« 新年早々にぎやか三兄弟! | トップページ | 便利な世の中だな~ »

2006年1月10日 (火)

長男と今年の初ライド

DSC03238  1月2日、長男とツーリングに行きました。目的地は我が家から数キロ離れた広島駅。出発してまもなく、さっきまでの青空が急に曇り、小雨に。信号待ちで「さと、どうするか?」と長男に聞くと長男は「おとうさん、天気雨かもしれんよ。」「じゃあ、がんばって行くか?」と再び聞くと「うん!」とたのもしい返事。

去年の秋に15キロのツーリングをした時は、長男が安心して走れかつ坂道もほとんどないルートを選んだのですが、今回は坂が多いルートを選定(とはいえ、わざと坂が多いルートを選んだのではなく、広島駅への最短距離に近くかつ比較的走りやすい舗装路を選んだところ、そのルートになったのです)。ちなみに長男は出発前から往復の距離は何キロか、と聞いてきたのですがそれは秋に15キロ走ったことを覚えていて、今回はその記録を更新したかったためだったのでした。「何キロかわからんけど、15キロ以上はあるぞ。」と長男に言うと「15キロ以上いくかな~!」とやる気まんまんになったようです。

ブレーキのかけ方が今ひとつだったり、漕ぎ出しでふらついたり、時々よそ見してこけそうになったり…「さと、ブレーキだ!」「よそ見をするな!」「じょ~ずに走っとるぞ、いいぞ~!」などなど僕はヒヤヒヤしながら一生懸命にペダルをこぐ長男の姿をみながら声をかけつつ後ろからついて走りました。

やがて、ルート中一番きつい上り坂に。大人でスポーツバイクで走れば軽々クリヤできる程度の坂ですが、6歳でしかも無段変速のバイク。さらに、この少し前にここよりゆるやかな坂を上りきれなかったので、僕は正直「難しいかな…」と思いました。せっかくのツーリング、もちろんクリヤして欲しいのですが、あまりきつい思いをさせて自転車がイヤになってもいけないな~と思い、この坂にさしかかる前の信号待ちで長男こう言いました。

「さと、これから一番キツい坂があるけど、がんばれるところまででいいから走ってごらん。きついな~と思ったら、そこで自転車からおりて、押していいから。無理しなくていいぞ。」

坂の途中でペダルの回転が遅くなった長男。「さと、もういいよ。無理せずに自転車を押してもいいよ!」とさけぶ僕。しかし長男は「お父さん、坂のゴール(←上り坂の頂点のこと)はどこ?」と、ペダルをこぎ続けています。「もう少しあそこだぞ!」と指をさすと長男はその方向に向かってなおもペダルをこぎ続けて、ついにクリヤ!「さと、すごいじゃないか!がんばったのう~!」と大喜びの僕。長男もニコニコ笑顔。きっと、達成感を味わったのでしょう。

やがて、目的地の広島駅に到着。「何キロになった?」と長男。僕のバイクにつけているサイクルコンピューターを見ると「10.03km」の表示が。これを見た長男「じゃあ、家に自転車で帰ったら20キロになるね!」とやる気まんまんの様子。駅近くで軽食をとって休憩して、夕方帰路へ。長男は疲れを感じさせることもなく、軽快に走りました。外はだんだん薄暗くなってきたため、僕のバイクから前方を走る長男にむけて、ライトを照らします。悠々と力強く走る長男。

DSC03251 広島駅をでて約1時間20分後、自宅に到着。サイクルコンピューターは「20.49km」に達していました。「やった~20キロだ!」と大喜びの長男。もちろん、僕も走りきった長男に「さと、よく走ったな~!」と大喜びでした。

ちなみに、長男は冬休みの宿題の絵日記で「おとうさんとじてん車で20キロ走ったこと」を書いていました。これを見てまたまた大喜びするオヤジだったのでした…。

|

« 新年早々にぎやか三兄弟! | トップページ | 便利な世の中だな~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100228/8087532

この記事へのトラックバック一覧です: 長男と今年の初ライド:

« 新年早々にぎやか三兄弟! | トップページ | 便利な世の中だな~ »