC03584

DSC03585 ←貼りあわせて、ベースとなるミニハウス完成!

ここまでの工程は僕がやりました。が、これでは家の中に入れませんね~。実はまだここまでしか作っていません。これからドア・窓などを作り、子どもたちが中に入って遊べるようにするのですが、それは子どもたちに聞きながら、~彼(女)らの希望する箇所・大きさ・形のドアや窓をつくっていきます(住む人の意見を十分取り入れた建築ってやつかな…?)。

さらに、壁面や屋根の飾りつけは子どもたちとの共同作業…これが楽しいんですね~。

ちなみにこのダンボールハウスは3代目。初代は長男が1歳の頃に、細長い三角屋根&白い模造紙を貼った、ドア付窓なしのタイプでしたが、長男が大きくなるにつれてぐちゃぐちゃになり、廃棄。2代目は3年前に、横長でドア(鍵もかかる!ダンボール製でしたが…)付窓数ヶ所(しかも窓にはセロファンを貼ったり、開閉式のものも作りました)付煙突付のゴージャス仕様のものでした。屋根は色画用紙を貼りまくり外壁は子どもたちのペイント(というより落書き?)で、なかなかの本格派(?)でした。

DSCF1486 ←これが3年前に作った「2代目ダンボールハウス」

3代目はどうなるでしょうか。子どもたちとの共同製作が楽しみです…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月17日 (金)

僕と娘で出したおひなさま

先日、ようやくひな人形を出しました。

家を建てて(引っ越して)初のひな祭りだった去年は、1階の和室のテレビ台の上に飾った(この間、テレビはミニテーブルの上に、3月3日まで「仮設置」されます)のですが、今年は2歳の次男があばれ盛りになりつつあるため(?)2階の洋間のベンチチェストの上に飾りました。

娘が生まれてからこれまで4回、このひな人形のセッティングは僕がほとんどやっていたのですが(けっこう楽しいんですよ、これが…)、今年は娘が「ともちゃんもおひなさまだすの、やりた~い!」とノリノリだったので、一緒にセッティングをしました。DSC03566

当たり前ですが、年に1回のセッティング。電化製品みたいに取扱説明書、なんてものはないので、いつまでも間違いなくちゃんとセッティングができるよう、このひな人形が我が家にきた4年前、セッテイング方法や片付け方法を1つ1つデジカメで収め、写真にしました。

(↑これがその写真。ちなみにアルバムの上にあるCD-Rはその写真のデータをやいています。徹底しているでしょう…)

DSC03555 ←4歳の娘はいっちょまえに(?)アルバムとにらめっこ。「おと~さん、ここでいい?」「ともちゃん、それはもうちょっとこっちだよ」などと、楽しみながらのセッティング。

↓こうして、1時間弱でひな人形のセッティングは完了。

DSC03567

このあと、ひな人形の横に娘を立たせて記念写真を撮ったのは、いうまでもありません…。娘とおひなさまのセッテイングなんて…う~ん、オヤジ冥利につきるな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 2日 (木)

こどもたちを見つめて思ったコト

うどんをたいらげて「もうおなかいっぱい…」と眠そうな表情の長男。

夕方熱がでて、おでこに「冷えピタ」を貼ってるのに「ともちゃんまだ食べる~」とニコっとしながら言う娘。

もりもりと食べまくり「ごちそ~さま~あ!」と緑色のサインペンで落書きをした顔&笑顔いっぱいの次男。

そんな3人の子どもたちを嫁さんとながめながらの夕食のひとコマ。

何気ない日常のひとコマ…でもこれが楽しくて幸せなひとときなんだよなあ…と思いながら箸をはしらせた、僕なのでした…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 1日 (水)

「とりのおりんぴっく」by息子たち

トリノオリンピックが近づき、イメージソングがテレビから流れていますね~。ある日、テレビを見ていた長男(小1)が「あ、トリノオリンピックの曲だ!」と言うと、それを聞いた次男(2歳)が「ん?とりのおりんぴっく?」と、いきなり手をばたばたしながらリビングを走り回りました。あ、なるほど!「トリノ」ではなく「とりの」…次男には「とり(=鳥)のオリンピック」と思っているようです。

ちなみに先日、ワタリドリのDVDを家族5人で見ていると次男はおもむろにテレビを指さし、「これもとりのおりんぴっく?」だって。

う~ん、やっぱりかわいいぞ、我が次男よ!(←結局親バカです、ちゃんちゃん!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »