« GOGO!3兄弟<その1> | トップページ | てれながらツーショット »

2005年10月25日 (火)

1日おくれのありがとう

僕は何をかくそう(というほどのこともないのですが)福祉施設の職員をしています。

で、この土曜日、施設のお祭りがあり、多数のお客さんがいらっしゃいました。僕は、ステージ係で、敷地内グランドの特設ステージで行われたイベントの司会と音響機器の操作を担当しました。

このお祭りに長男がばあちゃん(←つまり僕の母)といっしょに遊びに来ました。僕は、ステージ進行の合間に長男を連れてくじ引きやらしたのですが、音響機器のトラブル対応とか、ステージ発表団体さんとの最終打ち合わせetc.ステージ担当は1日中ステージ張り付きになります。そんなわけで、長男ともうちょっと遊んでやりたかったのですが、なかなかそうもいきませんでした。

お祭りが終わって、後片付け。音響機器の撤収作業をしていると、長男がちょこちょこっと僕のそばにやってきました。

「おとうさんのおてつだいしてくれるか?」というと、長男は

「うん、いいよ!」…外はあいにく小雨まじりでしたが、長男は一生懸命コードリール(電源コードがグルグルまきになっている、アレです)のレバーを回し始めました。

ちょっと前の長男だったら、同じように「おてつだい」のおねがいをしても、てれくさいのと、おもしろくないので、きっとしてくれなかったでしょう。

でも今、目の前の彼は、小雨の中しかもコードを巻き取るうちだんだん重くなっていくにもかかわらず、必死に粘り強くレバーを回し続けています。そして、ついに巻き取り完了。

その次に僕は(本人が「いや」ともし言ったらならそれ以上無理にさせるのはやめよう)と思いつつ、

「さと、それをあのたてものの中まではこんでくれるか?」と聞くと、長男は

「うん、いいよ。」小さな体に重くて大きなコードリール。両手でしっかりと握り、ステージからそれなりに距離のある、施設の建物へ。途中、もしギブアップしても、そこまではよくがんばった!とほめてやろう…と思っていたのですが…何と、一人で建物まで運んでしまいました。もう、それを見て(たのもしくなってきたな~)と感動!

さらに、長男は、他にもいろいろな片づけの「お手伝い」をしてくれました。

片付けが終わっても、僕ら職員は残務整理があり、すぐ帰るわけにはいきません。長男はおばあちゃんと先に帰りました。僕はさらに、夕方からの職場の打ち上げに参加。帰りが遅くなってしまいました。家に帰ると、長男はもうぐっすり眠っていました。せっかく一生懸命おてつだいをしてくれた長男に「ありがとう」が言えていないことが、心の中でひっかかっていました。

そして、翌日。夜寝る時、長男が「おとうさん、だっこ。いっしょにねよう…」と抱きついてきました。その時、僕は(今言わなきゃ!)と思い出し、ねむけまなこの長男に

「さと、おとうさん、きのうのおしごとのおてつだいしてくれたのうれしかったぞ。ありがとう…。」

と言うと、長男は眠そうな目で、白い歯でニコッ、と笑顔。よかった…。

1日おくれになってしまったけど、おてつだいありがとう。そして、たのもしく成長しつつある姿をみせてくれてありがとう…と思ったオヤジなのでした。

|

« GOGO!3兄弟<その1> | トップページ | てれながらツーショット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100228/6582407

この記事へのトラックバック一覧です: 1日おくれのありがとう:

« GOGO!3兄弟<その1> | トップページ | てれながらツーショット »