« こどもたちの力作 | トップページ | サンタさんきたよ! »

2005年12月24日 (土)

お風呂マット君おつかれさま!

DSC03078 このぼろぼろのお風呂マット、使い始めてもう4~5年くらいになりますが、これはお風呂用ではなく、室内用。で、どう使っているかというと、写真のようにファンヒーターの前に置きます。寒い日々、なかなか布団から出られずおきて来ない子どもたちをここまで連れて行き、ここでしばらくゴロゴロしたり(それでも寝続けたりもあり)して、このあと食卓へ…つまりこのマットは布団と食卓の間の「中継所」みたいなものです。冬場しかもリビング限定仕様のこのマット、意外と暖かく、子どもたちには大好評で、時には夜風呂上りに引っ張り出してやはりファンヒーター前にセット。そこで着替えたり、くすぐりっこやじゃれあって遊んだり…手ごろな狭さがなんだか心地良くて、子どもたちや時には家族5人のちょっとしたコミュニケーションスペース(←もちろん子ども3人+大人2人だとマットからはみ出す者続出ですが…)となっています。我が家ではこのマットを「あったかマット」とよんでいるのです。

とはいえ、表面のグリーンははがれかけて、白い下地が見えるようになってきました。これまで買い替えの話は再三出てきましたが(数百円程度のものなので)、結局買い替えず4~5年経ったのは、単に買い替えのタイミングを失っただけでなく、なんとなく愛着があって買い替えしなくてもまあいいか…という感覚があったからかもしれません。

しかし、そんな愛着あるあったかマットもついに「引退」の日が.。その日、嫁さんがついにマットにはさみを入れました。ほどなくして、マットは8分割に。思えば、子どもたちの成長を僕ら親とは違った感じでこの「マット君」は見続けてきたのかもしれません。「保育園に行か~ん!」とグズグズしてこのマットの上で着替えなかった、あの日の長男。抱っこして連れて来たものの、このマットの上で丸まってなかなか起きなかった、あの日の娘。このマットの上でくすぐりっこして、きゃあきゃあよろこんだ、あの日の次男…子どもたちの成長を見続けてきたマット君に「おつかれさま…」と小さく声をかけてしまいました。長い間、子どもたちを見守ってくれて、ありがとう…。

と、実はこのあともう一つこの話には続きがあります。分割されたマット君の一片をつかんだ嫁さんが「これ、なお君の椅子に使おうか」と一言。

DSC03082 かくしてマット君は分割はしたものの、次男の椅子の「あったかマット」として「第二の人生(←というか「マット生!?」)」を歩むことに。

マット君、これからもよろしくね…。

|

« こどもたちの力作 | トップページ | サンタさんきたよ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100228/7804051

この記事へのトラックバック一覧です: お風呂マット君おつかれさま!:

« こどもたちの力作 | トップページ | サンタさんきたよ! »