« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月

2005年11月 6日 (日)

てれながらツーショット

この間の休日、家族5人で郊外にある森林公園にいきました。

今まさに最高に色づいている紅葉をながめたり、ちょっとしたアスレチックやサイクリングコースでのサイクリングを楽しんだり…で、芝生にシートを広げてみんなでお弁当を食べました。

それから、子どもたちは自由に「遊びタイム」雄大な(少しおおげさかな?)斜面で3人楽しく草そりすべり。しばらくは、僕と嫁さんが子どもたちとの遊びとシートの荷物番を交代でしていました。

しばらくすると、長男や娘が次男と遊んであげるシチュエーションになり(そんな長男や娘の姿を見て「おにいちゃん、おねえちゃんになりつつあるんだな…」とまたまたたのもしく見えたりして)になり、嫁さんがシートに引き上げてきました。それまで、シートの番をしていた僕は、戻ってきた嫁さんに「横になったら?気持ちいいよ」と一言。

嫁さんも僕のとなりで横になりました。シートの上には2人きり。そういえば、2人きりでこうやってゆ~ったりとした時間を過ごすのって、最近意外とないよなあ…とふと思いました。もちろん、2人で過ごす時間は日々の生活の中ではないわけではないのですが(例えば、2人で話したり、とか…)、こうやって、ゆ~っくり、ゆ~ったり流れる時間を2人で過ごすひとときなんて、意外と少ないんですよね。それは子育てとか、仕事とか毎日忙しいから(まあ、時にしんどいなあ、と思うことも含めて毎日が楽しいからもちろんいいのですが)当たり前なんですけどね。

思いがけなく2人きりになったところで、僕はおもむろにデジカメを取り出しました。僕のデジカメはレンズが回転するので、液晶モニターで画像をチェックしながら撮影することができる、いわゆる「自分撮り」できるタイプ。

で、「よ~し、撮るよ」と僕はデジカメのレンズを僕と嫁さんに向けて、右腕をめいっぱい伸ばしてデジカメのモニターをチェック。モニターには寝そべっている僕と嫁さんの顔が…少してれくさそうな嫁さんの顔。何だか、つきあいはじめた頃みたいな雰囲気がとても心地よかったなあ…。かくして、久々の、てれながらの笑顔が二つある写真ができました。

いや~、なんだかいかにも「恋人同士」てな感じのひととき。付き合って何年経とうが、結婚して何年経とうが、ましてや年齢とか子どもがいるいないに関係なく「夫婦であること」「(子どもたちから見て)父親・母親であること」と同じくらい「(いつまでも)恋人であること(を忘れないこと)」って大事だと思うんですよね~。

そんなこんなで、とても心地いいひとときでした。こんなひとときに(てれながらも)いっしょに過ごしてくれる嫁さんと出会えたことに感謝!そしてそんなひとときを(本人達が意図してやったわけじゃないんですが…)つくってくれた、3人の子どもたちに感謝!でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »